Shall we dance?

水曜日の夜、鶴居村から帰還。
その翌日、「さあ、今日は早く帰って写真整理を始めよう♪」と思っていたんですが、なんと帰宅時、通勤経路の路線で人身事故!たぶんまた飛び込みだろうな~。(-_-;)
おかげで振替輸送で四角形の三辺(!)を通って帰るハメになり、早く帰るどころかいつもよりも1時間半近く遅い帰宅に。疲れ切ってしまって写真整理どころか夕食と入浴を済ませたらパソコンを開く気力も殺がれて即ベッドへ。
そんなわけで、皆さんのブログへのご訪問もすっかり間が空いてしまいました。申し訳ありません。

さて鶴居村での最終日、前日に続いて気温は高く、朝6時半で0℃。かなり暖かい。
前夜の雨は上がり空は晴れていたのですが、残念ながら東の丘の上には薄い雲が重なっていて日の出は見られず。その雲を太陽が黄色く染め上げる頃にはもうタンチョウは来ていました。

画像


太陽が昇り始めると、霧が。
この時期にこういうシーンを見られるのは本当に珍しい。

画像


ただ気温が高いので吐く息はかすか。やっとわかる程度。

画像


なかなかうまくいかないものです。(^^;
きれいに晴れて条件のいい時はツルが飛んでくるのが遅かったり、飛んできても思った位置に来てくれなかったり。そこが生き物相手の写真の難しさだし面白さでもあります。
ある意味、外猫の写真も同じかも。
それだけに「これ!」というカットが撮れると嬉しいものですがなかなか…。(^^;

画像


この日は夕方の飛行機に乗るため、鶴居を正午に出るバスに乗らなくてはなりません。宿をチェックアウトして出発までの2時間を再び給餌場で過ごすことにします。

一組の番が向き合って…

画像


片方が首を上下に振ってダンスのお誘い。
すると相方も応えて、

画像


よく「ツルのダンスの誘いはどちらがかけるの?」と訊かれることがあります。まあ社交ダンスなら男性と言うことになっているんでしょうが、ツルの場合はねぇ…???
ニンゲン界でも最近は女性の方が積極的ですし。(^^;

画像


このタンチョウの番のダンス、なかなかきれいに撮れることって少ないんですよ。
というのも給餌場にたくさんツルがいると二羽だけファインダーにきれいに入れるということはなかなかできずに、どうしても他のツルが入ってしまう。時には前を「オジャマ鶴」が横切ったり…。(^^;
でもこの日は珍しく背景にツルが居ない場所で踊ってくれました。ラッキーでしたね。

画像


くるくると円を描くように踊りながら右へ左へ。
まさに円舞。BGM流したいですね。もちろん格調高くウィンナ・ワルツで。
「皇帝円舞曲」(ヨハン・シュトラウスⅡ)がいいかな。(^^;

画像


踊りながら移動していくうちに他のツルたちの前を横切って。
夫婦はまるで自分たちの仲の良さを見せつけるように踊りに熱が入ります。
これが真冬だと来ているタンチョウの数も多いので、つられて踊りだすのもいて大輪の花が咲くように次から次へと踊りの輪が広がって給餌場は大舞踏会の様相を呈することもあります、ただ、二羽だけの写真は撮りづらいですけどね。
真っ白な雪の上でのダンスもいいけど、緑の上で踊るツルもいいものです。

画像


このダンスは長かったですね、延々5分くらい続いていました。

画像


最終日にいいシーンが見られました。
そろそろ戻らなきゃ、という時間になるとまるでそれを見越していたかのようにタンチョウたちが一斉に…。

画像


強い西風の中、くるくると円を描くようにして上空へ。
はるか高みで何度も旋回。最後のショーを見せてくれました。

画像


今度来るころには雪の反射で下の翼も白く見えるようになるでしょう。
また2月に来るよ!それまで元気で!

画像


三脚を畳み、いったん宿へ。
バスに乗る前に宿に三脚を置きにいきます。2月まで預かってもらいます。毎年のことですが。(^^;

昨日、道東は大雪の便り。
雪の降り出しがが遅い今年でしたが、どうやら鶴居もそろそろ白い世界に衣替えを始めそうな気配。
今度来るときは-20℃の中での早朝撮影ですね…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2018年12月08日 19:16
お帰りなさい。
なんか疲れたご様子。
でも良い写真が撮れたみたいなので良かったですね。
鶴の写真とてもステキです。
吐く息もしっかりわかります。
鶴のダンスもなんか動画を見ているような気分になりました。
有り難うございます。
寒いところからのご帰還なので
体調壊さないようにして下さいね。
2018年12月08日 20:13
みるくっちさん
木曜日の人身事故は本当にコタエました。旅の疲れも残ってるし早めに帰ろうと思ってた矢先ですからね。当然のことながら振替輸送の改札は大混雑で…。鉄道自殺だけはほんとにカンベンしてもらいたいですね~。
写真整理、まだ全然終わってません。(^^;
2018年12月08日 21:09
たてやまには コウノトリが二羽飛来しているそうです。
見た人によるとアオサギが貧弱に見えるくらいの大きさだそうです。
こちらは暖かいところが気にいっているそうで定着してくれればなぁ~と思っています。
飛べない人間は飛ぶ鳥にあこがれが強いのかもしれないですね。
それも大きな鳥に
2018年12月09日 00:37
踊る鶴たち。
次は白銀の頃なんですね。
吐く息も白く、上も下も白一面。
ああ、寒そうです
2018年12月09日 18:58
こんばんは。
おかえりになった直後に-20℃の世界になっちゃいましたよ。^^;
でも、良いタイミングでおかえりになって良かったですよ。7日だったら欠航になってましたから。
求愛ダンスはうちに鶴が飛んできたときは大体見られます。お邪魔鶴がいないから、思う存分できるのかな?(笑)
それにしても、いいお写真が撮れましたね。
2018年12月09日 19:20
コマダムさん
館山の水田に来たコウノトリは福井で放鳥された個体のようですね。姉妹だとか。越冬地として定着してくれるといいですね。
確かにアオサギに比べたら…。(^^;
大きな鳥への憧れ。あるかも。というよりも体が大きいだけに擬人化して見ることができるんですよね。だからこそ親しみを感じるんだろうなぁ。

猫ねこネコさん
次は2月初旬。一年で一番寒い頃に行きます。(^^;
バナナで釘打てるかも。(古い!)
でもカイロ入れて防寒装備きっちりしてると晴れて風のない日中はかえって暑く感じたりしますよ。寒暖計見ると-5~6℃でも「暖かいねえ」なんて会話が。(^^;

TAMOさん
そちらの記事見て「え?」と思いましたよ。
-21℃。しかも夕方に。
それって、2月の音羽橋での早朝撮影の頃の気温ですよ~。たぶん明日の朝は霧氷がきれいでしょうね♪
TAMOさんとこに来るタンチョウ、そこを縄張りにしているんですね。ダンス見放題かぁ、いいなぁ。しかもオジャマ鶴の心配なしだし。

この記事へのトラックバック