外猫へのエサやりについて お願い

日曜日、墓参りに行く前にちょっと猫広場に寄りました。
ちょうど猫たちが広場に集まり始めるころでした。チャーミーはもうデンと座っていて「遊んで!」のポーズ。

画像


しばらくするとモカちゃんと雲が。

画像


でも空が来ない。愛ちゃんもやってきて4匹揃ってもしばらく姿を見せません。いつもちょっと遅刻坊主?な子ではあるんですが、この日は遅すぎ。
皆揃ってから15分近くなってからやっとやってきた空。

画像


でも、なんとなく表情がさえない。気だるそう。

画像


私のそばに来て座ったんですがいつものような元気がない。

雲はネコジャラシに飛びつくんだけど…

画像


空はそれをそばでうつろな目で見ているだけ。
そのうち私から離れて雲の後ろで丸まって…。

画像


「お兄ちゃん、調子悪いみたいなのよね…」
雲も心配そう。
ついにはネコハウスの中に入って寝てしまいました。これは明らかにどこかおかしい。

画像


この日は墓参りの予定もあったので、気にとめながらもそのまま駅に向かいましたが、気になって仕方がない。何か病気かな…墓参りに行き立石に行き護国寺に行き、の一日。でも心のどこかに今朝の元気のない空の姿がひっかかっていて。

翌朝訪ねてみるとやはり同じでちょっとお愛想してくれただけでネコハウスに。大丈夫かな。しばらく待っているとエサやりのお母さんが来たので聞いてみると…。

画像


数日前、この猫広場に魚の血合いを置いていった人がいるらしい。それが誰だかわからないんだけど少なくともここに来ている世話人の方ではないらしい。隅っこに黒っぽくなった血合い肉が何片も置かれていたそうな。そして同時にあちこちに猫が嘔吐した跡があったそうで、お母さん、掃除が大変だったそうです。
他の子もちょっと具合悪そうで食欲が落ち気味とか。

置いていった人は「野良猫にはゴチソウだろう」という軽い気持ちで置いていったのでしょうが、いくら野良猫でも食べなれないものを食べればお腹を壊すのは当たり前。「野良なんだから少々のもの食べても大丈夫」などと思っている人もいるかもしれませんが、とんでもない話です。
それより何より、町中の地域猫は「決まった時間に決まった人が決まったエサをあげる」というのが原則です。行きずりの人が勝手にエサをやるということは避けてほしいんです。これは何も猫たちを囲い込みたいと思って言っているわけではないんです。彼らの体調のことを考えればこそで。フレンドリーに触れ合ってもらうのは大いに結構ですがエサやりは遠慮してほしいなぁ。だから私もエサやりはしません。ネコジャラシで遊ぶだけ。百歩譲ってどうしてもエサをあげたいならカリカリだけにしてほしい。

有名になった青島や田代島、あるいは瀬戸内海の島のように外から来た人のエサやりを場所を限って認めている場所もありますが、そういう場所でもあげていいのはカリカリだけ。なぜなら健康上無難だから。
いくらなんでもナマ物を与えるのは言語道断かと。

お母さんと話をしながら、これを置いていった人は本当に猫好きだったのか、と。
「本当の猫好きだったらこんなもの置かないよね…」と。
「猫ブーム」の影響で興味本位で野良猫にエサやりをして自己満足に浸っている人が多いようです。しかし、そうすることが猫たちにとってどういう結果をもたらすか、ということを考えたうえでの行動でしょうか?
ところかまわずエサやりをすれば猫たちがあちこちでフンをするようになり、結果的に地域の人から疎まれてその場所で暮らせなくなります。
結果としてそれが猫たちにとって不幸をもたらすようなら、それは虐待と同じ結果になってしまいかねません。

画像


今朝、出勤前に広場に寄ってみました。
心配していた空、どうやら体調がいくらか戻ったようでじゃれついてきてくれました。おかげで電車1本乗り遅れましたが。ちょっとホッとしました。私に一番懐いている子だけに心配で心配で…。

外猫と触れ合いたい方にお願いです。
無分別なエサやりは猫たちにとって思わぬ不幸を招く可能性がありますからできるだけ控えてください。どうしてもエサやりをしたいという方は、その地域猫の世話人の方に相談してください。
本当に猫を愛している人なら、その辺はご理解いただけると思うんですが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年03月24日 05:31
知識が無いころは、猫はなんでも食べると思ってました
まあ、食べるんですがやはり危険なものもたくさんある
知らないで与える、道すがらの人もいるんでしょうねえ
地域猫はちゃんと世話されてますが、そういうことも認知してない人も多いんじゃないですかね
猫人気でただ、与えれば喜ぶと思ってるとか・・・
理解がもっと深まるとこういったことが減るかもしれません
具合がよくなってきたようで安心しました
2016年03月24日 09:58
餌やりは慎重にですね。

すっきり吐いてしまえば、すぐに体調戻るでしょうけど、吐ききれないと、なかなか体調がもどらないのでしょうね。

寝て、早くもとに戻るといいですね。
2016年03月24日 22:35
タフィー104さん
そういう意味では過渡期かもしれません。猫ブームというのが猫についての知識を多くの人が持つきっかけになるような形でプラスに働いてくれるといいんですが。ただ「かわいい」だけで終わってしまうブームでは…。
猫はアクセサリーではなく生命ですから。

猫ねこネコさん
雌よりも雄のほうが病気などへの抵抗力が弱いという話を誰かから聞いたことがあります。
空、今朝はだいぶ体調戻ってきたようでした。ただ今夜から明朝にかけて冷え込むのでちょっと心配。今夜は出歩かないでネコハウスでじっと寝ていてほしいです。

この記事へのトラックバック