みんな無事です!

台風19号、過ぎ去りました。
最後の最後で私が予想していた進路よりも西側を通って行くことになり、なんと我が町のほぼ真上を台風の中心が通過していきました。夜半までは雨と風の音がものすごかったですが、日付が変わるころ雨が止んで風の音だけに。
朝6時には台風一過の青い空が広がっていました。

幸い我が町はほとんど被害を受けませんでしたが、それは紙一重の差だったかもしれない。
関東そして東北各地、かなりな被害が出ていますね。罹災された地域の方々がご無事で安全な場所に避難されていることを祈るばかりです。ひとつ間違えば我が町もああなっていたかもしれないと思うと慄然とします。

一昨日の夜、家の周りを片付け、飛びやすいものは全て屋内に。我が家は公道からやや高い台地状の場所にあるため浸水の被害はないとは思ったんですが、念のため家の南側と東側に土嚢を並べて。
万一のための避難用具と備蓄物資は万全。蓄電池もチェック。これでよし…と思ったら手抜かりに気が付いた。
それは窓。
二階の母親の部屋には窓にガラス飛散防止用のフィルムを貼ってあるんですが、三階の私の部屋の窓は何もしてない。「そのうちやろう」で忘れていた…!寝室側の東と南側の窓には雨戸があるんだけど、西側の書斎の窓は南面していて雨戸がない。(出窓なんです)
今回の台風のコースを見ると当初は東風が強そうで、南風が吹くのは台風通過後みたいなので大丈夫だろうとは思ったんですが、やっぱりそこは何が起こるかわからないのでやっぱり一応の備えを。少々泥縄気味ですけど。

nekow2019101201mado.JPG

もう今更保護フィルムなど貼っていられないので、ガムテープで補強。
いかにもやっつけ仕事というか何というか…でも何もしないよりはましかな、ということで。(^^;
朝になってこれを見たお袋が、
「懐かしいわねぇ~。昔はみんな窓はこんな風にしていたんだよ。B29の空襲があったから…」
そんなもの、懐かしがるんじゃないっ!(-_-;)
これだから戦中派は…。

そして昨日の昼間、10時を過ぎる頃から雨脚が強まってきました。ただ、風はさほどでもなかった。
午後になって市の防災無線から「荒川が氾濫の可能性があります。自主避難される方のために市のいくつかの施設を開放します」という放送が。
荒川…熊谷付近で氾濫の可能性があるとのこと。そこは我が町から直線距離にしても60kmも離れているので無関係と思いがちですが、最大規模の氾濫が発生した場合のハザードマップを見ると我が町はギリギリ浸水想定域に入ってます。浸水の予想の深さは0.5m未満ではあるんですが…。ただ氾濫発生から到達までは18時間近くかかるので今急いで避難する必要もないし、その程度なら我が家の場合自宅内の垂直避難で充分。

関東の大河川というのはなまじ平野部なだけにいったん大規模な氾濫を起こすとものすごい広範囲に被害が及ぶんですよね。荒川と利根川はもし上流で大規模な決壊でも起こればその水は埼玉を通り越して東京の江戸川区・江東区まで達してしまいます。
ただ、過去半世紀そういうことはなかった。でも今回の台風は…。

午後に入って風も強くなってきました。雨はより一層強まりネットで見ていても一時間雨量が20mm前後の時間が続きました。こりゃあ、川大丈夫かな?さすがに不安になりましたよ。
ただ、風は当初心配していたほどでもなかった。これは我が町が台風の中心の進路上にあったせいかもしれませんね。台風の中心は風が強い、と思いがちですが、特に風が強いのは「中心付近の東側」であって「中心」ではありません。もっと言えば中心から10~20km程度離れた東側が一番風が強い。中心から半径5km程度は意外なほど静かです。進行方向正面も風はあまり強くない。今回は紙一重の差で比較的風の弱いゾーンに入ることになりました。

ただ今回の台風、当初「史上最大」とか言われていましたが最大なのは「雨」のほうで「風」に関しては前回の15号のほうがすごかったんじゃないかな、という気もします。
ただ雨がすごかった…。テレビを見ているとあちこちから河川氾濫のニュース。ダムが貯水量限界に近づいて緊急放流を行うという知らせも続々と。

台風が我が町の真上を通過したのは午後10時過ぎ。しばらくすると雨の音は聞こえなくなりました。風の音だけに。
床に就いてしばし眠りに。
すると突然エリアメールの音で起こされました。午前1時過ぎ。
「利根川が栗橋町付近で氾濫危険水位に達する恐れがあります」
そして午前2時半。甲高いサイレンが防災無線のスピーカーから響きました。ほとんど昔の空襲警報。初めて聞いた…こんなサイレン。私の部屋は防災無線のスピーカーから30mと離れていないのですごくコワかった。(^^;
「利根川の水位が氾濫危険水位を突破しました。大規模な洪水の恐れがあります。市内全域に警戒レベル4:避難勧告を発令します。速やかに最寄りの避難所に避難してください。繰り返します…」

避難するといってもまだ風はかなり強く吹いている。雨は止んでいたけど。それに腰の悪い年寄り連れて公民館に行ったところでもし洪水がくればそこだって浸水するはず。だったら、ヘタに外に避難するよりやっぱり家の中で垂直避難したほうがいい。改めてPC立ち上げて利根川決壊の場合のハザードマップを確認すると栗橋付近で利根川が決壊した場合、我が町に水が押し寄せるまでは10~12時間ほどある。予想浸水深は1.0m~2.0m。冠水後、水が引くまでは半日から一日。やっぱり垂直避難だな。


お袋は2階で寝ていたので、あえて起こさずに私も再び床へ。
ご近所も似たような判断をしたようで、灯りはいったん点いたものの避難する家はゼロ。この一角はわずかながら台地になってるしね。
もう半世紀以上前の昭和22年、「キャサリン台風」が来た時にやはりその同じ栗橋付近の堤防が決壊して大洪水が起こり、その水は中小河川の決壊を誘発しながら我が町を通過して東京下町にまで押し寄せました。その時は荒川も決壊したんですよね。当時はまだ我が町も我が町の北に位置する一市二町も市街地の規模は今の十分の一以下。いわば遮るものがない状態でしたから浸水の深さもかなりなものだったそうです。ただ現在は当時とは比べ物にならないほど途中に多数の建造物があるため勢いがかなり減殺されるでしょうが。
とはいえ上流の下久保ダムや川俣ダムが緊急放流を行うという話でしたから、果たして利根川が持ちこたえてくれるか…。

朝5時半。空はきれいに晴れ上がっています。
念のため、一階に置いておいた避難用具や備蓄食料を二階に上げて再びPCのスイッチを入れて国土交通省の防災情報ページを開き、利根川・栗橋観測点の水位を確認すると、氾濫危険水位の8.9mに対してまだ9.32mと高いものの、「下降中」の表示。予定されていた川俣ダムと下久保ダムの緊急放流は中止されたとのこと。やれやれ、これならなんとか持ちこたえるだろう。もう雨も止んでいるし、今日は一日晴れの予報だし。

猫たちが心配だったのでいつものように猫広場に行ってみることにしました。
その前に我が町中を流れる大落古利根川の様子を見ていくことに。

nekow2019101301hurutoe.JPG

かなり増水してはいたものの、水面から両岸まではまだ5~6mの余裕がありました。このあと水位は下がっていくでしょうから大丈夫かな。ちなみに「古利根川」という名前がついていますが利根川とはつながっていません。

避難勧告はまだ発令中でしたが、ほとんど誰一人避難してないんじゃないかな?犬の散歩をしている人と何度も会いました。立ち話をすると、
「逃げろったってねぇ~。奔流がくるわけじゃなしジワジワ増水していくんでしょ?それも半日くらい後で。氾濫予想地点から20kmも離れているんだから。で、また半日で水が引くなら自宅の二階に上がった方がいいよねぇ」
確かにそう。途中でこの古利根の決壊誘発したら怖いけど。それでも垂直避難のほうが正解だよね。
そういう意味では今回の市の防災無線、「問答無用でみんな避難しろ!」みたいな伝え方はどうかな~、と。(^^;

さて猫広場。
私の姿を見て駆けよってきた三匹。
(歩きながら撮ったんでちょっと手ブレしました。すみません)

nekow2019101302hiroba.JPG

無事だったんだね。
この子たちがあの豪雨と暴風の中大丈夫かと気が気でなかったですが、ちゃんとシェルターに入ってくれていたようで。


nekow2019101303aimoka.JPG

風で自転車がいくつも倒れているのがわかると思います。
鳴きながら迎えにきたモカちゃんと愛ちゃん。

nekow2019101304chamy.JPG

チャーミーも来ました。

nekow2019101310ai.JPG

愛ちゃん、怖かったかい…?

nekow2019101308ai.JPG

「怖かったの。ホントにホントに怖かったの!」
でも頑張ったね。もう大丈夫だよ、台風行っちゃったから。

nekow2019101306ai.JPG

よしよし…。

さあ、朝ゴハン。みんな食べな~。お腹空いてるだろ?

nekow2019101330neko.JPG

昨日の夕方はあの暴風雨。さすがにお母さんもゴハンをあげに来ることはできなかったはずだから。

愛ちゃんはいつもの通りゴハンの後の「ちゅ~る」。

nekow2019101309ai.JPG

今朝はいつになく長い時間しゃぶっていました。もう中身ほとんどなくなっても。

nekow2019101311ai.JPG

それにしても、もし本当に利根川が氾濫してここに水が押し寄せるとしたら、この子たちはどうするんだろう…。
世話をしていると言いながら自分の手でこの子たちを守ってあげられない今の自分が歯がゆい。
でも大丈夫だよね、今までも切り抜けてきたんだし。あのシェルターの上に上がって水が引くまでの半日耐えることくらいできるよね?そう信じたい。

三匹の無事を確認してちょっとホッとして今度は猫通りへ。
駆けてきたのはミーちゃん。

nekow2019101312mi.JPG

続いて咲が飛んできてゴロン。

nekow2019101313saki.JPG

よかった。君たちも無事だったんだね♪

「いざとなったら、この子たちは家に入れてあげてもいいよ」
そう言っていたSさんですが、今回は風があまり強くなかった(もともとこの細い路地は風が通りにくいんですが)こともあってか、二匹ともSさんの家の軒下で台風をやりすごしたようです。
こんな感じになっているんですよね、軒下は。

tenki032saki.jpg

咲が座ってるネコハウスの後ろがちょっとした棚になっていて、向かい(つまりこの写真を撮っている背中側)にある家の広い玄関がちょうど風除けになります。しかも右奥に隠れることもできるんで、雨風を除けるには最適なんです。Sさんがわざわざ作ってくれたんですけど。

怖かったかい?咲。

nekow2019101314saki.JPG

「ウン、怖かった♪」
怖かったって顔じゃないな。(^^;
「面白かった~」って言ってそうだけど。安全な場所を持ってるから心に余裕があるのかな?

nekow2019101316saki.JPG

通りの地面はもうすっかり乾いています。
雨が止んでからもう8時間経つものね。
ちなみに我が町は大雨が降っても排水早いんですよ。有名な「地下神殿」がありますから♪
地下放水路としては世界一の規模だそうな。他県から見学に来る人もいますよね。

「台風なんてどうでもいいから遊ぼうよ♪」

nekow2019101315saki.JPG

ハイハイ。(^^;

Kさん家のシャムちゃんも出てきました。

nekow2019101324syam.JPG

ちょうど一緒に出てきたKさんの奥さんにご挨拶。
「昨日の夜の放送、聞きました?」
「聞いたけど避難する気なんかなかったわよ。うちのダンナ足が悪いから避難所行っても苦労するだけだから。家の二階に逃げればいいことでしょ。山の中の土砂崩れじゃないんだから」
そう、それにシャムちゃんも連れていけないしね。
シャムちゃん置いていけないわよ~!!!」
そうだよねぇ…。

さてシンちゃんがいないなぁ~、と思っていたんですが、いつも通りちょっと遅れてご出勤。(^^;

nekow2019101319shin.JPG

よかった。君も無事だったんだね。
咲たちと同じ場所に一緒にいたのかな?

もし洪水が来ても、ここの子たちは通りの人が守ってくれることでしょう。
「そう、この子、以前ちゃっかり私の家の二階にあがってきたことがあるしね」
そうなの?ミーちゃん。

nekow2019101321mi.JPG

「なんのこと~?忘れたな~~」
仔猫の頃、よくKさんの家に入ったそうです。(^^;

nekow2019101322saki.JPG

「ふ~~ん、ママそんなことしてたんだ」
咲、ちゅ~るしゃぶりながら喋らないの!

とにかく、みんな無事でよかった♪

ちなみに11時、利根川上流の水位は危険水位を下回り、我が町の避難勧告は解除されました。
紙一重で災害を免れた我が町。
これは本当に紙一重の差だったかもしれないもし台風の進路がもっと西に寄っていたら…あと数時間あの雨が降り続いたら…二つのダムの緊急放流が予定通り実施されていたら…今回はたまたまそのすべてが我が町にとっていい方に転んだだけ。不幸中の幸いに恵まれただけです。

その一方で大変な被害を受けてしまった町がたくさんある。
罹災された方への思いとは別に、今度は自分の町かもしれないという危機感を常に持っていなければならないということを今回は学んだように思います。
そして必要なのは常に正確な情報をつかんで動くこと。
情報というのはやたら集めるだけでは意味がありません。いやむしろ集めた情報に振り回されて自分をパニックに追い込んでしまってはどうしようもない。必要な情報を取捨選択し、その中から自分なりの結論を冷静に導きだすことが必要なのではないでしょうか。
「情報」は集めることが大事なのではなく、それを処理することのほうが重要なのだと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 78

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年10月13日 17:29
みかんさんホントご無事でよかったですC=(^◇^ ; ホッ!
そしてブログを読みながら涙している自分がいます。
みんな無事で本当によかった。
みんなの顔が涙でよく見えません(^^ゞ
あの雨風の中こんな小さな子達が
よく頑張ってくれました。
被害地の外猫ちゃんどうなっているんでしょう。。。
でも今はみんなが無事で居てくれたことが本当に嬉しいです。
TVで川が氾濫しているニュースを見ていると
大丈夫なのかなと何度思ったことでしょう。
猫広場の子、通りの子合ったことはありません
でももう我が子のようになっている自分にホント驚いています。
そしてみかんさんの行動力判断、頭が下がります。
私も2階までの浸水経験者です。
その時は垂直避難で屋根の上でずっと助けを待っていました。
まだ子供だったのでそれが咲ちゃんのように嬉しくてw
でも今の自分だったらいろいろ考えちゃって親のことを考えたら
大変だったと思います。
ほんとうに沢山の所で被害が出ています。
祈ること、心配することしか出来ませんが
一秒でも早く今までの普通の日々が戻って来ることを祈っています。
2019年10月13日 23:26
みんな無事です!ってMIKANさんのタイトルにあるのに!
全員のお写真見るまで心配しちゃって!とんだあわてんぼうな私でした!
15号も風がヒドかったけど・・・昨日もやっぱり!凄かったですね~~!!
その上!地震ですよ~~!!結構!大きくて!もう!台風と地震と同時に来たら!こんな怖ろしいことってないでしょう!!
自然災害!って4文字で片付けられない話ですよ~~!!
でも!MIKANさんのご自宅も何事もなく!ご近所や!勿論!外の猫たちが無事で!なによりでした!
ちなみに!我が家は!台風の一番ひどいとき!ちろちゃんが!添い寝してくれて!私は爆睡してました~~!てへ!
2019年10月14日 01:08
こんばんは。
みんな無事で良かった!
本当に良かった!
お外の子たちはホント心配です。
そうそう、私の友達も今回の台風は
雨が凄かったと言っていましたね。
あの雨量ですもんね。
朝のニュースみて愕然としましたよ。
みんなは川のそばじゃなかったかな~とか
草凪みかんさんも、大変な時に、みんなのごはん
本当にお疲れさまでした。
すぐに更新して、知らせてくれてありがとうございました。
2019年10月14日 09:15
よかった~!!
みんな無事で、元気なんですね。
ほんとに心配しましたよ。
直撃なんですもの。
早くに知らせてくださって、ありがとうございます。
2019年10月14日 09:36
みんな無事だということで本当に安心しました。台風は思ったより早い速度で抜けていきましたがその被害は恐ろしいですね。今朝のニュースでは千曲川の氾濫で一番浸水したところは4メートルも達していたとか・・・。
外にいる猫ちゃんたちは心配ですよね。でも避難場所があって良かったです。
2019年10月14日 11:02
台風への備え、やはり窓ガラスが心配ですね
TVニュースでも見ましたが、
殆どの店は養生テープが売り切れたとか
各地の河川の氾濫、水没に胸が痛みます
結果的にそちらは被害がなかったようで、
そしてニャンズたちも元気で安心しました
夜の警報放送には驚かされますね
自分は携帯に警報が入るようになってるのですが、
夜中に鳴ったときは驚いて目を覚まし、
安心を確認しても、以降もう寝付かれません (・_・;)
2019年10月14日 12:09
みるくっちさん
ご心配をおかけしました。皆元気です!
外猫の宿命ではあるんですが、こうした悪天候となるとこちらとしては祈るしかありません。
猫通りはともかく、猫広場の子たちは…。
各地で大きな被害が出ました。被災地映像見ると胸が痛いです。
家を流されてしまった方、収穫目前の作物を根こそぎ泥の中に失ってしまった方…。
運命の歯車が一つ狂えばそれは自分の身に降りかかっていたかもしれないことです。
この日本という国で暮らす以上、常に覚悟と備えが必要だということを痛感しますね。
そして、今回大きな被害を被った地域の猫たちはどうしているんだろう?
愛猫がいるから避難したくてもできない、という思いを抱いて家にとどまった方もいるんでしょうね。

サバさん
地震ありましたね。こちらは震度2でしたが、そちらは3だったかな。
あの状況で強い地震が来たらもうどうしようもないです。
東京下町は台風よりも東側に位置するかっこうになったので風がかなり強かったでしょうね。
でも何事もなくてよかったです。
一番荒れてる時に爆睡、というのはある意味正解かも。(^^;
家にいる以上慌てても仕方ないし、避難が必要なら大音量で防災無線が鳴るでしょうから。

TAMOさん
雨はすごかったですね~。
どこのお天気サイトも時間予想雨量については少々甘く見ていたようです。
予想12mmとか15mmとかなっていましたけど、実際はどの時間帯も20mm超。後から実績値で修正が入って。
思わず「ずいぶん見通し甘いじゃん!と思わずツッコミたくなりましたよ。
特にtenki.comが雨量少なめに予想してたな~。ウェザーニュースのほうがまだ実際に近かった。今回に関してはですけど。
昨日の朝は前日の時点でもう晴れることがわかっていたんで、予定通りゴハンあげに行きました。
前日の夜はもらえていないはずだから。

毎日ばらいろさん
すぐに記事を書く余裕があったということは幸いでした。
それでも午前中は利根川の水位がまだ気になって、避難勧告解除された後も繰り返し国土交通省のサイトで水位を確認してました。午後になって「もう大丈夫だろう」と。
猫たちはみんな元気です!
今朝もいつも通りに甘えてきましたから。

りんママさん
千曲川や那珂川、そして阿武隈川…。
関東東北の二十数カ所で決壊が起こったんですよね。
一面水があたりを覆いつくして。
決壊箇所の幅だけを見ると、あれだけの広範囲が浸水してしまうなんて信じられないですが、それが現実。
だから流域面積日本一の利根川がもし決壊したら…おそらく首都圏の機能は一時停止しているかもしれません。
そういう意味では今回中止しましたが緊急放流の是非というのは考えさせられるところもありますね。

T&Mさん
うちは買い置きがあったんですが、昨日隣のご主人と話したら金曜日の夕方に買いに行ったらどこもかしこも売り切れだったそうです。これは乾電池も同じだったそうで。
全国で度重なる災害が発生していてその報道を見て皆さん学習しているんですよね。
今回はたまたま買い置きがあったからよかったけど、普段から用意しておかなくてはいけないな、と改めて思いました。
平時に備えをしておかないと…。
夜中の警報チャイム、えもいわれぬ恐怖感に襲われます。(^^;
ロシアンブルー
2019年10月14日 14:55
こんにちわ。
台風19号は物凄かったですね。
12日の午前中、娘から家族グループラインに避難勧告が出た==どうしよう?
江戸川区も危険区域、避難の準備をして学校へ行くよう指示。
午後、ウトウトしているとスマホがけたたましく鳴り(@_@)、荒川レベル4
息子から来るよう言われたが、即、ご近所さんが集まり上階への垂直避難できるよう許可もらい、取り敢えず安心。夜中の風は怖かったです。
昨日の朝は惨状に驚きました。荒川ロックゲート凄い!
2019年10月14日 15:26
人も外の子たちもみんな無事で良かったです。

避難場所が猫たちにあることがうれしいですよ。

今朝は冷たい雨が降って、晩秋のけはい、また外猫たちに厳しい季節がやって来るのですね。

ヨシ、みんな みかんさんに いっぱい栄養を付けてもらうようにね。
2019年10月14日 17:40
窓ガラスに貼られたテープを見てお母様と同じ感想を持った私 オホホホ
夜中にエリアメールが来たけど、それから避難って言われても難しいだろうなと思いました
幸いマーシャ地方は水没・土砂崩れの危険度はかなり低いですが、何があるかわかりませんからね
昔に比べ治水事業も進んでいるけれど、昔はなかった危険も増えているでしょうから
毎度人ごとと思っていてはいけないのでしょうね

何はともあれ、猫広場のみんニャやお世話のみなさんがご無事で何よりです
2019年10月14日 18:42
こんにちは。草凪みかんさん\^^/。
猫広場のみなニャン、無事!、良かったで
す。
みなニャン不安一夜を過ごし、草凪みかん
さん登場で、ど~んなに安堵したことでし
ょう。
みなニャンの顔、食欲が物語っています。
地下神殿、TVで何度か見ました、この
様な施設を、ど~んどん整備して欲しい
ものです。
  >コメントありがとうございます。
   柏も紙一重で、被災少なく済み
   ました。
   被災された方々、お見舞い申し
   上げます。
2019年10月14日 19:55
ロシアンブルーさん
下町も荒川と隅田川の水位が上がって警戒レベル5だったようですね。
0メートル地帯ですからいったん氾濫が起こると町中水浸しに…。
そう言うとき高層階の方々のご理解を得て垂直避難ができるというのは幸いですよね。
こういう時は助け合い。
いろんなサイトで写真拝見すると荒川の水位もすごい状態になってましたね。
荒川区にいる幼馴染と電話で話したら隅田川もすごかったそうな。彼の家、堤防から500mしか離れていないんですよ。
生きた心地がしなかったそうです。

コマダムさん
そちらは大丈夫でしたか?
前回の台風の被害がまだ癒えていないところに今回の19号ですから心配していました。
しかし予想とは裏腹に風よりも雨。
危険半円の東側より台風はるか外側の北側に雨雲が集中したおかげで大河川の上流域に大雨が。
猫広場も猫通りも猫が逃げ込む場所がちゃんとあるのが救いです。
ただ、一般の外猫たちはどうやってやり過ごしたんだろうと思うと…心配です。
今日は肌寒い一日でした。この台風を境に一気に季節が進んだ感じですね。

マーシャの乳母やさん
やっぱり戦時中の窓を想像しました?
連続テレビ小説なんかでよく出てくるから意外にみんな知ってるんですよね。(^^;
必ず戦時中のシーンあるから。
今回思ったのは上流ダムの緊急放流ってどうなの?ということ。
普通の台風と違ってこれだけ超大型だと間違いなく豪雨が来るのがわかるわけだから、台風が近づく前に段階放流して水位を下げておくという措置が取れなかったものか…。下流域の住民の安全と引き換えにダムを守っているんじゃないかという誤解を生まないためにも。

おーちゃんさん
昨日から今日にかけて今度は利根川下流域が危険水位を突破したようでしたが、どうやら持ちこたえたようでよかったです!
台風が行きすぎてもすぐ丸二日になりますが、まだまだ気がゆるめられません。
今日明日の雨はさほど問題ないでしょうが、願わくばしばらく好天が続いてくれることを祈りたいですね。
2019年10月14日 22:25
猫ちゃんたち無事でよかったですね!
さすが外猫、安全な居場所を確保してるんでしょうね。
人間が情報を得て取捨選択して動くのがまちがいないですが
猫は経験と直感で正解を導いているんでしょうか(=^・^=)
それにしても高齢者の方のTVインタビューで
まさかこんな静かな川がこんなことになるなんてと
答えてましたが、自然災害に対しては過信は
禁物だと改めて思いましたね。
2019年10月15日 09:34
おはようございます
キャツズは何時もと変わりなく
良かったです
風60メートルの報道
心配しましたが
さほどでなかったですね
2019年10月16日 20:48
kyoroさん
外猫たちは日頃の経験で安全な場所というのはそれぞれに見つけているのでしょう。
私たち人間が想像する以上に身の処し方を心得ているのかもしれません。
最近の災害はこれまでの経験則からは測れない被害をもたらしています。
「これまで大丈夫だったから…」というのはもう通用しないというのを心しておかねばいけないですね。

すーちんさん
そう、台風が来る前は新聞もTVも「風速60mのスーパー台風」という言い方ばかりしていたので、風の強さばかり気にしていましたが、実際にはすごかったのは雨の方で。
15号の時の暴風の記憶が冷めやらなかった分、逆に雨への意識が知らず知らずのうちに薄くなってしまっていたのかもしれません。
どちらも怖いのに…。