MIKANのねこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仔猫

<<   作成日時 : 2018/06/09 21:54   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 8

今日は暑かったです、関東。
我が町は31℃になりました。(-_-;)
本当は今日は谷中の「あじさい寺」に行くつもりにしていたのですが天気予報は「晴れ」。おまけに30℃まで気温が上がるとあっては、一気にテンションDOWN。何もピーカンに晴れた暑い日に紫陽花撮りに行かなくたって…というわけで昨夜の段階で早々と中止に。(^^;
明日はおあつら向きの雨模様の曇天なんですが来客予定があって出かけられません。来週末に期待しましょうか。今年は花暦が進むのが早いですが来週ならまだ盛りを保っていてくれるでしょう。
とりあえず今日の早朝に撮ったご近所の紫陽花を。(^^;

画像


さて今日は朝4:30に家を出ました。行先は猫通り。
もちろん猫広場に顔を出さなければいけないので、その分早起きしなきゃいけないわけで…あまり遅くなるとまた愛ちゃんが「どこで道草してたの!」ってカオするから。(^^;

時刻表?作りましたよ。(^^;
自宅発4:30→猫通り着5:00 猫通りで30分遊んで、
猫通り発5:30→猫広場着6:15
これならいつもよりはちょっと遅くなるけど猫広場で充分時間が取れます。
けっこういいウォーキングになるな〜。

さて猫通りに着いてみると、あの子がお出迎え。

画像


何やら私の顏見ながら一緒に歩いてニャゴニャゴと。

画像


ん?何?と思ってると、
通りの中ほどの空き地の隅っこから…

画像


え?仔猫??
私、目がテン。

画像


続いて低い壁の上に顔を出したのが二匹。さらに続けて一匹が出て来て合計四匹。
え?え?え?この仔猫たちは…???
目を丸くしている私をじっと見ているキジトラちゃん。

画像


まさかキミの子供たち?いや、そんなはずは…。

その時、すぐそばの家のドアが開いてお父さん登場。
「おはようございます」
「見た?仔猫いるでしょ」
「…この子たちって、母親は…?」
「その子だよ」
え〜!!!??

画像


確かこの子、里子にもらわれていった二人の姉と一緒に避妊手術受けたんじゃなかったっけ??
「いや、この子だけ受けてないんだよ」
そうなの〜?でも確かあの時「三匹とも避妊手術終わった」って…。
よく話を聞いてみると、二年前のあの時、避妊手術を受けたのはこの子の姉たちの二匹とこの子の母親の白猫、合わせて「三匹」だったそうで。いっぺんに全部手術できないので順番にやったそうですが、すでに貰い手が決まっていた二匹が先になったそうで。
当然、この子も避妊手術を、というつもりだったそうですが…。

「いざとなると、二の足踏んでねえ…だってこの子まで避妊手術しちゃったら、この通りの猫は減るだけになっちゃうから。それも寂しいんだよ」
なるほどねぇ…これは難しいところだけど、その考え方もわからないこともないです。
もちろんできるだけ近隣に迷惑をかけないように仔猫ができたら通りの方が里親探しをする、ということにしたそうです。

昨年は妊娠はしたものの流産してしまったのか仔猫の姿を見ることはできず、一時期母猫もぐったりしてしまって心配したそうです。今回が初めての出産となったわけですね。
四匹の仔猫、さっそく里親探しを始められているようですが、何軒か「もらってもいい」と言ってくれているお宅があるようで。鋭意交渉中だそうで。

そうか、さっき私の顏見てニャゴニャゴ言ってたのは「私の子供たちを見て!」ということだったの?(^^;

画像


で、その仔猫たち。母猫が私にくっついているので安心したのか、すぐに近くに寄ってきました。

画像


両耳が黒くて体が白、シッポが黒の子。

画像


左耳の横が黒くて、あとはほぼ真っ白、シッポが黒の子。

画像


この子は右の耳のほうに黒い毛が。

そしてもう一匹は、

画像


他の三匹とは対照的に黒毛が多い。

生まれて一ヶ月半ほどでしょうか。まだ本当にヨチヨチ、といった感じで歩いています。

画像


「ねえ、ママ〜。あの人だあれ?」

画像


「怖い人じゃないから大丈夫だよ。遊んでもらいなさい」

画像


…と言ったのかどうか。
普通、このくらいの仔猫を抱えた母猫というのは警戒心が強くて自分の子供を人間に近寄らせないようにしたり近づく人間に威嚇したりするものですが、お父さんと私がそばにいてもまるっきりそんな素振りは見せません。信頼してくれているのかな。
むしろ「遊んであげて」と言われているような。
ネコジャラシを出すとまずはお母さんがお手本を。(^^;

画像


すると
「ママ〜、それなあに?」とばかりにさっそく興味津々で寄って来たのはこの子。

画像


今は一番好奇心旺盛な時期ですよね。
母猫、仔猫がじゃれついたのを見て自分はネコジャラシから離れます。自分も遊びたいのだろうけど、やっぱりそこは母親ですね。
ジャラシを振ってあげると小さな目がクルクルと。

画像


画像


始めは両耳黒のこの子がジャラシを独占していたんだけど…

画像


すぐに右耳黒の子も参戦。

画像


横取りしちゃいました。(^^;

画像


黒い子はすぐ後ろで虎視眈々とジャラシ狙ってますが、二匹の間になかなか割って入れない。(^^;

画像


左耳黒の子はちょっとビビリな性格なのか、少し離れて見てます。

画像


黒の子と一緒に母猫のところへ。

画像


普通に考えればTNRをしてあげたほうがよかったようにも思います。でも、幸せそうなこの親子の姿を見ているとこういうのもあっていいかな、という気にもなりますね。
「里親が見つからなかったら皆でここで面倒見るから」と言ってくれているお父さんはじめ通りの方々。
もちろん、そうなったらこの仔猫たちには全頭TNRをするそうです。

画像


そんな親子の様子をそばでじっと見守っていたのは↓この子。三年前にこの通りに来て、今はお父さんの家の飼い猫になっています。この通りの猫たちのお姉さん的存在。

画像


気が付けば、予定していた30分を超過していました。猫広場に行かなきゃ…。
ネコジャラシをしまって帰ろうとすると、後を追いかけて来た母猫。

画像


「子供たちと遊んでくれてありがとう。また来てよね」
そう言ってくれているような。
貰い手が決まれば仔猫たちはこの通りからいなくなります。それが一番いいことなんだけど、優しい人たちのいるこの場所で親子そろって生活させてあげたいな、という気も。
たぶん四匹全部に里親がつくのは難しいような気もします。前と同じように一匹か二匹はこの通りに残ることになるのでは…そうか、お父さんが言っているのはそういうことか。
いずれにしても、しばらく通いたいです。仔猫たちがいるうちに…。
当分早起きが続きそうですね。週末は早寝を心がけましょう。(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
前回の記事で、この子、一人ぼっちか〜って思ってたけど、家族がいたんですね。
おチビちゃんたちの行く末も気になるけど、今は何かホッとして見てる自分がいました。
これからはもっと早起きですね。子猫見てると時間忘れちゃいますから〜〜♪
TAMO
2018/06/10 07:30
先週はたまたまこの子一匹だけで、仔猫たちはたぶん寝ていたんでしょうね。他にも何匹かいるんですが空き家の軒下で休んでいたりすることもあります。
仔猫見てるとホントに時間忘れます。
今日も行って来ましたよ。4:00起きで。(^^;
草凪みかん
2018/06/10 11:23
こんにちは。
新しい命が誕生することは、いつでも大きな喜びですね。かわいい子猫たちを見るのは、な〜んてうれしいんだ〜!!
どうやって、育てていくか、考えてあげられれば、いいよね。何もかも管理統制するなんて、恐いことです。
これからは、さらに時間割を考慮し、楽しいお散歩の時間が増えそうですね。愛ちゃんはどこ?
毎日ばらいろ
2018/06/10 13:36
こんにちは、草凪みかんさん\^^/。
ニャン達の出産→子育てシーズンで、ベイビー目にします。
キジママの模様受け継ぐ子、いないんですね
ベイビー達見ると複雑な思いですが、超〜可愛い元気に育ってねです。
おーちゃん\^^/
2018/06/10 14:25
ついさきほどまで来客が。
お帰りになる時間に急に雨が強くなって…。今日は「梅雨寒」の言葉そのままの一日ですね。

毎日ばらいろさん
これは私の想像ですけど、お父さんはじめ通りの方々は仔猫が見られなくなってしまうのが寂しいんじゃないかな、と。過去十何年と代替わりしながら新しい命が生まれてくるのを見守ってきたんですから。そう考えると必ずしも全部を避妊去勢しないという選択肢もあっていいのかな、と。
たぶん4匹の仔猫全部手放す気はないと思います。
今日も猫通りから猫広場に行きましたが、寒かったので着いたら愛ちゃんは即膝の上でした。(^^;

おーちゃんさん
そう、キジトラ模様の子いないんですよね。
考えてみると母猫のキジトラのそのまたお母さんは白猫でした。こうなると父親がどういう毛色だったのか気になります。お父さんは思い当たる雄猫がいるそうですが。(^^;
里子に出るにせよこの通りに残るにせよ、無事に元気で育ってほしいですね。
草凪みかん
2018/06/10 14:57
地域猫にしろ野良猫にしろ外で暮らすのはリスクがあるし、できれば家で暮らしてほしい
それはわかっているけど、通りに猫の子一匹いないのも寂しい。。。矛盾してるけど本心
マーシャの乳母や
2018/06/11 00:35
猫通りの皆さんは猫たちがいなくなるのが寂しいのですね。
増えすぎず、減り過ぎずきちんと見守ろうという思いなんでしょう。
飼い猫が一番なんだけど、自由猫も、猫としたらそちらの方がいいのでしょうか。
子猫ちゃんたち、優しい里親さんが見つかるといいですね。
猫ねこネコ
2018/06/11 12:54
マーシャの乳母やさん
そうなんですよね。やはり猫は可愛がってくれる人がいる家の中で暮らすのが一番安全。でもその一方で町で猫の姿をまったく見かけなくなったらそれはすごく淋しい。
自由に猫が闊歩出来てしかも人と仲良く暮らす。それは夢物語にすぎないのかな…。

猫ねこネコさん
この通りの猫たち、不思議なことに野良であるのにこの通りの外にはあまり出て行こうとしません。自分を見守ってくれる人がいる場所だということをよくわかっているようです。
町はずれで畑も近い場所ですから密集地のようにあまり苦情を言う人もいないのがまた恵まれている点でしょうね。
猫通りの方々、しっかりと見守ってくれると思います。いざとなったら家猫に召し上げるでしょうね。
草凪みかん
2018/06/11 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
仔猫 MIKANのねこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる