七五三

昨日と一昨日は都電撮影を兼ねて東京の下町を散歩してきましたが、あちこちの神社で七五三詣りのご家族を見ました。
七五三って確か女の子は三歳と七歳、男の子が五歳でしたっけ。
もう私は自分の七五三なんてほとんど覚えてないですが、残っている写真見ると父母と祖父母に囲まれて千歳飴抱えてすまして写ってますね。

画像


そういえば、最近神社でも千歳飴下げた子なんて見ないなぁ~。
まさかなくなったわけでもあるまいに、今やケーキとかお菓子にその座取られて人気ないんでしょうか?あれってけっこう硬かった記憶がおぼろげにあるんだけど…日本の古き良き伝統のお菓子だと思うんですけどね。
作っているところも少なくなっているのかも。
でも昔はけっこう有名メーカーも千歳飴作ってた記憶あるんだけど。「ペコちゃんの千歳飴」なんてのもあったはず。今はどうなんだろう??

七五三は本来11月の15日。最近では曜日や日をずらしてお詣りする人も多いようですが今週あたりがフィナーレだったのかな。男の子も女の子もきれいに着飾って。
でも昔、子供心に「女の子だけ2回お祝いがあるのに男の子は1回だけっていうのはズルイ」と思ったことがあったっけ。地方によっては三歳は男女両方というところもあるらしいですけど。
この七五三が終わると季節は秋から冬へ。
昨日訪れた神社のイチョウも葉を落とし始めていました。

画像


昨日は下町の猫にも会ってきましたが、この猫は私の生まれ故郷の町に近年住み着いた猫。
もう三年目かな。幸い近所の人たちがみんな猫好き。争って?エサをあげるので少々メタボ気味。(^^;

画像


いつも商店街の入り口で愛嬌振りまいてます。

画像


これから寒い冬になりますが、この子はそんなときの「避難所」(簡易型ネコハウス)も作ってもらってるので幸せですね。人間には愛想がいいんですが、他の猫が自分の領分に入ってくると性格変わったように激しく怒って追い払ってますね。居心地のいい場所だからなぁ~。

画像


昨日・一昨日のねこ散歩の様子はこちらにUPしてます。↓
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kemunyan/p-enikki00new.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2015年11月23日 23:14
七五三の男の子は5歳だけって、先日のサザエさんでもやっていて、あれって思いました。
こちら愛知では3歳の男の子、やります。
写真屋さんで記念撮影を別日に撮ったんですが、ぐずって大変でした。でも写真屋さんプロですね。最後には笑顔の写真が取れました。
野良でもガリガリの子もいれば、餌をいっぱいもらえて、メタボの子も。
いっぱい食べて、寒い冬に備えて欲しいな。
2015年11月24日 09:09
昔の写真みるとちゃんと千歳飴もってましたねえ
そんな旨いもんじゃないおぼえがありますが(笑)
やっぱり欠かせないものです
地域で愛される子幸せですねえ
縄張り意識が強いのが猫らしいです^^
2015年11月24日 20:46
猫ねこネコさん
やはり地方地方で違うんですね…。私のところは男の子は5歳だけでしたから、関東はそうなのかな?
写真館の方は子供さんの扱い慣れてますね。聞いたことがありますが、決して焦らない・イライラしない、がコツだそうです。そうした気持ちが顔に出るとコワイ顏になってしまって子供がなおさら泣くんだとか。

タフィー104さん
千歳飴…なんだかすごく硬かった記憶があります。自分の背丈の半分近い長さ。(^^;
荒川のこのあたりは昔から住んでいる方が多いので、そのせいか猫にも鷹揚です。下町はそういう所多いですね。

この記事へのトラックバック