相島の猫たち その1

一昨日の夜、帰ってきました。
4日間のSL&猫旅、総じてお天気はまずますでしたね。
ちょっと暑かったけど。(^^;

さて火曜日は相島。
博多からJRとバスを乗り継いで1時間弱、新宮町町営渡船「しんぐう」の乗船場へ。
朝7:50発の始発便に乗ります。

画像


平日の朝一便だから空いてるだろ~、とタカくくっていたんですが、あにはからんや乗船口には早々と行列が。
ほとんどが釣り人。藍島航路のように整理券を配っているわけではありませんが、こりゃ土日だと乗れないこともあるんじゃないかな~と心配になるほど。ここも釣りの名所みたいですね。
もっとも釣り人は朝が勝負ですから混雑するのは朝一便だけかもしれないですけど。
ちなみに猫目当てで来ていた人はほんのわずかでした。(^^;

相島までは約20分。
船を降りると…。

画像


猫だらけ。(^^;

画像


相島。前日に訪れた藍島と同じく「あいのしま」と呼びます。
どちらも今は猫の島として有名になったのは奇縁というべきでしょうか。

画像


ここで猫が多い理由は他の島々と同じ。漁業が盛んだったころの名残ですね。
ここも高齢化が進んでいる島ですが、島内には小学校もあり、まだ比較的若い世代の方々も多い点が他の島とはいくらか違います。
様々な紆余曲折を経て、現在では人と猫がうまく共生している数少ない島だということができるでしょう。

画像


集落や港のどこを歩いても猫の姿を見ない場所というのはほとんどありません。そして住民の方々も特にそれを意識することなくごくごく自然に歩いている。
猫とベタベタ接するでもなく、無視するでもなく。

画像


もちろん住民の方皆が猫好きというわけではありません。中には猫嫌いの方々もいるはずです。それでも、「もう長年一緒に暮らしてきたんだから」という感覚で自然に付き合っている、そんな感じが伝わってきます。
かつての昭和の時代の下町に近い感覚。
「道に猫がいるのは当たり前」という…。

画像


近年、やおら注目を浴びるようになって外国からの観光客まで訪れるようになりました。モノの本によると「世界6大猫聖地」のひとつに数えられているとか。

画像


でも願わくば、訪れる人は静かに猫たちを見守ってほしい。
「わ~、いっぱいいる~」とばかりキャーキャー猫を追い回すことはしないでほしいですね。この日、猫目当てで上陸した人は10人ちょっとでしたが、私以外はほとんど中国や韓国からの観光客。その方々の猫との接し方はちょっと…はっきり言ってシツコイしウルサイ(特に中国の人)。猫たちも多少迷惑?だったかも。

この島では仔猫を多く見かけましたね。
生後1ヶ月くらいの小さな子から。

画像


生後3~4ヶ月の子まで。

画像


↓この子たちはちょうど猫通りの子たちと同じくらいかな?

画像


一部避妊去勢手術をされている子もいます。
増え過ぎず減り過ぎず、という形になっているのかな?

餌は島民の方々が充分あげているので、原則島内での外来者のエサやりは禁止です。
「島の駅」のポスターなどを見ると、猫を観光の目玉にしようとしているフシも見て取れないではないですが、くれぐれも行き過ぎることのないように祈ります。

島民の方々にも訪問者にも優しく接してもらっているせいか、この島の猫たちは非常に人懐こい。藍島や馬島以上です。

画像


レンズ向けるとこんなポーズ↓取ってくれたりしますし。(^^;

画像


そして人を警戒するということを知りません。
だから目の前で授乳をしたりしてます。もっともオッパイ飲んでる子、もうかなり体大きいですけど。(^^;

画像


17:00発の船まで9時間弱。
さわやかに晴れた一日、のんびりと猫たちと過ごしてきました。

画像


この日は夜博多で友人と食事をする約束をしていたのでいったん島を離れます。実はその気になれば宿泊することもできるのですが…。
翌日もまた相島に渡りました。
その時の様子は次回の記事で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 54

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2018年10月13日 05:57
おかえりなさい。
お天気にも恵まれたようで良かったですね。
シマの猫達見てても良くしてもらっているのが
分ります。
こんな人なつっこいのは島の人が優しく接しているからだと思います。
観光客が多くなって島の繁栄にも繋がりますが
猫が人を嫌いにならないように
今のままでいてほしいです。
ポーズをとる猫ちゃん可愛い(♥ω♥*)
見てて癒やされます。
もっともっと猫の写真(だけじゃなく)
楽しみにしてますね。
2018年10月13日 18:28
こんばんは。
お疲れ様でした。
ひゃ~!ここの猫ちゃんはまたカラフルですね~
確かにみんな穏やかな感じです。
でなきゃこんなにたくさんの子がお出迎してくれないか…。^^
観光の目玉に気を取られ過ぎて猫のことを忘れないであげて欲しいですね。
それにしてもみんな可愛い♪
2018年10月13日 22:13
みるくっちさん
ごはんは島の方々からちゃんともらえますしね。
どの子の顏も穏やかな表情をしています。
道の真ん中で猫が寝ていると、クルマの運転手さんは例外なく一旦停止して猫がどくのを待ちます。クラクション鳴らさずに待っている様子に島の方々の優しさを感じました。

TAMOさん
そうなんですよ。相島は猫の毛色にあまり偏りがないんですよね。どの毛色の子も均等にいるような気がします。黒猫もけっこういますしね。
猫は100匹以上いるそうですが、青島のように狭い場所にごちゃっといるわけではないので落ち着いて見えるんですよね。
2018年10月14日 12:55
おお~、猫だらけ。
のんびり、まったりと猫たちが自由に過ごせるように、観光客もルールを守らないといけないですね。
2018年10月14日 14:17
猫ねこネコさん
「猫ブーム」はしりのころは、かなりマナーの悪い観光客も多くて島の人たちのヒンシュクを買っていたそうです。最近は意識が徹底されて来たのかそういう人は減っているそうですが、外国人(特にアジア某国)の方にはマナーのなってない人も。
観光化というのはある意味そうした危うさも持ち合わせていますから、難しい問題です。

この記事へのトラックバック