MIKANのねこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球総人工化計画

<<   作成日時 : 2017/07/07 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 5

九州北部の大雨、大変な被害をもたらしていますね。
梅雨末期の集中豪雨というのは昔からありましたが、近年のそれは明らかに数十年前までのそれとは性質が違ってきています。「線状降水帯」という新しい言葉が示すように、広範囲ではなく極めて限定的なエリアで大雨が何日も続く、そしてその狭い地域が東西あるいは南北に移動して被害を拡大させる。狭い地域にピンポイントで降ることも多くなりました。

なんでもかんでも「地球温暖化」に結びつけるのを疑問視する人もいますが、ここ10年で異常気象が増えているということは誰しもが認めるでしょう。私はこう思うのです。原因は何であれ、地球自身の自己再生能力あるいは自己治癒能力が追いつかなくなってきた結果が今の異常気象だろうと。じゃあ、その原因を創り出しているのは誰か?といえば、それはもう人間以外の何物でもないでしょう。

人間の活動、とりわけ産業革命以降の工業生産活動に正比例して、とりわけ石炭・石油といった化石燃料をふんだんに燃やすようになって徐々にバランスを失っていった地球の大気構造が、ここにきてある限界線を超えつつある、そのサインが昨今の異常気象であることは否定する人はいない…いや、いるんだな、これが。

日本でも某経済団体の親玉さんの一人が公然と「温暖化になるならそれでいいじゃないか。人間がそれに対応していけばいいだけの話。対応しきれない生き物が滅びていくのは自然の摂理だろ」と言っていました。「我々は儲かればそれでいい。自然破壊?そんな寝言聞いてられるか!」とお酒の席で言い放つような人が日本の経済界を仕切っている人たちの中にいるんですからね。
とても「地球温暖化なんてデッチアゲだ!どんどん石炭燃やせ!」と言ってる某国の困った大統領のことを笑えないのでは?と思いますよ。

昔、とある同人誌に載った「地球総人工化計画」というブラックユーモア小説。
2088年。地球全体が人工物に覆われ、人類は科学的に調合された合成食品を栄養源として生きるようになり、農業も牧畜も漁業もなくなり、国連が管理する世界25か所の生産プラントで作られる錠剤が各家庭に無料で配布されるようになる。それを成人は一日2錠、子供は一日1錠服用すれば一日の活動に必要なカロリーを充分に摂取することができ、それで飽き足らない人はレストランに足を運ぶ。レストランで供されるのはやはり合成食品だが技術を駆使して豊かな食感が得られるようにされている。
山も川もない。火山活動や気象現象さえもコントロールされて四季すらない。一年中快晴で一年中同じ気温。
草も生えていない、花も咲かない。いや似た姿のものは存在するが全てイミテーション。
「自然」という言葉はタブーとされ、人々の記憶から消去されている。少なくとも学校教育では地球がかつて緑豊かな星であったことは教えられない。だから子供たちは全てが人工物で覆われた世界を当たり前のものとして受け入れている。わずかにかつての「緑の地球」の記憶を受け継いだ人々は当局から異端視されひそかに拉致されて地下に隔離される。土を隠し持っていた場合は懲役5年、自然の草花を栽培した場合は無期懲役あるいは死刑。「豊かなユートピア」を乱そうとしたテロリストとみなされて逮捕投獄される…。
人間以外の生き物は、人間が必要と認めているある種の微生物を除いてすべて絶滅。子供たちはかつて地球にさまざまな生き物がいたことを知らない。学校では教えない。いや教えようとした人は罪に問われて処刑される。
全てが全自動となった見た目は美しい家に飼われているのは全てロボット犬やロボット猫だ。

こんな未来が待っているとしたら…どう思いますか?
感じ方は人それぞれですから「豊かだし便利だし、こういう未来がいい」と思う人もいることでしょう。
でも私個人としては絶対にイヤですね、そんな未来は。仮にこの小説が事実化するとしたら2088年まであと71年。その頃には私は生きていませんけど…過渡期の2050年頃までは生きてるかもしれない。

画像


モカちゃん、空、きみたちと過ごせた時代が本当に貴重だった、と30年後にため息つきながら緑の消えた町を眺めたくはないなぁ〜。

画像


今回の豪雨災害で罹災されたすべての方々にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復旧復興がなされることを心よりお祈りいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
♪ こんばんわ
地球って意識がない分
遠慮なく正直に反応している・・・
「いろ×2」な災害って
地球の無意識な行為ですよne
それを洞察できないと
もっとコワいことに
なるんじゃないかと思います
常に見られている感覚ほしいです☆
アメネコ
2017/07/07 22:54
ピンポイントでの豪雨。
この状態は、もはやどこでも起こる事のようです。
しかし皆さん、他人ごとと思われているのではないでしょうか。
同じ町内でも、高齢者や体が不自由な方がいる、川・橋・木造建て・裏山があるなどそれぞれです。
個々で判断して早めに避難をするか、考えるべきです。
指示が出てからでは遅い場合がありますから。
人工ばかりは嫌ですね。
でもそれしか知らなかったら、そのまま受け入れてしまうのでしょう。
猫ねこネコ
2017/07/08 14:10
アメネコさん
長い地球の歴史の中で生物が大量に絶滅した時期が少なくとも4回あると言われています。恐竜の絶滅は小天体の衝突が原因と言う説が有力ですが、実際は地球の「自浄能力」によるものだとしたら…?
生物に免疫抗体があるように、地球が「自分び害をなす存在」だと認識したものは駆除しようとするかもしれませんね。「スーパーブリューム」と呼ばれる地球規模の火山活動を起こすとか…。
「地球を自由に操れる」などと考えるのは人間の浅はかな思い上がりでしょう。経済界の皆様はわかっているんでしょうかね…元某団体の会長であるYさんは「そんな破滅の時が来るころにはオレは生きていないから知ったことじゃない」と言い放ったそうですよ。心が寒くなりますね。

猫ねこネコさん
そう、どこか他人事のような気持があるのは事実でしょうね。私自身にも。
災害の時の備蓄の備えはしていても、いざ「避難」ということになるとあまり考えていないかも。私の住んでいるところは大きな河川もないし山もない、海もないから却ってそういう意識が希薄になりやすい。でもそれじゃダメなんですよね。もう今は何が起こるかわからない。84歳の母親を連れてどう避難するか、日ごろから考えておかないと…。
草凪みかん
2017/07/08 15:38
サイレント・ランニングという昔のSF映画をご存じですか
派手なシーンがないせいか(予算が少なくて)B級扱いされることもありますが、私は名作だと思います
地球で一番迷惑な生物は、たぶん人間でしょうね〜(とほほ
マーシャの乳母や
2017/07/10 16:25
マーシャの乳母やさん
その映画、知りませんでした。さきほどちょっとウィキで読んでみましたが、まさに「人工化計画」そのものの世界ですね。やりきれないような結末だな〜。
ふと思いだしたのは「銀河鉄道999」の地球の姿。いつか思いあがった人間が自らの「生命」としての存在を捨てて「機械」になってしまうのかな。
草凪みかん
2017/07/11 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球総人工化計画 MIKANのねこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる