長い一日

6月の道東の一日は長い。
朝3時半過ぎには太陽が昇り、日没は夜の7時過ぎ。実に撮影時間帯は16時間にわたります。

画像


私が定宿にしている鶴居村のホテルは自然愛好家・写真家が多く集まる宿でオーナーはプロカメラマン。タンチョウ撮影では現在日本の第一人者です。撮影ガイドをお願いすれば一日クルマで案内してくれます。道東の野生動物については知悉しているだけに普通の人では知らない場所を案内してくれますし、ハズレはまずありません。(宿泊料とは別途にガイド料を払います)
http://www.hotel-taito.co.jp/
この日は日の出一時間後の4:30に宿を出発。フロントにはその日の日の出・日没の時刻が毎日表示されています。写真右に写っているキーボックスに部屋の鍵を入れて玄関を出ます。

画像


前庭にはタンチョウがいます…って、これはレプリカです。(^^;;;

画像


玄関前に寒暖計があります。この日の朝の気温は9℃。もっともルーフの下でやや暖かいのでこの温度を指しているだけ。湿原はここよりも3~4℃低くなります。もちろん冬物のジャケットを着こんで車に乗り込みます。

画像


2~3時間鶴居村近辺のタンチョウを撮影してからいったん宿に戻って朝食を取り、ワンクッション入れてから遠く根室や標津の海岸線に向かう場合と、そのまま直行する場合(その時は朝食は途中で調達)がありますが、いずれにせよ一日に走る距離は300kmを優に超えます。北海道の広さを実感しますね。

撮影はタンチョウが中心ですが、道すがらさまざまな野生動物に出会います。一番多く出会うのはエゾシカ。
撮影は比較的近距離の場合は動物を驚かせないようにもっぱらクルマの中から窓を開けて。
若い牡鹿の頭には新しい角が生え始まる季節です。

画像


そしてオジロワシ。
国内で繁殖する最大のワシで主として魚を獲って食べます。

画像


この日はすぐ近くにタンチョウが。でもお互い「シカト」。(^^;

画像


常に聞こえる野鳥の声。でも何分にも小さいだけに姿を確認するのには一苦労。

画像


動物だけではありません。この時期楽しみなのは花。

画像


とはいうものの…花の写真をよく撮る割には花の名前をほとんど知らない私。(^^;
仲間から「オマエはネイチャーフォトグラファーとしては失格だ」などと揶揄されてます。う~~ん、勉強しないとなぁ~~。

これは「イソツツジ」。内陸の湿原の只中に咲いてますが…「磯」じゃないのになんで「イソツツジ」?と思いますが、本来「エゾツツジ」と呼ばれていたものがどこでどう発音を間違ったか?「伝言ゲーム」で「イソツツジ」と名前が誤って伝わりそれが正式名になったという珍しい花です。

画像


厚岸海岸ではちょうどアヤメが咲きはじめ。まだ蕾が多かった…7月上旬になるとこのあたりを一面群青色に染めます。

画像


そのすぐそばでは馬が放牧されていてかわいい仔馬もヨチヨチ歩き。

画像


こちらはカキツバタ。アヤメよりも大型です。いくらか花は早めに盛りを迎えるようですね。

画像


ただ、北海道の花の季節はまだプロローグ。その露払いを務めるのはこの黄色いセンダイハギの花。この後、さまざまな花が開花します。道東各地が花で埋められるのは7月中旬。学校の夏休みが始まる7月20日過ぎにはもうピークは過ぎ始めてますね。各地の原生花園も8月になると「原生草園」になってしまいます。花を見に北海道に行くなら7月中に…。

画像


年に何度かしか逢えない野生たち。
ともするとその姿をアップで撮りたくなるのは誰しも同じですが、せっかくの初夏の道東。この広い風景を入れて撮らないのはやはりもったいない。行く回数を重ねるごとに風景の中で点景としてたたずむ姿を撮ることが多くなりました。

画像


さすがにキツネやシカだと色が濃いだけにあまり点景にしてしまうと目立たなくなってしまいますが、白いタンチョウは豆粒になっても存在を主張してくれます。

画像


宿のオーナーが言ってました。
「長年タンチョウを撮り続けていくと、だんだん画面の中でタンチョウが小さくなっていくんだよね(笑)」
最近、その言葉の意味がわかるようになってきました。

画像


出発から帰着まで15時間。
宿に帰って夕食をとり、一風呂浴びたあとは談話室に集まってお酒を飲みながら撮影談義。
ほどよく酔いが回って快眠することができます。翌朝はまた4時起き。(^^;
まさに「男の隠れ家」状態。
三日も四日もこんな生活をしていると東京に帰るのがイヤになりますが…。

でも、そうも言っていられない。ちゃんと社会復帰しないと次来れなくなるから。
そうそう、猫たちも待ってるし。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2016年07月03日 23:31
北海道の夏はすぐに過ぎて行きます。
8月ごろには、ストーブがって聞いたことがあります。
前庭のタンチョウは、レプリカですか。
本物だと思いました。
2016年07月04日 21:45
猫ねこネコさん
釧路や根室では一年中ストーブが活躍してるようです。なにせ20℃を超えた日には「今日は暑いですねぇ」という挨拶が交わされるといいますから。
そう、前庭のタンチョウはレプリカです。遠目に見ると本物と思っちゃいます。鶴居の村役場の庭にもたくさんいますよ♪
マーシャの乳母や
2016年07月11日 23:11
仙台も涼しくて(父母は暑いと言ってだれてましたが、笑)よかったですが、さすが北海道は違いますね〜 気温一桁ですか!
>画面の中でタンチョウが小さくなっていく
なるほど〜 
2016年07月13日 21:08
マーシャの乳母やさん
北海道の中でも釧路・根室の海岸沿いはちょっと別格のようです。ちょっと離れた帯広あたりは20℃越すんですけどね。
冬物持っていかなかったら風邪引いてたでしょうね。(^^;

この記事へのトラックバック