藍島・馬島の猫たち

朝ちょっと早めに湯田温泉を出発、新山口に出て新幹線で小倉へ。
小倉駅から歩いて10分弱の市営渡船乗り場から藍島行きの船に乗ります。

画像


乗船前に「整理券」が配られます。これがないと切符買えません。(^^;
だから出航直前に行くと「満員で乗れません」と断られることもあるそうで。

画像


しかし周りにいるのは釣り人ばかり。
そう、藍島というのは釣りの名所なんですよね。猫目当てで来たのは…私含めて10人いなかったような。残り大勢は全部釣り人。

馬島を経由して30分ほどで藍島に到着。

画像


今日は最高気温28℃。ちょっと暑い日でした。

画像


画像


藍島の猫たちはみんな人なつこくて、しゃがんでカメラ構えると「ニャ~ン」と寄ってきてスリスリ。
ちょっと絵作りには困るときも。
まあ、かわいいから許しちゃいます。

画像


この島は白黒基調の猫が多いみたいですね。

画像


小倉からほど近い島のため人口はそこそこあるんですが、やはり高齢者が多いようです。

画像


猫の多い島って例外なく高齢化率高いですよね。程度の差こそあれ。
まあ日本全体もそうなんですけど。

画像


港にいた黒猫の兄弟。

画像


暑い日でしたがしっかりモデルをしてくれた子も。

画像


決して広い島ではないのですが、猫たちとすごしているとあっという間に5時間は経過。
乗船待合所に行くと、ここにも猫が。

画像


乗客に溶け込んじゃってます。(^^;

画像


14:30の船で馬島へ。藍島からの運賃は120円。

画像


所要10分。港を出てちょっと歩くと…。

画像


猫。

画像


猫・猫・猫

画像


猫・猫・猫・猫・猫・猫…以下同文。(^^;

画像


この島の子も懐っこいです。

画像


私のバッグの上に乗っちゃった茶白くん。

画像


「それ、どうしたの?」
「ウン、このおじさんにもらったんだ♪」

画像


あげてないよ!(・・;)

画像


「いいじゃん、ちょうだいよ」
ダメ!

画像


わずか2時間の滞在でしたけど、ゆったりと猫たちと遊ぶことができました。

画像


東京より日没は遅いですが、さすがにこの季節、16時半を回ると日の光は低くなってきますね。

画像


16:43の最終の船で小倉に戻ります。
小倉から新幹線で博多へ。18時前にはホテルに入れました。

明日は相島。
明日の晩は博多の友人と飲みに行く予定なのでブログ更新できません。
相島の猫たちの様子は帰宅後にUPしますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 56

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2018年10月08日 23:15
この島の子たちは、みんなお顔がきれいね。
どこも高齢化が進んでいるんですね。
働く場所がなければ、外へ出ていくしかないですから、島には残り若い方が少ないのはしょうがないですね。
2018年10月09日 05:01
わ~~~可愛い胡が沢山。
この胡達画像を見る限りでは痩せていないので
島民の人達がご飯くれるのかな
高齢化…仕方ないですよね。
今は若い人よりも多いから。
特に島などはホント働き場所がないと
出て行ってしまうからどうしてもそうなりますよね。
我が県はその傾向にあるので残念です。
そうそう、テレビでやってましたが
今黒猫はインスタ映えしないから捨てる人が増えてきたとか。
そんなことで手放す人達の気が知れません。
飼う以上は最後まで責任持って飼って欲しいです。
写真のために捨てるなんて。
悲しすぎます。。。
2018年10月10日 16:31
福岡空港にいます。17:00のJAL便で帰ります♪

猫ねこネコさん
そう、この島の子は顔きれいな子が多かったですね。どちらの島でもかわいがられているようで。
高齢化は日本全体の問題ですが、地方や離島に老人が増えてしまうのは歴代の政策の責任ですね。大都市集中を推し進めたツケ。これから本当に方向性を変えていかないと大変なことになります。一極集中がいかに危険かは先日の災害でよくわかったはずですが…。

みるくっちさん
インスタ映えしないから猫捨てる??
というより、その人はインスタ映えのために猫飼ったわけでしょうか???
実際にそういう人多いんですよね。
猫は家族…のはずなのに、自分のアクセサリー程度にしか考えていない人が。本当に悲しいし、怖いことです。
2018年10月10日 20:30
こんばんは。
今はすっかり猫島になっている馬島は、
かつて馬がいたんでしょうね。
そのころの文献とかってみてみたいですね。
馬島は茶トラ系で藍島は黒系?
みんな可愛いですね~!
その子、カバン欲しがってるみたいだから、
もうあげちゃいましょっか(笑)

どうぞお気をつけてお帰りになってくださいね。
2018年10月12日 16:07
海抜1m、うちと一緒です~~
海と猫って風景になりますが、捨てに来るのはやめてね、と思ってます
カバンにガシっと爪をたててかなりなお気に入り様ですよ。
2018年10月12日 21:15
こんばんは(*´-`)
すごーーーーい!
ほんと、ねこねこねこねこねこ…(笑)
みかんさんには楽園ではないのでしょうか(*´艸`)
どの色のネコチャンも可愛い♪
2018年10月12日 22:30
TAMOさん
馬島の名前の由来は様々な説があるそうです。島の形が馬の頭に似ているとか、島に牧場があったとか…。茶トラの子多かったですね。
バッグは「ちゅ~る」一本あげて何とか返してもらいました。(^^;
そしたら、隣の子も「私にも!」と近寄ってきて、そのまた向こうにいた子も…。あっという間に「ちゅ~る」4本入りパックは空になりました~。

コマダムさん
猫島と呼ばれるところの悩みはそれですね。
いるそうです、こっそり猫を捨てに来る人。
ここに捨てれば幸せに暮らしていけるだろうと思っているらしいですがそれは大間違い。
猫は縄張りを作る生き物ですから、ヨソ者に対しては容赦なく追い出しにかかります。そうなれば…。(-_-;)
いや、どこが、ということではなくて捨てる位なら初めから飼うな、ということですよね~。

ちぃさん
この世に「猫の楽園」というのは存在しませんが、「猫好きの楽園」とは言えるでしょうね。
でも翌日の相島はここ以上ですよ。(^^;

この記事へのトラックバック