旅をしていて思うこと…

月曜日、NHKで「鶴瓶の家族に乾杯」を見ていたら、山口県の祝島が舞台になってました。
オープニングで「上関町」と出てきたのでもしかしたら…と思ってたら、ズバリでした。

実は私は一昨年の秋、この島を訪問しています。
番組の中でもチラッと触れられましたが、この島は猫の島としても有名なんですよね。とは言っても佐柳島や青島のようにメッチャたくさん猫がいる、というわけではないのですが。

画像


番組でも紹介されていたように、美しい風景と気さくで明るい島民の方々。私は一泊しかできませんでしたが、何日でも滞在していたくなるような素晴らしいところでした。ついでに言えば、海の幸も美味しくて♪
2年前の旅を記した過去記事はこちら↓です。猫たちの写真もあります。
https://neko227.at.webry.info/201710/article_6.html

今回の番組で中で印象に残ったのは、この島の方々の中には他県から移住されてこられた方が多いということ。それも若い世代の方々が。そして祝島で生まれ育って今は島を出て本土の学校に通っている若者が連休に帰省してきて「卒業したらいずれは島に帰って暮らしたい」と言っていたこと。

私が訪れた2年前にもちょっと聞いた話ではありますが、この島の活気というのはそれがもとになっているのかな、と。

私は猫に会うためにさまざまな島を訪れます。でもどこの島に行っても、感じるのは島民の方々の高齢化。

画像


平均年齢65歳以上という島も珍しくありません。一方で若い人たちは皆島を出ていってしまって戻ってこない。島の人口は減る一方。以前紹介した青島のように住民が一桁になってしまってとてもこれからずっと猫の世話ができないというので、泣く泣く全頭去勢避妊に踏み切ったようなところもあります。

画像


そうした島を安易に「猫の楽園」と呼んでいるマスコミやサイト、果てはインスタグラムは枚挙にいとまがありません。でもこういう現実をどれだけの人がわかっているのでしょう?
猫に優しい島の人たち。でもほとんどみんなおじいちゃん、おばあちゃん…。

画像


この人たちがいなくなったら猫たちは…。

画像


地方の過疎化、高齢化…今に始まったことではありません。しかし、国はこれまでいったいどれだけの対策をしてきたのでしょうか。「地方創生」…その言葉は美しい。しかしその実は?いったい何をやって来たんでしょうね。むしろ現実は大都市への集中を助長するような政策ばかりとって来たんじゃないかと。

こんな国は日本だけなんですよね。欧米各国を見てみると多極化ということを長い年月をかけて推し進めてきているのに。今、たとえば東京に震度7の直下型地震が来たら恐らく国の機能は完全にマヒするでしょう。それがわかっているのになぜなんでもかんでも東京大阪なのか…。多極化のためにはその土台となる地方に力を蓄えなくてはいけないはず。

画像


そしてそれは、私たち自身についても言えることです。
「離島ツアー」に喜んで行ってみたはいいものの、現地にはお店はおろか自動販売機すらない。そんな島はあちこちにあります。離島を訪れるならそんなことは最初から見切っていなきゃいけないはずなのに「なんでお店が全然ないの?」とか「自動販売機くらい置いてよ」とか言ってる人が多いこと!

自然の中のいい景色は見たいけれど、都市生活を引きずったまま旅をしている人、多いですよね。だから泊りはきれいなホテルじゃないとダメだとか民宿なんかイヤだとか…。
旅に出るとやたら大荷物を持っていく人がいますよね。家財道具一式をたかが二泊三日の旅で持っていくの?と言いたくなるほど。要は旅先でも「都会生活」を維持したいんだろうな…。

画像


だから旅に出ても仲間内とは会話するけれど、現地の人とは触れ合おうとしない。
そういう私たち自身の意識を少しずつ変えていかない限り、本当の意味での過疎化の歯止めにはならないと思います。少々きつい言葉でいえば都市に住む人間が無意識のうちに「上から目線」で地方を見下しているのが多くの日本人の「旅行」の現実。

せめて、旅に出たら現地の人と話してみようよ。仲間内のおしゃべりだけじゃなくて…。
私もまだまだ偉そうなことを言える状態ではないけれど、旅に出たらそこの人たちとできるだけ会話を交わすようにしています。そうして知り合いになれば「また行きたい」と思えるようになるから。
そうしているうちに「行きつけの場所」になって、いずれは「住んでみたい」と思う日が来るかもしれない。

画像


佐柳島では、高齢化の進む島に若手のご夫婦が移り住んで宿をオープンさせました。ネコノシマホステル。
後に続く人が出てくれば島にも未来が開けてきます。
そして日本人の「旅」の意識が変われば、そうした過疎化への一つの対策の端緒になるのではないかと考えている昨今です。
そして、今回の番組で紹介された祝島の若者たちの言葉になんとなく救いをみたような気もしました。

P.S.
先日の瀬戸内島めぐりの旅日記、2日目まで書きあげました。
ブログでは紹介できなかった写真も多数載せておりますので、よろしければご高覧ください。
↓直リンクです。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kemunyan/nekotabi000.html
以下徐々に書き足していきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 93

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年06月19日 22:42
こんばんはo(*^▽^*)o~♪
今週「鶴瓶の家族に乾杯」見逃しました。
残念です。。。
「上関町」いいですね。
移住されている人や若い人が帰りたいという島
あまりないですよね。
今は何処の島も高齢化しています。
猫が居る居ないにかかわらずです。
日本の高齢化が原因なのでしょうね。
私の県も高齢化率NO2の県です。
今息子の居る地区では若い子が少ないと言っていました。
なのでコンビニも作らないのでしょう。
スーパーに行くにも車で20キロ先まで行かなければなりません。
お年寄りはそんな遠いところまでひとりで買い物に行くことは出来ませんよね。
もっと市や県がちゃんとしてほしいと思います。
HP見てきました。
ブログと違って画像が大きいので猫の表情がよくわかります。
でやはり感じたことは
みかんさんプロじゃないの?です。
そうそう、飛びねこさん保存させてもらってかまいませんか?。やっは好きです。飛び猫(^^ゞ
2019年06月20日 11:59
限界集落問題はホント悩ましいです。若い人が去った村・町で何が出来るか?。猫だって悩んでるかも知れませんね。
2019年06月20日 21:14
みるくっちさん
もう高齢化自体はやむをえないことなので、それに対処した高齢者目線の政策をとってほしいんですが、なぜか遅々として進まず…。弱者切り捨てになってますよね。
年寄りに「都市に移り住め」と言うのではなく、できるだけ若い世代が地方に入り込むのが理想ですがこれもなかなか難しい。
「都市がいい」という価値観を徐々に変えていくこと、回り道なようでそれが一番近道だと思います。そのための指針を示すのが国の役割なんですが…。
飛び猫カット、私の写真でよければどうぞ。(^^;
あれは縮小サイズなのでもし大きなサイズがお入り用ならご連絡いただければお送りしますよ。

y&mさん
限界集落…この言葉はもはや離島や山間地だけを指す言葉ではなくなってきましたね。都市周辺部でもそうしたところが増えてきています。
今更若い人を増やすのは無理なんですから、それに対応してどういう政策を採るかなんですが…。
2019年06月21日 13:59
こんにちは。
HPと過去記事を読ませていただいていたので、
こちらにコメントするのが遅くなりました。
この弟子屈にも同じことがありましたよ!
星がきれいだからって移住してきたのに、
暗いから外灯つけて!って言ってきた人がいたとか…
正直訳が分かりませんねえ~。
郷に入っては郷に従え。
販売機の灯りさえも星を見るには邪魔くさいものです。不便を楽しむことができないとこういうところには暮らせない。
ですよね。
ちぃ
2019年06月21日 15:17
こんにちは
難しいですね、
ごもっともな意見!!
だけど、ひとつ引っかかるのが、、、
面倒をみる人がいなくなるから子孫を残させないっていうのは、どうなのかな?と思ったの。
野生になるのはダメなの?
どうせ生きていけない??
でもそれも生態系の流れなのかと、、、
私の考えは浅はかなので、分かりません
2019年06月21日 17:38
こんにちは、草凪みかんさん\^^/。
少子高齢化潮流に、若い移住者が有るってです。
達島人達との、生活画像活き活きしてしていますね。
2019年06月21日 21:16
TAMOさん
そちらも移住されてきた方多いですよね。鶴居村にもタンチョウに憧れて住みついてしまった方が。(^^;
「北の国から」の影響でしょうか、北海道移住に憧れる方多いようですが、テレビの画面と実際の生活とは違うと言うことをわかっていない方残念ながら多いです。
>不便を楽しむことができないと
>こういうところには暮らせない。
実に的を射たご意見だと思います!

ちぃさん
残念ながら現在の猫たちはおそらく野生では生きていけないでしょう、ほとんど。
何故というなら、少なくても有史以降のイエネコは人間に何らかの形で依存して生きてきているからです。これは犬も同じ。野良猫という言い方がありますが、「良」の字がついているのは人にエサをもらったり、あるいは人間の出した食べものの残りをあさったりして生きているから。完全な野生の猫は「ノネコ」と呼びますが、まず長くは生きていけません。

おーちゃんさん
祝島のような流れがどの島でもできてくれればいいのですが、現実は厳しいですね…。
猫たちの世話をしているのは島の若い人たちだった、そんな光景が見られるのが理想です。ちょっとでもそういう方向に向かってくれれば。
2019年06月21日 22:29
人も生まれ育った所、結婚してからずっと暮らした所に一生住み続けるのが難しいです。
体が不自由になればなおさら暮らすのが大変な島の暮らしだと思います。
責任をもって猫の世話をしようとすれば増やさないようにすることは大事です。
都会では自由な猫を見ることが少なくなったんでしょうね。
はなが歩いているだけでも写真を撮られますよ。
飼える環境の人は 一匹でも引き取ってくれればいいのにと思います。
2019年06月22日 07:25
コマダムさん
次の世代が居つかなくなってしまうというのは、それだけ地方に魅力がないからでしょうか…?
いやそうではないと思います。「都会は素晴らしい」という幻想に踊らされているだけのことではないかと。殺伐とした都会生活に疲れて初めて気づくのでは…。
都会に住む猫が人から疎んぜられてしまうのは人々が疲れてしまって自分のことにしか目がいかなくなってしまうからかもしれませんね。
羽田にいます。8:00の飛行機で釧路に向かいます。
2019年06月22日 22:58
都会の中でもニュータウンは限界集落ですよ
開拓し道路を作り、、、広げることしかやってこなかった行政に、都市生活を維持しながら縮小するという知恵がないのでしょうね
過疎化する地方も同じようにして廃れて行くのかもしれません
2019年06月28日 21:50
マーシャの乳母やさん
近郊のニュータウンはそういうところが多くなったそうですね。先日TVでもやっていたような…。
目先の便利さだけを追求していくだけでは、どこかで限界が来ますよね。インフラの老朽化なども含めて先見性のなさが露呈しているような。どうにもならないのかなぁ~。

この記事へのトラックバック