MIKANのねこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫神社

<<   作成日時 : 2017/04/26 21:57   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

田代島は周囲11kmちょっとの小さな島で大泊と仁斗田の二つの集落がありますが、猫が多くいるのは仁斗田の集落です。漁業を生業とする方々がほとんどですが、他の島々同様高齢化が進んでおり国で言う「高齢化率」という指標では82%とという数字が出ています。

画像


漁師の家では猫を飼うという風習は日本全国津々浦々で見られますが、ここも例外ではありません。その理由としては漁で使う網を破るネズミ対策や古くからの言い伝えで「猫は大漁を招く」と言われていたことなどがあるようです。この田代島の場合も同様ですが、ここは特に猫が大事にされているようで…。
島の中はクルマも時々走りますが猫たちはあわてて避けたりはしません。すると、運転していた方がクルマから降りて「ほらほらどいて〜」と言って猫を脇に寄せてから再発進、というシーンを何度か見ました。(^^;

画像


仁斗田の集落を歩いているといたるところで猫を目にします。というより、猫の姿を見ない場所を探す方が難しい。愛媛の青島のように狭い地域に多数の猫がごちゃっと密集しているという感じではなく「猫密度」という点では低いものの、常に視界のどこかに数匹の猫がいる。そんなところです。

画像


ここの猫たちが大事にされていることは、初めて訪れる人に対しても警戒心をあまり抱いていない様子を見てもわかります。本当に人懐っこい子が多い。

画像


そしてマッタリと暮らしています。

画像


飼い猫もいますが、ほとんどは野良猫。かつて飼われていた猫の末裔でしょう。高齢化と人口減少によって飼い主がいなくなってしまった猫の子供も多いのでしょう。
これは全国あちこちで「猫島」と呼ばれている場所に共通したことですね。

画像


仁斗田では誰ということなくそうした野良猫たちに餌を与えているようです。そういう意味では地域猫と考えていいのかもしれません。ただ、暖かい寝床までは与えられていないので冬の寒さは彼らにとって大きな試練となります。

画像


寒かった冬を乗り越えてホッとしているのでしょうね。

画像


で、田代島の猫を見ていて気が付いたのは、黒系の毛色の猫が多いということ。特に黒猫の数が多い。

画像


以前訪れた青島では150匹猫がいた中で確認できた限りでは目にした黒猫は1匹だけだったのですが、ここは黒猫がたくさんいます。そして白黒ブチやハチワレの猫も多い。それに次ぐのがキジトラでしょうか。黒と白という「モノクロ」な毛色の猫が圧倒的に多くて、「茶」の毛色を持った子が少ない。今回確認できた「茶トラ」は民宿網元さんのおじさんが世話をしている子一匹だけでした。

画像


猫の毛色は遺伝子の組み合わせによって決まるものですが、狭い地域での交配を繰り返している島の猫は他の地域から新しい血が入ってくるということがないため、おそらく田代島の猫は「黒」と「白」の遺伝子比率が高かったのではないかと思われます。

画像


さて仁斗田集落から20分ちょっと歩いた場所に「猫神社」があります。

画像


「島では昔から、猫は、大漁を招く縁起のよい生き物として親しまれ、島民によって奉られている」
ある時、錨を作るために石を砕いていたところその石が偶然猫に当たってしまい瀕死の重傷を負わせるということがあったため、心を痛めた漁師の方々が今後の猫の安全と大漁を祈念して「猫神様」として奉ったということです。

画像


見るとお社の前にはさまざまな猫の置物も。

画像


観光客や猫好きの人がめいめいに思いを書いて置いて行ったのであろう石。

画像


ちなみに田代島には犬は一匹もいません。
というよりこの島は「犬禁制」になってます。犬を連れて上陸することはできません。島内で犬を飼うのももちろん禁止。「犬は猫の天敵である(実際には違いますが)」と思われていたからだと言います。
それだけ猫が大事にされているということですね。

この猫神社のあたりは仁斗田集落からかなり離れていて周辺に人家も全くないので猫もここまでは来ない、という話を聞いていたのですが実際に行ってみると…。

画像


黒猫がいました。

画像


「猫神様」の化身でしょうか?(^^;

画像


たぶん仁斗田の集落からやってきているのでしょうけど…。
思わず頭を垂れてしまいそうな威厳がありますね。

次回は早朝の港の猫たちの様子をご紹介します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、犬いないんですか?
仲良しさんもいるのにね。
黒にゃんが多いようで、息子が喜びそうな場所です。
いつか一緒に行けれるといいな〜。
猫ねこネコ
2017/04/26 23:11
猫神社いかれたんですね 当然ですかね(笑
船着き場の建物に「田代島便り」という本はありませんでしたか
定期的に通って写真を撮ってマンガにしているそうなのですが、その人のブログではよく波が高くて欠航のため取材延期、と書かれていますよ
外猫の大変だけどのどかな暮らしを見に行ってみたいです
マーシャの乳母や
2017/04/26 23:39
こんにちは。
常に視界にネコがるなんて、ステキです。
高齢化率82%もすごいですね。10年20年先は、一体どうなっているんでしょう。人ごとではないです。
その土地土地で、ネコも人も適応して、幸せに暮らせているといいですね。
毎日ばらいろ
2017/04/27 12:41
猫ねこネコさん
犬を入れないというのは昔からの決まりごとのようです。決して天敵ではないんですけどね。(^^;
黒猫さん好きな方にはお薦めですね〜田代島♪

マーシャの乳母やさん
「田代島便り」の本、石巻の乗船場待合室にありましたよ♪
私もそのブログ何度か見ましたが面白いですよね〜。
網地島ラインのHPに運行情報のページがありますが、それを見るとこの季節けっこう頻繁に欠航便出ています。これからは天候安定してくるんでしょうけど。

毎日ばらいろさん
青島や佐柳島も同じですが、離島の高齢化率はどこもかなり高いです。ハッキリ言って「限界集落」になっているところも。
あと10年経ったら本当にどうなってしまうのか、本当に心配ですね。
草凪みかん
2017/04/28 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫神社 MIKANのねこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる