怪獣大戦争

三が日も終わって、お正月モードから通常モードへ。
今日は一日が長かったという方多いでしょうね。
私は今年からソレだけはなくなりました。(^^;

4日の日から病院へ面会に。で、今日も。
母親ですがリハビリがだいぶ進んできて、歩行器使いながらですが院内の廊下を歩けるようになりました。今日はコルセットをつけたままのシャワー。これは私もコルセット着脱介助の練習を兼ねてお手伝い。だいたいコツはつかみました。
来週くらいには今後の見通しが先生から示されると思います。

さて正月三が日は家でのんびりしたんですがTV見ててもバラエティばかりで飽きるので(箱根駅伝はしっかり見ましたけど)、時々古いビデオなんかを引っ張りだして視てました。
また東宝特撮などを。
子供の頃に帰って?怪獣映画。(^^;

nekow20200106godira02.jpg

この「怪獣大戦争」という映画、私が小学校1年の時(1965年)に公開された映画で、さすがに劇場では見てません。
確かテレビで放映されたのを見たのが最初だったかな。

東宝のゴジラ映画ってもともとは「反原水爆」という重いテーマを背負ったシリアスな作品で本来は「大人向け」の映画だったんですが、徐々に登場怪獣が増えるにしたがってその元々のテーマ性が薄れていき、怪獣同士の「対決もの」がメインになっていくとテーマ性よりも娯楽性を追求するようになっていったんですよね。
ま、そのほうが興行成績が上がったからでしょうねぇ。テーマ性よりも収入、ということで。

ゴジラ自体の性格も「キングコング対ゴジラ」「モスラ対ゴジラ」あたりまでは完全な悪役、というよりも原水爆という人類が犯した最大の過ちの化身として描かれていたものが次第次第に「人類の味方」にシフトしていきます。その過渡期にあったのがこの「怪獣大戦争」という映画。

ただ、この映画はすごく特徴的なんですよね。
それまでのゴジラ映画は対決モノであってもストーリー自体は非常にシリアスで緊迫感と恐怖感がタップリの映画であったんですが、この「怪獣大戦争」はガラッと雰囲気が変わってしまっています。
一言でいえば、緊張感まるでなし。怪獣を使った漫才映画というべきか。
いやはっきり言って「オバカ映画」ですね。(^^;

ストーリーは…
ある日、木星に新たな衛星が発見されて「X星」と名付けられる。安直なネーミングだなぁ~。
で、そのX星からある種の電波が発信されていることがわかり、そこには宇宙人が存在するのでは?という疑念のもと、調査のため富士(宝田明)とグレン(ニック・アダムス)の2名が日米合同チームを組んでロケットでX星に向かう。

X星に着陸した二人はX星の地下に誘導され、X星人と出会う。
彼らは二人に「我々は怪物0のおかげでこうやって地下に隠れて住まねばならないのだ」と言い、やがて地上を破壊にやってきた「怪物0」を映像で見せると、それは…。

「キングギドラ!」
「そうです…あなた方はあらゆる物質に固有名詞をつけていますが、我々は全てナンバーで呼ぶことにしています」

そしてX星人からある依頼をされる。
「怪物0を撃退するため、怪物01ならびに怪物02、つまりゴジラとラドンをお借りしたい」
つまり地球上でゴジラとラドンを捕獲する許可をほしいというのだ。その代償としてX星人は地球上では完全治癒が不可能とされている(1965年当時の話ですが)癌の特効薬の製造データを提供するという。

やがて地球に戻った富士・グレンの後を追うように地球に飛来したX星人は電磁波を使ってゴジラとラドンを捕獲、X星に移送し、富士とグレンを再度「国賓」として招待し、彼らの目の前でゴジラ・ラドンをキングギドラと対決させて見事キングギドラの撃退に成功する。
その返礼として癌特効薬の製造データをテープにしたものを受け取って富士とグレンは再び地球に帰還する。
(なんでそんなデータを音声テープにするのか?とその時点でヘンだと思わないですかねぇ~?)

で、地球に戻り科学者たちの前でそのテープを再生すると…
『私はX星の統制官である…ただいまより地球全員に私の命令を伝える』
「命令だって!?」
ざわつく科学者、政治家。
『今後、地球はX星の支配下に移り植民地星となる。もしこの命令に従わないときは我々は地球人類を宇宙から抹殺する!』

キングギドラがアメリカに現れて暴れはじめた。
実はキングギドラは元々X星人が電磁波によってコントロールしていたのだった。(つまり、X星でのゴジラ・ラドンとの対決は八百長だったんですね)
ゴジラもラドンもすでに電磁波による脳波コントロールを受けており、これら三怪獣によって地球は制圧されるというのであった。
X星人は怪獣に指令を送る時間を24時間猶予すると言い、その間に降伏するように迫る。
地球側はX星人とゴジラ・ラドンの間の電磁波をなんとか妨害することで二匹の怪獣を取り返そうと必死に研究を進めるがタイムリミットは刻々と迫る…。

…というお話。(^^;
ざっと見るとそれなりにシリアスなストーリーに見えますが、実はこれ、全編オバカな描写に満ちていまして、まったく緊迫感・恐怖感を感じません。それどころか、笑ってしまう場面が多々存在します。

まずはX星でのゴジラ・ラドンとキングギドラの対決シーン。ま、八百長?なんでキングギドラがわざと負けて逃げ去るんですが、勝ち誇ったゴジラがなんと「シェー!」をしちゃうんです。(^^;
そう、この当時「おそ松くん」がTVで放送されていたんですよね。
下の「予告編」でもちらっとその「ゴジラのシェー」のシーンが見られます。


ちなみにここにテロップで出てる「キングギドラ対ゴジラ」という表題は本公開の時はなくなっていて、ただの「怪獣大戦争」という表題になってます。

このゴジラの「シェー!」は純粋なゴジラ信者?からは大変評判が悪く「ゴジラに対する冒涜だ!」とまで言った方もおられるそうで。(^^;
もともとシリアスなキャラだったゴジラがこのときばかりは完全にギャグキャラになっちゃってるんですよね。

それとX星人の描写。
行動の全ては原子計算機によって決定される。結婚すらも計算機が命じた相手としかできない、という彼らですが、その割にはやることがなんともオマヌケ。
まあ、あれだけ圧倒的な科学力を持っていながら怪獣を使うというのはたぶん自分たちの人口が極端に少なくて戦力にならないからということだろうけど、アメリカに配置しておいたキングギドラを「集中攻撃」と称してわざわざ地球上でひとつしかない(それもできたての)新兵器が待ち構える日本に誘導しちゃいます。オバカですね~。
彼らの原子計算機ってその程度なんですね。(^^;

それと、「我々は怪獣を電磁波でコントロールしている」なんてわざわざご丁寧に説明して、相手に対抗手段を取らせてしまう。バカじゃん?(^^;

で、彼らの弱点はある種の「音」に弱いこと。弱いなんてものじゃなくてその音を聞いただけで悶絶して最後には死んでしまう。
X星人の「地球基地」である目倉島という小島に監禁されていたある発明家の青年(富士の妹の恋人)はたまたま持っていた自分が発明した小型警報器(レディ・ガード~今で言う防犯ブザー)を鳴らしたら牢屋の看守が悶絶して気絶したために同じく囚われていたグレンともに脱走できた。
その時のX星人の仕草がまた笑える。
「やめてくれぇ~~~!!」
と言いながら舌をピロピロ出して。これがギャグでなくて何?(^^;

脱走してきた二人から話を聞いてそのことを知った地球側は、この音を電波に乗せて拡散放射して円盤に浴びせるという作戦に出る。
とある放送局(たぶんNHKなんだろうな)のアナウンサーが臨時ニュースでこう告げる。
「緊急放送を行います。これから皆様の受信機に不協和音が流れますが故障ではこざいません。また、どうかスイッチをお切りにならず、ボリュームを最大にして鳴らしていただきたいのです。お願い致します」
日本全国からこの不協和音が流れ、さら自衛隊も12連巨大スピーカーを載せた車両が進撃してきて円盤に直接この音を浴びせる。

たちまち苦悶するX星人、円盤のコントロールもままならなくなって、円盤はフラフラしながら逃走を始める。
この機に乗じてX星人からの怪獣操縦電磁波を遮断する「Aサイクル光線車」が登場、ゴジラ・ラドンにAサイクル光線を浴びせ、X星人の電磁波は遮断されてゴジラとラドンはぶっ倒れます。
このとき、ゴジラは「シェー」しながらぶっ倒れるんですよね。(^^;

片やX星人。
円盤の中はもう頭を抱えて苦悶するヤツばかり。統制官も例外ではない。
「計算の修正はどうした!地球基地!地球基地っ!」
応答する地球基地からは悲鳴が。
『ダメです!殺人音波が、殺人音波が!…やめてくれぇぇ~~!』
「統制官、怪獣コントロールの電磁波装置が破壊されました!」
「なにっ!」
焦る統制官。

目倉島の地球基地も同様に全員舌をピロピロ出して…
「助けてくれぇ~~!」
そこに自衛隊の攻撃が加えられ、基地の建物は破壊されていく。
「統制官、地球基地は…地球基地はもうダメです~!救助を、救助をお願いします!」
なんとも情けない声で。(^^;
統制官、それでも必死に叱咤。
「ばかっ!我々が負けるはずがない!地球に負けるはずがない!今に計算通りになるっ!」

やがて統制官の乗った円盤が火を噴き始める。
X星人だけじゃなくて円盤自体もこの音ダメなんですかね?(^^;
やがて統制官が最後の負け惜しみ。
「地球基地…我々は脱出する!我々は未来に向かって脱出する!まだ見ぬ未来に向かってな…」
次の瞬間、円盤は次々に自爆。
地球基地も自爆。
かくしてX星人は全滅。

そして電磁波コントロールを離れたゴジラとラドンが気絶状態から目覚めて、自らの本能に従ってキングギドラを攻撃。最後はラドンがゴジラをブラさげてキングギドラに体当たりして三匹もつれあって海に落下。やがてキングギドラが海から出て逃げるように飛び去っていきます。
「ゴジラとラドンは死んだのかしら?」
「いや、死にはしないよ」
そこでエンドマーク。

nekow20200106godila.jpg

まあ、この映画は怪獣同士の対決よりも地球人とX星人とのやりとり、それに何よりX星人のオバカさを楽しむ映画ですね。ほんとに全編笑えますから。ここまで間抜けな侵略者って見たことない、と言いたくなるほど。(^^;
東宝もあえてそれを知ったうえで「娯楽作品」として作ったんでしょうね。
ほんとにヘタな漫才見るよりも笑えますからぜひ一度ご鑑賞を。(^^;
「怪獣映画」というよりも「SF的ギャグ映画」と言ったほうがいいかも。

ちなみにこのX星人の統制官を「怪演」していたのは土屋義男という人で、けっこうこういう役好きだったんだそうです。劇中の「宇宙語」も彼が考えたんだそうな。
統制官がしゃべるとき、いちいち手話のようなジェスチャーを入れることがあるんですが、これがまた笑えます。
「宇宙」「平和の」「ために」てな感じで。

そうそう、「怪獣大戦争」といえば忘れちゃいけないのは…
最後の地球軍総攻撃のバックに延々と流れるこの「怪獣大戦争マーチ」ですね。
この曲、知らない人いないはず。


これ、東宝の特撮マーチ(伊福部マーチ)の中でもたぶん一番人気の曲なんじゃないでしょうか。
実は私の携帯の着信音もこれだったりして。(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 69

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年01月06日 20:55
ゴジラの「シェー」見ました!
意外といいシェーでしたね(^-^)
またまた見事なあらすじ描写と解説で
もう映画見た気になってます(;^ω^)
あ この曲だったんだ!
2020年01月06日 22:00
ポスターを見た途端 キングギドラだったっけ? と思ってましたが、やっぱり~でした。
子供の頃はわくわくしてみていたのが大人になれば なんじゃ?これ に変わっていくんですね。
大人になってみても面白いのが名作ってことなのかな?

私はガメラファンでした。
ガメラ~~ガメラ~~ 強いぞガメラ~~
2020年01月06日 22:43
お母様、順調に回復されているようで何よりですね
ゴジラ映画は最初の「ゴジラ」「モスラ対ゴジラ」ず〜っと飛ばして「シンゴジラ」しか観ていません 途中は、どうもねぇ。。。
でもこの伊福部さんの曲だけは知っています 名曲だと思います!「シンゴジラ」でも使われていてワクワクしました
2020年01月06日 23:07
草凪みかんさん 新年おめでとうございます。
お母様のリハビリ順調で何よりですね。
うちも歩行器と杖で歩行訓練やってますよ。
朝起きて仕事に出なくて良い快感?って良いでしょ。
特に寒い日とか雨降りとか、暑い日とか、交通マヒしてる日とか(笑)。
本年も宜しくお願いします。
2020年01月06日 23:13
こんばんはo(*^▽^*)o~♪
お母様順調に回復されているようですね。
リハビリは大変ですが頑張ってくださいとお伝へ下さいね。
怪獣大戦争私もその時は見てないのですが
田舎にあった小さな映画館で30円で見ました。
キングギドラを初めて見て
カッコイイ怪獣が居るんだと思ったことを思い出しました。
みかんさんは『サンダ対ガイラ』と言う映画覚えていますか?
なんかぼーっとこういうのを見たなっていう記憶が気になって
大きくなって調べて題名が分かってほっとしました。
私の中での怪獣映画はゴジラやモスラではなくこれなんですよね。
すごく怖くて今でも時々夢を見ますよ(笑)
ゴジラのシェーびっくりですよね。
しっかり覚えていますよ。
怪獣映画って不思議ですよね。
人間の敵になったり味方になったりで
この怪獣は味方って思いながら見てたら敵だったというのがよくあって
いつもその映画館で悩んだ思い出があります。
今はなくなった片田舎の小さな映画館
思い出させてくれてありがとうございます。
ちなみにそこの隣にあった製麺所のラーメン1杯20円だったのをこれまた思い出しました(笑)
でも私はみかんさんより絶対年下ですから(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
2020年01月07日 09:40
おはようございます
週一のお勤めですが~
初日疲れました~^^
2020年01月07日 10:16
kyoroさん
ゴジラの着ぐるみの中に入ってるのは中島春雄さんという人でず~っとゴジラ専門でスーツアクターを務めたんですが、さすがにこの「シェー」をやれと言われた時は面食らったそうです。(^^;
けっこう重い着ぐるみで、ああいいう動きは大変だったらしいですね。

コマダムさん
そうそう、「ガメラ」ね。(^^;
確かこの「怪獣大戦争」公開の年に第一作が公開されたんじゃなかったかな?
こっちはハナから「子供の味方」という触れ込みで。町は壊すけど子供は助ける、という。
明らかに子供層に人気が出ることを狙ってましたね。大映。(^^;
その影響もあるんだろうな~、ゴジラがだんだん善玉に変わって行っちゃったのは。
>ガメラ~~ガメラ~~ 強いぞガメラ~~
ガメラマーチ♪
そう、主題歌があった怪獣でしたね。

マーシャの乳母やさん
乳母やさん、もしかして真性ゴジラファン?(^^;
そう、ゴジラが「軟弱化」した昭和シリーズ中盤は「どうもねぇ」って言う人多いんですよね。
伊福部マーチは好きな人多いですよね、女性でも。
このマーチと「地球防衛軍マーチ」はアドレナリン出まくりになります。(^^;

y&mさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
出勤の時間を気にしなくなったのはいいんですが、
朝食づくり、ゴミだし、洗濯とけっこう朝は忙しい。(^^;
でも時計の針を以前ほど気にしなくなったのは楽と言えばラク。
歩行器で歩けるようにはなりましたが、まだまだ杖だと危なっかしい。
やはりリハビリは長い時間がかかりそうです。

みるくっちさん
『サンダ対ガイラ』!
そうそう、あれは怖いですね~~。ほとんど夜のシーンばかりだから余計に。
しかもガイラが人間を食べちゃうというショッキングな場面もあるし。
しかもラストがほとんど地獄図絵ですからねぇ。
あの映画がけっこうトラウマになってる人も多いそうで。
映画館30円、ラーメン20円。
私よりもお若いでしょうが世代的には近いなぁ。(^^;
でもそれでも当時は30円は子供にとって高かった…。
一日の小遣いが10円とか20円でしたものね。

すーちんさん
仕事始めでぐったりという方も多いでしょうね。
週一であっても、「お正月」の気分が挟まると全然違いますし。
私も去年までそうでしたけど長い休みのあとの社会復帰ってキツイんですよね。(^^;
2020年01月07日 13:03
お母様、リハビリに頑張っておられて一安心ですね
早く自宅で過ごせるようになったらいいですね
映画が娯楽で1番だったよき時代の映画、面白いです
電磁波でゴジラとラドンを捕獲できるのなら、怪獣0も電磁波でやっつけられると思うのですが・・・(^O^)
まあ、突っ込まないことですね (>_<)

2020年01月07日 18:09
こんばんは。
お母様、順調で何よりですね。
怪獣大戦争の音楽って、日本で製作された
新しめのゴジラを攻撃するときにも
使用されてましたね。
あれが初めてのゴジラとの出会いなので、
昔のを見たら映像やセットの古さをもろに感じますね。
でも、突っ込みどころ満載なんですね。
そんなにすごい科学力なら、自分たちの弱点から
何とかすればよかったのに~~(笑)
人間がガンの特効薬を知りたがってることは知ってたのに♪
2020年01月07日 21:16
お母様、順調にリハビリされて回復されてるようで本当に良かったですね。
怪獣大戦争という題目は聞いたことがあるんですが見た事はないです。キングギドラの名前は聞いたことはありますが。なかなか面白そうですね。
2020年01月08日 00:13
そうそう!ゴジラも!シェーってやってましたね~~!!
うちは3つ下に弟が居て!この手の映画はよく一緒に父と!3人で見に行きましたっけ!
でも?さすがに?最後の方は!私行かない時があって!
父と弟と二人で行ってパンフレットだけ見せて貰ったりしました・・・
女の子には飽きちゃう場面が多かった気がします!
今!見たら面白いかも知れませんね~~!!
お正月って言うとゴジラ?夏もゴジラ?そんな印象です・・・
2020年01月08日 12:44
あけましておめでとうございます

なんの記事書いてるんですかwwww
面白かったですけど( ´艸`)

見たことないけど、、、
笑える映画なんですね、
シン・ゴジラも放射能の話?
うち男の子いないし全然分からない(@_@)

アナ雪2を今度観に行きます♡
2020年01月08日 14:18
T&Mさん
そう、あの頃は映画を見に行くって年に何回かでした。
だから楽しみでした。
娯楽の王様だったかも。
昔の映画はツッコミ所は多いですけど、安心して見られましたね。
「水戸黄門」と同じで。
結末が予想できないというのが最近の映画やドラマでしけど、私は昔のほうがいいなぁ。

TAMOさん
今じゃほとんどCGでやるんでしょうけどね。
でもこのミニチュアワークってすごいですよ。世界に誇れるんじゃないかな。
怪獣大戦争マーチはもともとは「自衛隊マーチ」のようなものがあって、それを編曲したものだと思います。後発作品でも何度かアレンジされて流れてますよね。
X星人、オバカでしょ?(^^;
そこが笑えるんだけど。
ほんとに自分たちの弱点を先に何とかしなよ、と言ってあげたい。

りんママさん
昭和のゴジラシリーズの中では評価がこれほど分かれる作品はないでしょうね。
ある人は「面白い」といい、ある人は「最悪!」という。(^^;
私自身は「こういうのあってもいいじゃん」と思ってますけど。
キングギドラはこのひとつ前の作品で初登場していて、これが二回目の出演ですね。
この怪獣、負けはするけどなかなか死なないんですよ。
人気ありますしね。

サバさん
そう、自分たちだけでは行けなかったから親に見に連れて行ってもらったですね。小学校3~4年の頃までは。
お正月と夏休みに「映画まつり」みたいのがあって2本立てだったり。
確かに怪獣映画は男の子向けですものね。
あの頃、女の子向けの映画って少なくて、そういう意味では不公平だったかも。
今は逆になりましたね。

ちぃさん
上でも書きましたけど、女の子には縁が薄い人もいるかもしれないですね。この手の映画。
そう、アナ雪のような映画、昔はなかったものなぁ~。
続編、かなり話題になってますが…。
ディズニー映画はどちらかというと女の子向けにシフトしてるかな。
2020年01月08日 14:24
こんにちは、草凪みかんさん\^^/。
怪獣ものや宇宙もの、わくわくどきどき
しながら見ましたよ(^_^)v。
次の日同級生と、話し超~もり上がりで
した。
2020年01月09日 09:10
お母様、順調にリハビリに頑張っておられるようですね。
ところで自宅はバリアフリーになっておられますか?
玄関、廊下、トイレ、お風呂場等に手すりはありますか?
手すりなどは介護保険で1割でできますが、介護保険がおりてから、さらに見積もり後さらに申請したりで1か月ほどかかります。
それに業者だと結構なお値段。ホームセンターではいろんな手すりが売っています。
またリハビリ病院では自宅の状況を見て、退院を許可します。姑の従兄も玄関に手すりが無いため、それが付くまで退院が許可されませんでした。
入院費用を考えると、自分でやった方が安い場合もあります。
ただ一人で手すりをつけるのは大変なのでどなたかお手伝いをお願いした方がいいです。
今回手すりが無くても大丈夫な場合でも、今後の事を考えいろんな場所に手すりをつける事をお勧めいたします。
2020年01月09日 10:21
おーちゃんさん
お正月と夏休みにこの手の映画は多かったので、始業式の日はよく話題になりましたね。
見てないと話についていけなかった。(^^;
今は劇場よりもDVDやブルーレイで自宅で見るのが主流。
それを友達の間で貸し借りするのかな。
時代は変わりましたね。

猫ねこネコさん
廊下、階段、浴室には手すりがありますが、玄関にないんですよね。
三段の階段になってるし。
設置する予定ですが、複数業者からの見積もりを取ってる最中。
まだ介護認定度の通知が来ないんですよね。ちょっとジリジリしてます。
お役所も正月休みあったし仕方ないのかな。
今のところ回復状況を見る限りトイレは自分でなんとか行けるし大丈夫かと。
そうそう、自分で設置というのも支援センターで話ありましたが、やっぱり手間ですよねぇ。
頼んだほうが正解かと。