クマが出たっ!!

8月も今日で終わり。明日から9月。
私は真冬生まれのせいか、夏というのはどうにも苦手で。(^^;
さすがに猛暑日は減ってきたしあとちょっとの辛抱かぁ~~。

そんなわけですから、写真撮影のほうも夏は完全にお休み。三脚も望遠レンズもクローゼットと防湿庫にそれぞれ寝てます。もちろん地元の猫の撮影は毎週やってますが、あれは撮影というよりカメラ片手に猫と遊んでると言った方が近い。それも涼しい早朝だけだし。(^^;

結局、6月に北海道から帰ってからというものネイチャー撮影にもSL撮影にも出てません。下町のお祭りをちょっと撮りに行っただけ。以前は日帰りや一泊で真夏の撮影にも行ったものですが、最近は出て行く気力が失せてますね。夏は夏でお題はたくさんあるんですけどね~、青い空、海、水遊び風景、花火、水鳥…。わかってはいるんですが…放棄。(^^;

「オマエはネイチャーフォトグラファーとしては失格だ!」
何度言われたことか。(^^;
そうは言われても暑いのだけは。
「じゃあ北海道行って来ればいいじゃん」…あの~、簡単に言いますけど、7・8月の北海道って航空運賃バカ高いの知ってます?しかも混んでるし。「スーパー先得」使ってあの運賃じゃなぁ。

まあ、そんなわけでしばらく休業してましたが涼しくなったら徐々に活動再開しようと思ってます。
今から楽しみにしているのは10月の北海道。ちょうど紅葉のシーズンです。
一昨年の写真をちょっと何枚か。

円山公園のシマリス。

画像


十勝のエゾリス。

画像


朝霧の風景。

画像


阿寒の滝口。

画像


「玄太の樹」とタンチョウ。

画像


塘路湖の夕景。

画像


朝焼けに翔ぶ。

画像


そして…ヒグマ!

画像


…って、コレ本物ではありません。
阿寒町のとあるお宅のお庭に置かれたレプリカ(木彫り)のクマです。ここのお宅は紅葉がきれいなことで有名で一般の方に昼間庭を公開しておられる(かなり広い)のですが、遊び心でこんなものを置かれてます。入り口からちょっとした遊歩道を歩いて揺る坂道を登ったところ、ふと視線を上げるといきなり目に入ってくるので初めて来られた方は大抵ビックリします。中には「きゃ~!」と悲鳴を上げてしまう女性も。(^^;
かなり精巧に造られているので、相当近くまで行かないとレプリカだとはわかりません。ほとんどの人は近くに行く前に逃げ帰ります。まあ、落ち着いて見れば相手が全然動かないので「置物」かなぁ、とは思うんですが、ビビッた人はそこまで考えずに逃げ帰り、入り口で説明聞いて「なあんだ」と。(^^;

画像

ところで、森の中で突然クマに遭ったらどう行動するのが正解か、ご存知ですか?
「死んだふりをする」これダメ。迷信です。(^^;
「大声を出して相手をひるませる」これもダメ。逆効果です。
「木の上に登る」ダメ。クマ、木に登れますし、木の根元をゆすったりもします。
「ひたすら走って逃げる」最もやったらダメな行為。クマ、本気で走ったら人間よりはるかに速いです。ボルトでも逃げきれないと思う。
正解は、白い紙を細かく切ったものを用意しておいて、クマに出会ったらパッと目の前にばらまく。そうすると…「あ、雪だ。冬になったんだ」とクマが思いこんでそのまま冬眠に入ってしまう。(^^;

…って、ウソですよ!!(間違ってもやらないでね)
ホントの正解は「クマから視線をそらさずにゆっくりゆっくりと後ずさりする」です。決して背を向けてはいけません。ある程度距離が取れてクマが警戒心を解けば追いかけてくることはないそうです。彼らも人間が怖いんですから。ただ、至近距離で出会ってしまった時は…アーメン…。(/o\)

それ以前にクマに出会わないようにすることのほうが肝要。そのためにはこちらの存在をクマに知らせること。よく言われる「クマ鈴」などをつけるのもいいし、杖で木の幹を叩きながら歩いていくのもいい。グループで来ている時はできるだけ賑やかに話しながら歩くのもいい。
もちろん、クマが出るようなところに入らないのが一番いいんですが、ネイチャーフォトをやっていたりトレッキングをしたりする人の場合はそういうわけにもいかないですから。ひとつ言えることは単独行動はできるだけ避けることですね。

画像


先日、メンテナンスに出していた一眼レフ主力機2台が戻ってきました。あとは10月が来るのを指折り数えて待ちます♪
その前に9月は瀬戸内の猫に会いに行ってきますが。(^^;

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2016年08月31日 23:14
リスさん、近って、望遠ですね。
どれもきれいでポストカードにいいですね。
熊さん、よく見ると置物ってわかりますが、パッと見ただけでは本物って思います。
背中は見せてはダメって聞いたことありますが、落ち着いて行動は難しいですね。
会わないようにするのが一番かな。
2016年09月02日 13:29
こんにちは。
なんて美しい写真なんですかー!うっとりですね。美しい日本の自然が、いつまでもありますようにと、祈らずにおれない写真です。
今月は、瀬戸内にいらっしゃいますか。うちの近くですね。撮影旅行、成果が楽しみです。
クマ対策、真剣に読みましたよ。
2016年09月02日 20:54
猫ねこネコさん
円山公園のシマリスの写真は比較的近距離で撮ってます。2m離れてないかな。ここのリスは比較的人慣れしていて、驚かせたりしなければそばに寄っても逃げません。特にお食事中は食べる方に夢中のようで。(^^;
クマ対策、理屈ではわかっていてもイザ遭遇したらなかなか冷静に対処するのは難しいかな。でも私の仲間でヒグマの写真撮りに知床に行く人いるんですよね。命知らずというか何というか…。

毎日ばらいろさん
私は日本という国が世界で一番美しい自然を育んでいる国だと思います。自分の生まれた国という贔屓目を差し引いても。これだけ繊細な季節の移ろいを持つ国の自然を大切にしていきたいし、それを記録していきたいですね。
瀬戸内ねこ旅、今回はまた青島と佐柳島を考えてます。真鍋島にも行きたいんですが日程的にちょっと厳しそうなので次回に。今は週間天気予報が気になってます。

この記事へのトラックバック