MIKANのねこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫写真

<<   作成日時 : 2017/03/01 22:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

先週末、外付けHDの空き容量がかなり減ってきていたので新しくもう一台HDを増設しました。最近はカメラの画素数が増えてそれだけ写真も重くなってしまったんで容量食いますよね〜。
私がフィルムからデジタルに移行した時に初めて使ったのは20Dで画素数820万。今主力で使っているのはAPS機は7DMarkUが2020万画素、フルサイズの5DMarkVが2230万画素。ざっと計算しても写真の容量はかつての三倍。その分HDが早く埋まります。(^^;

今はもう3000万、あるいは5000万画素という機種まで出て来ていますが、正直言って私の場合「もうこれ以上画素数はいらない!」と思ってますよ。何よりPCのほうが悲鳴上げるし、壁一面に延ばすような大きな写真を作るわけでもないのにそんな画素数必要なの?という気がします。
カメラやらない人にはTVで例えるとわかりやすいと思うのですが、自宅のTV画面見ていて「4K」なんて言われてもそんなに目を見張るほど違う??と思いませんか?劇場の大画面で見るならともかく。
写真展でB2(728x515mm)パネルにしたことがありましたが、その時の主力機はひと世代前の7Dで1790万画素。それでも充分至近からの鑑賞に耐えましたよ。
一般道路を走るのにレーシングマシンなんか必要ないのと同じで、本当に必要でもないのに高性能・高機能を追い求めるのは程度問題だという気がしますね。これはカメラに限らずなんでも同じ。

さて、ここにきてHDの容量が減るペースが上がってきているのは画素数増加の問題ではなくて、被写体の問題。猫をメインで撮るようになってから撮影枚数がメチャクチャ増えてますね。(^^;
動物撮影というのはどうしても撮影枚数が増えるのですが、タンチョウや野鳥一般と違って猫の場合は連写はしません。他の人は知りませんが、私の場合は猫と遊びながら一枚一枚ゆっくりのんびりシャッター切ってます。「猫と遊ぶついでに写真撮ってる」と言った方がいいかも。それでも撮影枚数が異常に増えているのは…?

画像


撮影頻度の問題ですね。
タンチョウ撮影の場合、一回の撮影日数が数日から一週間にわたることは会ってもせいぜい年に3〜4回。ところが猫の場合は一回当たり1時間ほどでもほぼ毎週、週二日。「塵も積もれば山となる」の典型です。(^^;
それが証拠にDPPのインデックス数、猫はタンチョウの30倍くらいになってます。
そのうち猫写真専用でHDが何台もいるようになるかもしれないですね。あはは。(笑いごとか!)

さて、猫撮影。前述したように遊びながらの撮影なのであまりマジメに撮ってるとはいえませんが、やはりいい表情を撮りたいとは思っています。
よく「どう撮ったらいい表情が撮れますか?」と訊かれることが多いのですが、私の場合、飼い猫ではなく野良猫をメインとして撮っているので、まずは猫と仲良くなるのが先決。彼らが警戒心を解いてくれないといい表情は見せてくれませんから。
それをクリアしたうえでいくつかポイントを挙げるとすれば、猫の目線を意識することでしょうか。

画像


ひとつには猫の目線の高さまで自分の目線を下げる、という方法があります。が、これをやろうとすると這いつくばって撮らなくてはならないことが多く、少なくとも人通りのある町中ではなかなかこの方法は取れません。
人目がない時にはこうやって撮ることもありますが…。(^^;

画像


そこで私が多用しているのはネコジャラシ。これだと猫と遊びながら写真を撮れるので一石二鳥。
ただ、左手でジャラシを振り、右手だけでカメラを構えるという姿勢に慣れる必要があります。(慣れないうちはかなりツライです。特に右手が…)

画像


まずはカメラを持たずにネコジャラシだけを振って猫の動きを観察してください。どう振るとどういう動きをするか、ということがわかってきますから、そうしたらカメラを持って。
ただ、あまり「写真を撮るんだ!」というガツガツした気持ちにならないこと。あくまで猫との遊びの延長と思ってください。それと写真を撮るのに夢中でジャラシを振ってるだけでは猫は飽きてしまうので、三・四回に一度はジャラシをキャッチさせて猫を満足させてあげることも必要。そうすることで長い時間遊んでくれます。

画像


慣れてくると、ある程度自分の意図する方向に猫の目線を誘導できるようになります。自分のほうを向かせる、あるいはちょっとナナメ上を向かせる…。

画像


ただ、自分のほうを向かせたいと思う場合、ケータイやスマホは不利かもしれません。ご自宅の飼い猫の場合は問題ないかもしれませんが、野良猫の場合、直接人間と目線を合わせることは猫は嫌います(人間同士でも同じかも)。ケーターやスマホだとどうしてもそのすぐ後ろに自分のほうを見つめる人間の目というものが猫に見えてしまうので猫が警戒してしまうことが多いです。この点、一眼レフなどのカメラの場合は撮る側がファインダーに接眼していてカメラ本体で顔が半ば隠れるため直接視線を合わせるということがありませんから。

画像


猫の目線を誘導できるようになったら、今度は猫の体全体だけを撮るのではなくバストアップなども撮ってみましょう。ひょっとイケメンあるいは美人に撮れるかも。

画像


ネコジャラシを追って伸び上がったりジャンプしたりするシーンも慣れてくると楽に撮れるようになります。

画像


ただ、大切なのは何度も言いますがあくまで「遊びの延長」ということ。
猫たちが楽しんで遊んでくれている状態でないといい動きもいい表情も見せてはくれません。だから時々は休んで声をかけてあげたり撫でてあげたりしてください。猫だって疲れますから。(^^;
場合によっては膝の上で休んでもらいましょう。

画像


まずは、同じ場所に何度か通いつけて猫たちに顔を覚えてもらうことが先決ですね。
日本全国、「猫スポット」と呼ばれている場所は無数にありますが「あっちもこっちも」とツマミグイを繰り返していてはなかなか猫とは仲良くなれません。いくつか回って自分の気に入った場所を見つけて何度も繰り返して足を運ぶほうがいいでしょう。初回、二回目程度は「ご挨拶」、写真を撮り始めるのは三回目以降くらいに考えていた方がいいかもしれません。
それと…町中の場合は近隣の方々とも知り合いになっておいたほうがいいですよ。昨今、カメラやスマホ持ってウロウロしていると不審者と勘違いされかねないですから。そういう意味でも「通いこむ」ことが必要です。猫だけでなく住民の方々にも顔を覚えてもらった方がいいですね。

画像


いずれにしても「猫と遊ぶことが第一、写真はついで」。
そのスタンスが大事かなぁ、と私は思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ふんふん、なるほど、なるほど。納得です。
やはり、猫たちとの心の距離も近くなくては、表情まで撮ることはかないませんね。
MIKANさんは、猫たちによせる思いが深いので、ノラちゃんとは思えないような写真が撮れるのだと、常々感じていますよ。
毎日ばらいろ
2017/03/02 02:35
カメラを持って住宅地をうろうろしていると、やはり不審者と疑われる可能性があります。
特に男性は、ね。
猫と住民と仲良しになって、いい写真ができる。。。
猫ちゃんのイキイキとした表情が撮れますね。
猫ねこネコ
2017/03/02 08:22
こうやって遊んでもらって、嬉しそう。いい表情ですね。いつか個展開いて下さい
なななつのママ
2017/03/02 11:27
毎日ばらいろさん
野良猫でも顔を覚えてもらうと心の距離は縮まってきますね。こちらからあえて近づかずに何度も顔を見せていると猫のほうから近寄ってくること、けっこう多いです。
ある意味、人間同士の付き合いでも同じかもしれません。

猫ねこネコさん
盗撮等の犯罪が多いですからね、昨今。
私たちもかなり迷惑してます。とばっちり食って…。
町風景の撮影をすることも多いんですが、ただ風景だけでは面白くない。そこにはやはり「人」がいてほしい、と思うんですが、それを絵にするには最近は制約が多いです。悩んでいるカメラマン、多いですよ。

なななつのママさん
タンチョウをテーマにした写真展は仲間との「三人展」という形で二度ばかり実施したことがありますがまだ猫ではやったことありません。個展という形もやったことない。でも一度はやってみたいですね、猫テーマに個展。タンチョウでもやりたいけど。
草凪みかん
2017/03/03 22:43
そうよね〜 いきなり奇跡の一枚を撮ろうとするから、こっちの殺気(?)が伝わっちゃうのよね〜(笑
マーシャの乳母や
2017/03/04 00:22
マーシャの乳母やさん
猫って敏感ですからね〜。
だから初期の頃は望遠レンズを多用しましたよ。猫に近づかないで撮ろうとして。それでも警戒してるといい顏してくれません。やっぱり仲良くなるのが先決ですね。(^^;
でもマーシャちゃんの場合は気がノッてるかそうでないか、でしょう。
猫って気まぐれでもありますしね♪
草凪みかん
2017/03/04 10:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫写真 MIKANのねこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる