MIKANのねこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 摩周ブルー

<<   作成日時 : 2017/06/29 22:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

北海道を旅する人が最も訪れたいと思っている場所といえば、その代表格はやはり摩周湖でしょう。
初めて行く人もリピーターも、真っ先に名を挙げる湖。私自身ももう若い頃から何度も北海道を旅していながら、やはりこの湖だけは別格の存在ですね。もう何度訪れたことやら…。

摩周湖といえば霧、というイメージが定着していますね。
観光バスで摩周湖を訪れた方はバスガイドさんからこんなアイヌ伝説を聞いたことがないでしょうか。
「その昔、この付近の二つのコタンで激しい争いが起き、襲撃を受けたコタンに住む老婆は幼い孫の手を引いて山に逃げ込みました。山の中を逃げ惑ううちに、いつしか孫とはぐれてしまいました。幾度も孫の名を呼びながらあちこちを彷徨いながら探しましたが孫の姿はなく、いつしか摩周湖のほとりにたどり着いた老婆。もはや疲れ果て、立ち上がる気力さえ失ってしまいました。湖を見下ろす崖に立ち、湖の神様に一夜の宿をお願いすると、『いつまでもここで休むがよい』という神様の声が聞こえ、やがて老婆は深い眠りに落ちていきます。そしていつしか湖の真ん中に浮かぶ小さな島に姿を変えてしまいました。今でもこの湖を訪れると霧がかかることが多いのは、孫が訪ねてきてくれたと思って老婆が嬉し涙を流すからだと言われています…」

ですが、実際には世間で想像されているほど霧の日が多いわけではありません。釧路湿原に比べればさほどでもない。湿原から上がってきた滝霧が湖面を白く覆う幻想的な風景を一度撮りたいと思っていながらいまだ果たせないでいます。摩周湖を見に行って「霧が出ていた」という人の話を聞くと多くの場合それは「霧」と言うよりも低い雲が摩周カルデラにかかっていて雲の中で湖を見たというケースがほとんどのようです。
でも霧の摩周湖というのは確かにロマンであることは間違いありません。いつかそういう写真を撮りたい。(^^;

さて今回も摩周湖を訪れました。幸い好天に恵まれて湖もきれいな色を見せてくれました。

画像


「摩周ブルー」というこの青。
湖の岸が切り立った断崖でしかも湖そのものが深く透明度が高いために、青以外の色が反射しにくいということがこうした色を生むそうです。
「霧の摩周湖」が世間で言われるほど見られる頻度が高くないのと同じように、晴れた日のこの「摩周ブルー」もなかなかお目にかかることがありません。特に7〜8月の盛夏には阿寒山系からの薄雲が流れてくることが多くて晴れてはいても空は白っぽくなりがちでそれを反射する水面も鈍色になることが多い。やはり一番この「摩周ブルー」が見られるのは6月〜7月前半でしょうね。

画像


老婆が姿を変えたという小島(カムイシュ)を入れて。

摩周湖には第一・第三、そして裏摩周という三つの展望台がありますが私が好きなのは第三展望台からの風景。どちらかというと第一のほうがポピュラーですけど…。
今回は湖の写真を撮るというよりも、撮りたかったのはこの写真↓

画像


摩周の青い水面を背景にした新緑と白樺。
緑と青のコントラストに白が映える。この組み合わせが撮れるのはこの時期の第三展望台だけで、しかもきれいに空が晴れることが条件。これが本当の「摩周ブルー」です。サファイア色と表現する人もいますね。

ついでながら、お約束の第一展望台からのカットも載せておきましょう。(^^;

画像


西隣の川湯硫黄山ではエゾイソツツジが満開。この花が散った頃、北海道の観光シーズンが始まります。

画像


夕方、湿原に戻ってくると再び出始めた霧の中でキタキツネが寂しそうにこちらを見ていました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
摩周湖、湖すら全く見えませでした。
この先は崖ですって言われたら、そうなんだって思えるほど、視界が悪く霧しか見えませんでした。
何月に行ったか分からないくらい、前の事ですが。
猫ねこネコ
2017/06/30 08:03
猫ねこネコさん
摩周湖、けっこう霧が出たという人の話を聞くんですが、私はまだそういう日に当たりません。一番多いのは曇ってる日ですね〜。
でも実際いったん霧が出るとカルデラ壁が高いせいでなかなか消えないともいいますね。
草凪みかん
2017/06/30 21:31
修学旅行で行きましたが、いい天気で霧もなく「霧の摩周湖じゃないの?」とちょっとガッカリ
お土産屋さんでマリモがあって「天然記念物なのにお土産で売ってるの?」と不思議でしたね
近所のお母さん方がせっせと丸めて作っているのを知ったのは随分後のことです
マーシャの乳母や
2017/07/02 00:04
マーシャの乳母やさん
やっぱり霧を期待して行く人ってけっこう多いですね。でも霧が濃すぎると何も見えないし。ほどよい絵になる霧ってなかなか出ないです。
あ〜「養殖マリモ」ね。学生時代に買って来たのがいまだに家にありますけど、40年経ってやっと直径5cmほどです。
草凪みかん
2017/07/02 10:03
霧の摩周湖、ヒットソングのイメージしか無かった
青い湖、白樺の白、そして緑、きれいです
なななつのママ
2017/07/02 14:02
なななつのママさん
ありましたね〜、「霧の摩周湖」。
あの唄が「摩周湖は霧が出る」というイメージを定着させたのかも。でもあの歌詞だと「夜」なんですよね。夜明け前ならともかく、夜間に霧が出ることはあまりないと思うんですが。(^^;
草凪みかん
2017/07/02 16:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
摩周ブルー MIKANのねこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる