仔猫たち

この週末は岩手のほうに行っておりました。
猫撮りに行ったわけではないのですが、小雨降る中雨宿りしている子を見かけました。(^^;

画像


さて、ちょっと間が空きましたが前回の続き。
今日は佐柳島の猫たちの話です。
今回の行程の最後の二日間はまた佐柳島で過ごしました。前にも書きましたが、この島の良さは島全体を包む穏やかな優しい空気。猫たちもみんなおっとりしています。

画像


こんなにいいお天気が続いたのは久しぶりですね。5日連続の快晴でした。

画像


海辺でたたずむ猫たちも気持ちよさそうでした。

画像


さて、そんな島の猫たち。この頃になるとあちこちで仔猫の姿を見かけます。
とある一角で見た母猫と仔猫。ちょうどおっぱいタイムでした。

画像


都会だと、こういうシーンにはまずお目にかかれません。母猫は人目につかないところで仔猫を育てますから。でもこの島では…。

画像


普通、人が視界に入っただけで母猫は警戒して時には威嚇したりするものですが、この母猫はチラリと私を見ただけで授乳を続けていました。もちろん私も母親にストレスを与えないように過度に近づかないように気を配りながら望遠レンズを使って…。

ところがこの仔猫たちはすごく社交的。というより好奇心旺盛な盛りなんでしょうね。最初のうちは「誰この人?」てな感じでしたが、慣れてくると仔猫のほうから近づいてきます。

画像


母猫もあえて止めません。ということは、私を信用してくれているのかな?(^^;

画像


夢中になってネコジャラシに飛びついたりします。

画像


この後、兄弟でジャラシの争奪戦に。(^^;

さて、いつものお店。ここは猫が集まる場所ですが…。

画像


ここのお母さんがつい先日他の人が保護した仔猫を三匹預かっていました。今度新しく小学校跡にできる休憩施設に引き取られるということで、明日里親さんが迎えに来るんだとか。
「カラスにやられるといかんから、箱でフタをしとくんよ」
夜はお店の中に入れるんだそうですが、昼間はお店の前に出しておくそうです。その方が他の大人猫の目もあるから安心でしょうね。
ちょっと上の箱を取って見せてもらいました。三兄弟。かわいい!

画像


まだ生まれて一ヶ月ほどですね。

画像


どういう経緯で保護されたのかは聞きませんでしたが、母猫に何かあったのか、それとも育児放棄したかのどちらかかもしれません。
「ホラ、カラスに食べられたらあかんからフタするよ~」

画像


「あんたらもこの子たちよく見とってよ」
と他の猫に言ったりしているお母さんでした。

その後私はのんびり散策に出かけ、数時間して戻ってくるとお母さんは桟橋にお出かけ。

画像


ところがやんちゃな仔猫たちは箱の中で大暴れ?
周りの大人猫も「なんだ~?」という感じで…。(^^;

画像


フタにした上の箱の穴から顔を出して…。

画像


「外に出たいよぉ~!」
あらら…。

画像


とうとうフタにした上の箱、落っこちてしまいました。仔猫も一匹外に脱走。(^^;
私が慌てて箱の中に戻しました。
ちょうどそこに帰って来たお母さん。
「この箱じゃ小さいんかな。ちょっと大きい箱に替えたほうがええね」
ということで二回りほど大きい、深さのあるダンボール箱をもらってきて中に毛布を敷いて一匹ずつ「お引越し」。

画像


長年このあたりの猫の世話をしてきたお母さん、仔猫の扱いも慣れたもの。一匹ずつ首っ玉をつかんで「ハイ、今度はこっちがお家だよ~」

画像


お引越し完了。
今度は深さもあるので大丈夫でしょう。明日の朝までの仮住まいですから。

画像


今年の梅雨が明けるころにはちょっと大きくなったこの仔猫たちが小学校跡のビジターハウスで訪れる人を出迎えてくれることでしょう。楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2017年06月05日 23:10
3匹の仔猫ちゃん、新しいとこでいっぱいかわいがってもらってね。
2017年06月06日 21:57
猫ねこネコさん
ビジターハウスがオープンするのは7月ということですが、そこの看板猫になるのかな?
手放した日の朝はお母さんもちょっと寂しそうでした。

この記事へのトラックバック