塩飽本島~水軍の島の猫たち

好天が続いた瀬戸内の旅でしたが、6日目にしてとうとう予報に傘マークが。
昼前から雨…とのこと。
松山から特急で2時間、丸亀で下車し丸亀港からフェリーで塩飽本島に向かいます。

画像


昨日までとは打って変わって肌寒い。空には重ったるい雲。
風がほとんどないのは救いでしたが…。
船内、観光客らしいのは私一人。平日だし、このお天気ではね。
本島港に着いて、ちょっとトイレを借りようと観光案内所に寄ろうとしたら、その手前で出迎えてくれたのがこの子。

「あいにくのお天気の時に来たね~」

画像


気の毒がるような顔をしてました。(^^;
まあ、雨の日は雨の日で楽しまなきゃね。

古い町並みが残る笠島集落までは歩いて30分ほど。案内所でレンタサイクルを借りる手もあるんですが雨が降ってくるとなるとむしろ自転車だと動きにくい。時間はたっぷりあるんだしのんびり歩いて行くことにしました。

画像


塩飽本島。かつてこの付近の島々は塩飽水軍が活躍していた海域です。「本島」の名が示す通り、この島はその重要な根拠地であったと言われています。戦国時代に名を馳せた塩飽水軍は信長・秀吉・家康に重用され、江戸時代にはその功績によって徳川幕府に自治が認められてきました。そうした水軍の末裔たちが残した町並みがこの島には残っています。

画像


勤番所。島の4人の年寄たちが交代で島の政務を司った場所で、現在は島の歴史資料を展示する資料館になっています。

しばらく歩くと浜辺に出ます。
瀬戸大橋が指呼の間に見えます。お天気が良ければ…ちょっと残念。

画像


笠島集落に着くころにはとうとう雨が落ちてきました。

画像


ここはなまこ壁や格子窓が特徴的な江戸時代・明治時代の町並がそのまま残っているところで「町並み保存地区」に指定されています。今回この島を訪れたのはこの町並をじっくりみたいのが第一の目的でした。

画像


平日ということもあって観光客の姿はなし。ひっそりとしたたたずまい。

画像


東小路。
江戸時代そのままの町風景。よく見ると、微妙に道が曲がりくねっています。奥が見通せない。T字路も多く、敵に攻め込まれたときのことをよく考えた道路構成になっているのがわかります。水軍本拠の名残ですね。

画像


この笠島には猫も多いと聞いていました。この古い町並みと猫の組み合わせ、という写真を撮りたかったんですが、あいにくの雨で猫たちはみんな家影に避難…かと思いきや、ちょこっと出て来てくれた子が。(^^;

画像


雨に濡れた町並み。

画像


高齢化で空き家も多くなっており、そのうちのいくつかが「公開家屋(有料)」となっていますが、生活の匂いが消えたわけではありません。

画像


町はずれにあった野仏。

画像


午後2時過ぎになって雨が小降りになりました。
すると、どこからともなく猫たちが…。

画像


いままでどこで雨宿りしていたのでしょうか?

画像


このあたりの猫の世話をされている方のお宅の前では猫たちが何匹か集まってきていて…。

画像


ゴハン待ち?でしょうか。(^^;

画像


仔猫もいましたよ。

画像


でもしばらくするとまた雨が…。
今日ばかりはお天気にはソッポ向かれましたね。
それを気の毒に思ったか?雨の中茶トラ君が私をチラリと見て…。

画像


こっちに歩いてきてベストポジションでモデルをしてくれました。(^^;

画像


「もういいだろ?オレ、雨宿りするから。今度はお天気のいい時においでよ」

画像


船の時間が近づいたので、先程きた道を歩いて引き返します。
勤番所の手前まできたところで道端にいきなり顔を出したのは…。

画像


これ、シャム猫ですよね?たぶん飼い猫…。

この子、私が近づいても全然逃げません。
どころか、あとをゆっくりついてきます。

画像


ところどころで立ち止まってモデルになってくれました。

画像


勤番所の門の前でも。

画像


「また来てね!」
と言ってくれているみたいで。
頭を撫でて、カリカリちょっとあげて。

画像


うん、また来るよ。今度は季節を変えてね。
水軍の匂いと島猫。
雨にこそ降られましたが、充実した一日でした。
明日は最終日。佐柳島へ行きます。
お天気はいくぶん持ち直すようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2017年11月01日 23:12
♪ こんばんわ
雨って bokuのMODEなので
意外とスキなんですよne
でもなにかやるときは晴れてほしい
町の風景・・・イイですne
なんか猫にあっていて昔風◎
まだこのような場所があるなんて
イイna~ いってみたいです☆
2017年11月02日 00:35
雨にぬれた舗道と猫、ステキです。みかんさんを見つめる猫のしぐさもかわいい。
趣のある町並みって、意外とあちこちにあるんですねぇ。訪ねてみたいです。
2017年11月02日 11:20
ちょこんと座ってじっとしていてくれる。
ほんとモデルさんですね~。
細い路地には、雨宿りができる場所がたくさんあるんですね。
2017年11月02日 21:20
アメネコさん
私も雨は嫌いじゃないです。雨ならではの風情というのがありますよね。ただ、傘をさしてカメラ構えるのはちょっとしんどくて。(^^;
傘ささないで済む程度の小雨だと最高なんですけどね~。
昔風の家並み、本当に猫が似合います。

毎日ばらいろさん
のんびり写真撮りながらの町歩きというのは私は好きですね。絵画を見るような感覚で歩きます。
瀬戸内の島々、こうした風情のある家並みが多いです。どこの島もやはり「水軍」の匂いがしますね。歴史に興味のある方なら散策の楽しさは倍増するでしょう。私もけっこう「戦国マニア」で。(^^;

猫ねこネコさん
まるで「写真撮って!」と言われてるみたいでしたよ。観光協会の猫なんじゃないかと。(^^;
バックのいいところでポーズとってきれるんですから。
雨の間、おそらく猫たちは入り組んだ家並みの間の庇の下あたりにいたんでしょうね。止んだらゾロゾロ出てきましたから。
2017年11月04日 14:54
昔の時代に紛れ込んでしまったかのような、趣のある街並みは、写真を通しても落ち着きと安らぎ感があるのですね。
とっても素敵な写真ですね。^^
島の猫さんたちの目で何かを伝えてくれそうな表情に思わず心の中で「なぁに^^」と、言葉がでそうでした。
島の猫さんたちは、首輪はないのですね。
今回も一つ知りました。
ありがとうございます^^
2017年11月04日 19:00
花はなさん
後で見返して思いましたが、雨ならではの風情というものもありますね、街並みには。特にこの日は観光客もほとんどいなかったので尚更落ち着いた感じになっていたと思います。
チョコンと座って小首かしげてこちらを見ているとホントに「うん?な~に?」と声かけたくなりますね。(^^;
2017年11月09日 00:31
風情のある街並みですね
猫がよく似合う!
幕末〜大正時代の映画撮れそう♪
2017年11月09日 21:56
マーシャの乳母やさん
実際に時代劇の撮影行われたことあったようですよ。幕末~明治モノだったとか。
本当に猫がよく似合う町並です。次回はお天気のいい時に来たいな~。

この記事へのトラックバック