川根の猫たちと茶羊羹

昨日一昨日と大井川鐵道に行って来ました。
SL撮影…ではあるんですが、それよりも地元の方々との新年会がメインでした。
大井川鐵道に通い始めて始まった地元の方々との交流はもう30年を数え、高齢になった方もいらっしゃいますが1月に私が撮影に出かけるといつも集まって夕食をともにしてくれます。本当に有難いことだと思っています。

画像


さてその大井川鐵道沿線、以前にもご紹介した通り私の馴染みの猫が何匹かいます。
今回も彼らに会ってきました。

画像


土曜日はいいお天気でポカポカ陽気。駅のホームは温まってヌクヌク。

画像


近くの方々何軒かでエサの世話をしています。もちろん去勢避妊手術もされていて小さく耳がカットされてます。

画像


でも不思議なのは両耳カットされている子がいることでして。(^^;
聞いたらお医者さんが勘違いしていて「去勢避妊のシルシは両耳カットだと思ってた」のだだそうな。キミ、男の子?女の子~?なんて以前は言ってました。(^^;

もう私とは顔なじみなので、こんなカッコして甘えてきたりもします。

画像


大井川鐵道は沿線のほとんどの駅が無人駅。電車はワンマンカー方式で降りるときに整理券番号を見て料金を支払います。だからどの駅も駅員さんはおらずちょっと寂しい。
でもこの駅では猫たちが駅員業務?
「7列車進入!ホームよし!」

画像


駅長さんに任命してあげたい。(^^;

ポカポカ陽気に思えても気温そのものはけっこう低い。
だから汽車の引く白煙がきれいでした…。

画像


私が大井川に行くと必ず買ってくるもの…それがこれ。

画像


茶羊羹です。
甘党の方にはオススメ。川根茶を使った羊羹、大井川鐵道沿線各所で作られていますが、どれも美味。その中で私がもっとも好きなのが駿河徳山駅近くにある光林堂さんで売っているもの。甘さをちょっと抑えめにしてお茶の風味と味が口中に広がる絶品の味です。
お値段は10個入りで1,150円。

画像


お店はこんなこじんまりとした構えなんですよ。本店は上長尾という所にあるんですが、そこは鉄道の駅からかなり離れているので買いに行く場合はやはりこの徳山駅から徒歩1分のここが便利ですね。ちなみにいろんな和菓子・洋菓子も置いてあります。甘党の方は目移りしてしまうかも。「川根路もなか」もおすすめですよ♪

駿河徳山駅。
昔ながらの小さな駅で、朝の通学時間帯だけ駅員さんが来ます。

画像


懐かしい赤いポストもあります。都会では見なくなりましたね。

画像


山がすごく間近に見える空気の澄んだ一日でした。

画像


今回の宿泊先はここ。人気のホテルでシーズン中はなかなか予約が取れません。
新年会は毎年ここのレストランで。

画像


翌日は雨でしたがのんびり温泉に浸かって。
手足を思い切り伸ばして命の洗濯をした二日間でした。

この記事へのコメント

2017年01月10日 22:18
ステキな新年会
忘れずに、いつまでも、おつきあいしてくださる方たちって、暖かいですね。
ニャンコたちものんびり暮らしているようです。
大井川鐵道には、一度乗車したことがあります。乗車してしまうと、あまり見えないので、カーブで身を乗り出すとか、ちょっと残念。
2017年01月11日 08:40
まあ、地元の方と新年会って( *´艸`)
温かい人たちなんですね。
ねこちゃんたちにも迎え入れられていて、また訪れたくなる場所ですね。
2017年01月12日 23:39
楽しい新年会でしたね 
お互いが年に一度会うのを楽しみにされているのでしょう
猫さん達ももちろん待っててくれたでしょうしね♪
猫駅長が人気なんだから、猫駅員もいいよね(笑
2017年01月13日 21:21
毎日ばらいろさん
私にとって大井川という場所は、写真を撮りに行くというよりも地元の方々と交流することが楽しみで訪れる場所といってもいいかもしれません。大切な財産だと思っています。
SL列車、乗ってしまうと先頭の機関車がなかなか見えないんですよね。それこそカーブでないと。終着千頭に着いた後、機関車のそばで記念写真が撮れる時間がありますよ。

猫ねこネコさん
温暖な気候のせいか、人々の性格もおっとりしていて居心地のいいところですね。
一度ご家族で訪れることをお薦めしますよ。
そのせいかな、ここの猫たちが人懐っこいのは。(^^;

マーシャの乳母やさん
ここの猫駅員さんは全員ボランティアさんです。(^^;
毎年の新年会。年を経るごとにお互い老けてきますが「初めてあった時は皆若かったよね」などと言って笑ってます。

この記事へのトラックバック