♪ひなげしの花♪

♪誰もいない海~ 二人の愛を確かめたくって~♪
♪あなたの腕を~ すり抜けてみた~の~♪

「おい、オッサン何歌ってんだ?、そのダミ声で歌っても全然カワイクないぞ!」

画像


うるさいなぁ…人が若かりし頃思い出して気分よく歌ってるのに~。(^^;
第一キミたち知らないでしょ、シンシアなんて。
オレが中学生だったころはねぇ~、今のアルファベット三文字のグループなんかハダシで逃げ出すくらい人気があったんだぞ~!

実は…つい先日、書斎の奥の箱の底から昔中学・高校の頃に買ったドーナツ盤がいくつか出てきました。ドーナツ盤ってなんだ?って言う人いるかもしれませんね~。今じゃ「レコード」自体死語に近いものね…。
最近じゃフォノプレーヤーも復刻されてまた昔のレコードを聴いてる人も多いみたいだけど、我が家のフォノプレーヤーはすでにオシャカ。レコード特有のあの丸い音、もう一度聴きたいですが…。

それはさておき、出て来たのは南沙織、小柳ルミ子、太田裕美、アグネスチャン、浅田美代子、天地真理…。こうやって見ると私もけっこうミーハーだったんだなぁ、とつくづく。(^^;

「知らない名前ばかりだな」

画像


そうでしょ。でも今の人たちに比べると歌はうまかったなぁ。確かにカワイかったけど、それに加えて歌唱力があった。小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」なんて今はもう古典になってるくらいだしね。音楽の教科書にも載ったんじゃなかったっけ?

そうそう、キミたちの住んでる春日部出身の子もいたんだよ。太田裕美。あの子、春日部の寿司屋の娘だからね。生まれが荒川で春日部に越してきたっていうのが私と一緒~♪

「誰もそんなこと訊いてないぞ」

画像


…スンマセン。
で、「木綿のハンカチーフ」、あの歌も好きなんだよね~。

♪恋人よ~ 僕は旅立つ~ 東へと向かう列車で~♪
♪はなやいだ街で~君への贈り物~ 探す~探す~つもりだ~♪
♪いいえ~あなた~ 私は~欲しいものはないのよ~~♪
♪ただ都会の絵の具に~♪
♪染まらないで帰って~染まらないで帰って~♪

この歌、曲調すごく明るいんだけど、最後女の子がフラれてしまうというかわいそうな話なんだよね。そのギャップがまたなんともいえなかったんだけど。

もう5年もすりゃ還暦ってオッサンでもやっぱり思春期の想い出ってなぜか鮮やかに残ってるもので、その想い出を彩ってるのがあの頃聞いた歌なんだよね。その後高校から大学に進む頃になると歌謡曲からフォークへと移っていったなぁ。あの頃は誰も彼もギター習ってね。(^^;
70年代フォークの話はまた日を改めて。

私の思春期スタートの歌は…やっぱコレかな。

♪おっかのうえ~ひなげし~のは~なが~~♪

「ちょっと、ヒキツケ起こしたの?大丈夫?」

画像


ああ、昭和は遠くなりにけり~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック