護国寺

前記事で書いたのと同じ日。
立石に行く前にまたちょっと寄ってきました。

もうお正月の初詣客も途絶えて静か。
仁王門をくぐり、不老門まで続く石段には人影も絶えて。
neko2020011301gokokuji.JPG

その石段を登る手前、右側に「音羽富士」とさりげなく書かれた低い看板があり、その先には「冨士道」と書かれた石柱、さらに鳥居が。
neko2020011302gokokuji.JPG

そして「登山道」。
全国に見られる富士塚のひとつです。ただ、お寺の境内にあるというのは珍しいかも。
neko2020011303gokokuji.JPG

ちょっと進んで下を見ると「一合目」と書かれた石柱。
neko2020011304gokokuji.JPG

いくらか急な石段を登っていくと…

neko2020011305gokokuji.JPG
頂上が見えてきます。手前にあるのは「七合目」の石柱。左奥に見えるのは「九合目」。

neko2020011306gokokuji.JPG
足元を見ると黒い石。この石いや岩を触ってみるとザラザラとした手触り。黒い色から察するに溶岩ですね。それも玄武岩質の。富士山から運んできたんですかね?

neko2020011308gokokuji.JPG
石碑のいくつかは文字を見るとかなり古いものだとわかります。詳しい人に聞いたら江戸時代のままなんだとか。
ちなみにさきほどの「一合目」と書かれた石柱には「文化十四年」と刻まれていました。西暦に直すと1814年。もう200年以上前になります。

頂上には「富士浅間神社」と記されたお社が。
neko2020011307gokokuji.JPG
ここで二礼二拍手一礼して下山します。

石段を登って不老門をくぐると、
右手に六地蔵。
neko2020011309gokokuji.JPG

さらに右手に行くと筆塚と針供養塚。
初夏は紫陽花がきれいな場所ですね。
neko2020011311gokokuji.JPG

このお寺は五代将軍徳川綱吉が母親の桂昌院の発願によって建立させたもので、震災や戦災を免れて当時のままの姿を残している伽藍も多く江戸の面影をそのまま今に伝える数少ない寺院の一つ。
neko2020011310gkokuji.JPG
私も社寺仏閣めぐりは好きですが、ここは特に心が落ち着きますね。
neko2020011312gokokuji.JPG

観音堂(本堂)。
元禄10年(1697年)創建の姿そのままです(改修は受けていますが)。
neko2020011314gokokuji.JPG
江戸初期の建築工芸の粋を凝らした大建造物です。東京ではこれに匹敵する大伽藍で江戸期のものは他にないかもしれません。(芝の増上寺は第二次大戦の空襲で、上野の寛永寺は明治維新の戊辰戦争の時に主要伽藍を焼失しています)
neko2020011313gokokuji.JPG

おみくじがたくさん結ばれていました。
neko2020011315gokokuji.JPG
私もお参りをしておみくじ引いたら…「小吉」でした。(^^;
これも結んで、と。
neko2020011316gokokuji.JPG
さてお寺があれば当然墓地があるわけですが、ここの墓地はとてつもなく広いです。
全部回ったら小一時間かかりますよ。
歩いていると…。
neko2020011317neko.JPG
時々猫がいたりします。(^^;
neko2020011318neko.JPG
お墓に猫、あるいはお寺に猫ってつきもの?なんですかね。
まあ、いつも逢えるとは限りませんけど。この日はたまたま陽気がよかったから顔を見せてくれたんでしょう。
neko2020011319neko.JPG
彼らにとっては安心して暮らせる場所なのかもしれません。
追い払ったりいじめたりする人はいないし、何よりも慈悲深いお坊さんが守ってくれますから。
neko2020011321neko.JPG
そう、五代将軍徳川綱吉と言えば「生類憐みの令」を出した人でしたね。
neko2020011322neko.JPG
だからここの猫たちは皆我が物顔。
他の場所でもそうですがある程度広いお墓によく猫がいるというのは、あたり一面が開けていて日当たりがいいせいかもしれないですね。
neko2020011320neko.JPG
夏は暑いだろうけど墓石の蔭に入れば陽を除けられるし。

伽藍の軒下は雨除けにもなる。お参りに来る人も猫をいじめたりしない。
neko2020011323neko.JPG
この日は風もなく穏やかな陽気だったもので…。
neko2020011324neko.JPG
地面も温まっていたんでしょう。ゴロンゴロン。
neko2020011325neko.JPG
天下泰平。(^^;
neko2020011328neko.JPG
時折読経の声などが聞こえてきます。
neko2020011330neko.JPG
ひょっとしたらここの子たちは江戸の昔から代々ここで暮らしてきたのかな?
neko2020011332neko.JPG
のんびりと私も日向ぼっこをしてから、境内を辞します。
下に下りるとおいしいラーメン屋さんがあったりして。(^^;

ちなみにこのお寺、桜の名所でもあります。その時期の土日はけっこうカメラマンが多く押し掛けるんですよね。
今年は平日に来れるな♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 84

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年01月22日 10:48
山手線の内側に、こんな立派なお寺が残ってるんですね。
空海さんの碑があるから調べたら、やはり真言宗と出てきました。
よくぞ幾多の天災や戦災から逃れたものですね。
浮世絵で見る富士塚が、見事に残って面白いです。
かってはここから富士が見えたんですね。
墓地の、のんびりニャンズ、可愛いですね。(^^♪
2020年01月22日 13:26
こんにちは、草凪みかんさん\^^/。
富士塚の頂上、やっぱり上がってしまいます(*^_^*)。
お墓キジとらちゃん、江戸時代から生きてる?の顔
ですね(*^_^*)。
2020年01月22日 14:00
今のようにお気軽に富士登山はできませんでしたから、庶民にとっての信仰の場所でもあったんですね
うちの近くにも○○富士あります 暖かくなったら「富士登山」してみようかな
お寺の猫さんたち、参拝の人にものんびり対応してますね〜
ずいぶん前になりますが、池袋の鬼子母神さんに愛想のいい黒猫がいましたっけ
2020年01月22日 14:27
素敵な佇まいのお寺さんですね。
富士塚頂上には「富士浅間神社」のお社もあって本格的です。
お参りのご利益があれば嬉しいですね。
この護国寺観音堂(本堂)は、江戸初期の建造物とのことで、相当な年季です。
ここを拠り所にお参りする人も多いと思います。
墓地には猫がつきものみたいな気になりますね。
初め警戒しても、だんだんリラックスしてくるようなショットがあり、心和みます。
今やペット数は猫が犬を上回る時代となり、ブーム化していますが、こういう寺に棲みつく逞しい猫ちゃんたちに惹かれます。
2020年01月22日 15:46
こんにちはo(*^▽^*)o~♪
素敵なお寺さんですね~
ここをお参りしたら富士山でお参りしたと同じなんでしょうね。
そうそう、お寺や墓地そして神社には猫はつきものですよね。
家の近くの神社にもたくさん猫が居ます。
よくお世話されているみたいで皆元気です。
ホント皆元気でのんびりしてますね~
いい顔した猫ちゃんがたくさん居て癒やされました。
もう自分の家ですよね~~~~
2020年01月22日 19:25
こんばんは。
心が落ち着くというのは、何かご縁があった
お寺なのかもしれませんね。
こういう貴重な建造物、失うのって
やっぱり戦争なんですよね。
生類憐みの令は悪法といわれてますけど、
こうやって残っているのを見ると、
守られている感があって、悪い物でも
なかったんじゃないかと言う気がします。
2020年01月22日 20:28
y&mさん
ここは意外に他の社寺ほど有名ではないのですが、江戸期の伽藍がそのまま残っているということでは貴重です。空襲を免れたというのは奇跡ですね。東京のほとんどのお寺は戦災で一時消失して再建されたものですから。
元禄年間建立の本堂は重要文化財に指定されていますね。
参拝者を眺めている猫が写っているお堂もやはり元禄年間の建立なんですよ。

おーちゃんさん
いろんなところに富士塚ってありますけど、私もついつい登ってしまうんですよね。
高いところに登りたがるヒトですから。(^^;
ここの猫たち、ほんとに祖先もこのお寺にお世話になっていたような気もします。

マーシャの乳母やさん
富士塚って江戸庶民の富士山信仰によって作られたんですよね。全国でいくつあるんだろう?
あ、いましたね、鬼子母神境内に猫さん。
たしかちょっと懐かしい感じの売店に居ついてませんでした?
最近行ってないので今もいるかどうか確認してないですけど。

トンキチさん
本堂、遠くから見ているとわかりませんが、近くによって柱や軒木を見ると歴史を感じますよ。
墓地には大隈重信公のお墓もあります。
お墓の猫って安心して暮らしているせいか、町中にいる猫に比べると目つきは柔らかい気がしますね。
この近くには雑司ヶ谷霊園もあるんですが、そこでも時々猫を見かけます。

みるくっちさん
そう、マーシャの乳母やさんが書かれているように昔の庶民は実際に富士山に登ることはほとんどできなかったので、こういうものを作ってお参りしていたんでしょうね。
ここなら高山病になる心配もないし。(^^;

神社やお寺、猫多いですよね。軒下が比較的広くて高さがあるのでネグラとして最適なのと、ネズミや小動物が多いからかもしれません。
でもほんとに皆いい顔してます。
安心して暮らせるんでしょうね。

TAMOさん
生類憐みの令ってとかく悪法と言われますけど、その精神自体は悪いものじゃなかったんですよね。ただ運用が…。
何事もそうですけど、法律ってどう解釈するかで変わってきちゃうんですよね。
良くも悪くも。
ご縁があるお寺なのかな…?
母校の創立者のお墓があるというのは確かですが。(^^;
2020年01月23日 07:28
おはようございます
足を上げたり
あくびをしたり
穏やかな猫ちゃん達ですね^^
家の近所の猫ちゃん達と違う^^
2020年01月23日 12:09
すーちんさん
安心しきってるみたいですね。
町中の猫のような鋭い目つきはほとんどしません。
まあ、猫同士の縄張り争いはあるかもしれませんが。
サバ
2020年01月23日 21:59
護国寺に浅間神社があったとは!知りませんでしたね~~!!
息子が赤ちゃんの時に!どう言うわけか?前の旦那が前抱っこして護国寺の中に行って写真撮ったんですけど・・・まぁ、前の旦那の実家がすぐ近くだったからかな~?雑司ヶ谷だったから・・・
でも!その後!直ぐに家(下落合)には帰って来なくなって!別居が続いて!とうとう1年後には離婚・・・その写真はまだ押し入れの中にあるはず・・・
息子が見たいと言ったら見せてあげようって想ってます。
そんな悲しい(?)あはは!悲しくはない想い出の場所です・・・護国寺って・・・
お寺や神社には猫が居ますね~~!!そこそこ幸せにしてるかな~??
2020年01月23日 22:52
確かにお寺に猫って つきものかもしれないですね。
猫がうりのお寺もあるし(笑)

こちらにも浅間神社らしきものが有ります。
海越しの富士を眺めつつお参りなんて いかがですか?
2020年01月24日 09:59
富士塚、全国にあるみたいですね。NHKの番組で全国にある富士山の特集があったのを見ました。日本人、富士山好きですよね。
猫ちゃんたち、のんびり日向ぼっこしたりゆったり過ごせて良いですね。
2020年01月24日 22:29
お寺の猫さんたち、のんびり暮らせてますねぇ。
でも、ここまで来るには苦労もあったんでしょうねぇ。
みんな、のんきに暮らしてほしいですね。
2020年01月25日 11:01
サバさん
護国寺、さまざまな思い出が詰まった場所なんですね。
そう、雑司ヶ谷はすぐそばですよね。
ちょっと歩けば鬼子母神。
よく都電の撮影ついでに寄ったりするんですよ。
でもあそこ、ずっと工事やっててなかなか都電は撮りづらくなってましたけど。

コマダムさん
猫がウリのお寺、けっこうあちこちにありますね。
「猫寺」とか言われて。
福井の御誕生寺が一番有名でしょうけど。
うちの近くには住職さんが猫飼ってるお寺があります。
でも外には出てこないんですよね~。

りんママさん
ほんとに日本人は富士山が好きで。
こうした富士塚が多いのと同時に「富士見」とついた地名も多いですよね。
富士見坂、という坂は日本でいくつあるんだろう??
銭湯に行けばでっかい富士山の絵が見られますし。(^^;

ひじっ子さん
たぶん町中の他の場所から流れて来た猫もいたんでしょうね。
棲みついてみて「あ、ここは居心地いい」ということに。(^^;
もっとも猫同士の縄張り争いがあるでしょうから、棲みつくのもそう簡単じゃないでしょうけど。
2020年01月25日 11:35
護国寺、閑静で落ち着きますね
富士山登山が擬似体験出来るとは面白い (^0^)/
ニャンズ、綱吉に守られてるようにのんびり、まったりを満喫してる〜
桜の時期も待たれますね
2020年01月26日 11:59
T&Mさん
ここのお寺は大寺院の割には人の訪れは少ない方ですね。
いつ行っても静かです。
ここの桜は早咲きの安行桜で3月中旬が見頃。
そのあと本堂前にある枝垂れ桜が咲きます。
これが咲く頃は撮影者多いんですよね~。