チョビまたはオレオ (^^;

私が鶴居村で定宿にしているこのホテル。

画像


実は日帰り温泉もやっていて、けっこう釧路など地元の方も多く訪れます。レストランも併設。
ここからタンチョウの越冬時の給餌場である鶴居・伊藤サンクチュアリへは徒歩で10分。鶴居には他にも宿はありますが、私がここを定宿にしたのはこの立地条件の良さと温泉があるから。
クルマの運転ができない私にとって撮影地まで徒歩10分というのは助かります。それと、私は温泉フェチですから。(^^;
もうひとつの大きな宿である「グ●-ンパーク」にも温泉大浴場があるんですが、そこからだとサンクチュアリまでは歩いて25分かかります。

で、TAITOからサンクまではいつもこの公園遊歩道を通って行きます。ここ、ときどき目の前をこうやってタンチョウが横断することが。

画像


このすぐ向こうがサンクチュアリなんですよ。
すぐ右奥に人影が見えるでしょう?実はあの人たちはあそこで三脚を立てて向こうにいるタンチョウ(ちょっと段下になるんで見えないですが)を撮ってるんです。まさか背後をタンチョウがのんびり歩いているとは知らずに。(^^;

もう通い始めて12年になるこの宿ですが、ここには以前にもご紹介した通り通い猫が一匹います。

画像


その名はチョビ。またの名をオレオ。(^^;
男の子です。
宿のオーナーとマネージャー(オーナーの奥さん)は「チョビ」、厨房にいる息子さん夫婦は「オレオ」と呼んでます。どちらの名で呼んでも「ニャ?」と返事します。

画像


もうここに来るようになってから5~6年になりますかね。来始めたころは仔猫の面影があったのですが、いまでは立派な体格のオヤジ猫。(^^;

画像


一説には鶴居市街のボス猫では?とも。
朝と夕方、ゴハンをねだりにきます。さすがにホテル&レストランなので、中で飼ってあげることはできずに「通い猫」扱いですが、厨房の裏でいつもマネージャーからゴハンもらってます。
一応寝床も用意されていて時々そこで寝てるようです。

画像


2月の厳冬期は外は-20℃になることもざらなこのあたり。それでもこのチョビに限らず、このあたりの外猫は平気で雪の上を歩き回っていますね。そして例外なく皮下脂肪をたっぷり蓄えてます。
北国の外猫の標準体型。(^^;

画像


だから食べっぷりも豪快。

画像


ときどきお皿持ち上げちゃいます。(^^;

画像


レストランだからときどき残ったお魚なんかももらえる♪

画像


チョビにとってTAITOは最高の縄張り。
でもけっこうあちこちにも出掛けているようで、そうなると当然ながら他の雄猫とのケンカも多いようで…。ついこの間も大ゲンカして帰ってきてマネージャーが薬つけてあげたとか。
ちょうど額のあたりを縦にひっかかれたようで…下の写真だとかすかにその傷跡がわかるかな。

画像


まるで早乙女主水之介。(^^;
「この額の傷を何と見る!天下御免の向こう傷。人呼んで旗本退屈猫~!」
古くてスミマセン…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 84

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2018年12月12日 23:23
こんばんは(=^・^=)
温泉フェチ良いですね。
私の所はあまり温泉がないので
つかってのんびりするのは何年かに1度くらいです。
この時期はとても温かいでしょうね。
凄く近場にツルが居るんですね。
ホント前に居る方達全く気がついてないですよね。
チョビちゃんこの冬頑張って乗り切ってほしいです。
寒いところに居る外猫たちは
大変だと思います。
でもチョビちゃんはご飯ももらって
美味しそうに食べている姿を見ると
それだけで心がホッとします。
パソコンで見てると傷跡がわからなくて
スマホで拡大して見たら真ん中有るのがそうなんですね?
かなり大きな傷じゃないですか?
でパソコンでコメントを書いてるときに見たら
はっきり見えるじゃないですか~~~
ヤッパ外の暮らしは大変だなっと思っちゃいました。
チョビ君今度みかんさんが来たときも
元気で向かえてあげてくださいね。
2018年12月13日 18:31
こんばんは。
チョビちゃんはかなり恵まれた方ですね。
ホテルとの専属契約してる子は強いかも♪
北国の外猫は実は標準より小さいんですよ。
エネルギーをそれほど必要としないで済むように小さいのか、栄養の関係で大きくなれないのか、
農家猫は特に小さい子が多いです。
大きい子はやっぱり恵まれた環境下にいるみたいです。うちのいともすっごく小さかったです。きのも保護した時は2キロしかなくて、保護した途端に巨大化しました。
シニア越えも難しくって、寿命も短いんですよ。
チョビちゃん、シニアになる前におうちの子になれたらいいのにな~なんて思ってしまいました。
2018年12月13日 21:10
みるくっちさん
けっこうあちこちでケンカしてくるみたいで…マネージャーが心配してます。(^^;
それでも以前この宿にやっていた仔猫には優しく接していて一緒に寝たりしていたんですが、その子はその後行方知れず。
サンクチュアリにも大きな黒猫が時々顔を出してタンチョウと遊んで?ます。
飼い猫・野良猫入り乱れているんでしょうが縄張り争いは熾烈なようで。
外で犬よりも猫の方をよく見るというのがこのあたりの不思議。(^^;

TAMOさん
北国の外猫は標準よりも小さい??
そうなんですか?
となると、チョビや私が見て来た猫たちは例外と言うか恵まれた環境下にいるということですね。言われてみれば茅沼の「憩の家」にいる猫にしてもそうですけど、食生活に不自由しない縄張りを持っているというか「半飼い猫・半野良」状態の子ですよね。
チョビ、たぶんシニアになったら息子さん夫婦が引き取るかも。ホテルとはお住まい別ですから。
2018年12月13日 22:10
暖地にいても丸々しているのは・・・冷たい雨が降っても出かけるためかもしれない、と思っておきましょう。
シロは昼間Sさん宅の庭に用意してもらった座布団の上で昼寝をしています。
置き去りにされても幸せだと思います、少しですがね。
2018年12月14日 12:43
こんには、草凪みかんさん\^^/。
鶴居村タンチョウ、た~くさん居ますよ情報、遊歩道歩く姿です。
寒~い場所での、通い猫、冬でもニャンですね。
2018年12月15日 16:46
コマダムさん
これから外猫にとっては辛い季節です。
寝床を与えてもらっている子はまだいいですが、家々の軒の間で冬を過ごす子も。
どうにかしてあげたいけど…全部の子は救えない。
せめて一匹でも。ね。

おーちゃんさん
タンチョウは年を越した頃には鶴居村全体で300~400羽集まってきます。ただ、あまり多くても写真撮りづらいという点があって…。
雪の中、タンチョウと猫とのコラボがたまに見られますよ。その子、飼い猫みたいですけど。太ってるから。(^^;

この記事へのトラックバック