復帰しました

日曜日に退院してきました。
入院生活で下半身が弱っていたので生活ペースを戻すためあえてしばらくPCの前には座らないようにしていたのですが、どうやらもとに戻ったようなので久々にキーボード叩いてます。
皆様にはご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
また、励ましのコメントや気持玉をいただきましてありがとうございました。

今回は本当に突然で…。
胆嚢炎。別段暴飲暴食をしたわけでなし何故?と思っていたのですが、診察した先生の話だと近々半年一年のことが原因じゃないそうで。長い年月の間に蓄積されたものがここにきて出た、ということらしいです。引き金になったのは疲労とストレスの可能性も、と。

一週間ちょっとの入院。
食絶ちして、しばし点滴。入院四日目から療養食。かなりひどい炎症を起こしていたらしいのですが、この療養によってどうやら炎症は収まり数値も平常に戻ったのでひとまず退院の運びとなったわけですが、まだ小さな石が残っているのと年齢的にも再発の恐れがあるので、この際胆嚢の摘出をしてしまったほうがいいということになり、来月末に改めて入院して手術しようということになりました。それまでは食生活要注意。いろいろ指導書もらってきました。(^^;
手術含めて一週間弱の入院で済むそうです。腹腔鏡を使っての手術なので早い人だと術後2日で退院できるそうな。

まあ母親の方はリハ病院にお任せ状態でしたので心配なかったのですが、なにせ私は今回生まれて初めての入院生活。
これまで定期的な通院や風邪を引いた時に医者に行ったりすることはあっても、病院のベッドで寝たという経験が全くありませんでした。だから何もかもコワかった。
点滴というものも生まれて初めて。針刺したまま一日過ごすの~?という子供のような恐怖感がありましたね。ナサケナイ。(^^;

まあでも慣れてしまえば、入院生活というのも悪くなかったかな、と。
何よりラクでしたからね、何もしなくていいんだから。掃除も洗濯も炊事も。
看護師さんは優しかったし♪
もうちょっと入院していたかったな、なんて。(おいおい!)

冗談はともかく、今回のことで自分はもう若くないということを痛感しました。
たしかに還暦を超えているわけですから、いままでのように行くわけがない。観念としてはわかっていても心のどこかで「まだオレは大丈夫」と過信していたのは事実でしょうね…。
そういう意味では今回の入院は「体験版」だったのかもしれない。
とにかく今は3月の手術に向けて自分の体をベストの状態に保つことを心掛けなければ…真剣に。

昨日リハ病院に行ってお袋に面会。やっぱり気が気でなかったようで。顔見て安心したそうです。(^^;
3月の手術の話をしたら「私がここにいる間に済ませられるのは幸いだったね」とも。
お袋の退院は早くても4月中旬ですからね。
手術までにお袋が帰って来たときの受け入れ態勢もしっかり整えておかなきゃならないですが、焦るとまたストレスになるのでじっくりと。1ヶ月あるし。

退院翌日の月曜日は足慣らしを兼ねてカメラ下げてご近所を散歩。
もうどこもかしこも梅が満開になっていましたね。

nekow2020022402ume.JPG

線路端も…。

nekow2020022401tobu.JPG

入院していたわずかの間にまた季節が進みましたね。

nekow2020022405ume.JPG

いい香りでした。

nekow2020022406ume.JPG

畑にも早春の音が。

nekow2020022408noka.JPG

帰り際に猫通りに寄ったら、咲はどこかに遊びに行ったのか姿が見えず。
ミーちゃんとシンちゃんがマッタリしてました。

nekow2020010335mishin.JPG

まるで熟年夫婦みたいですね。(^^;
ミーちゃんのほうがはるかに若いんだけど。

nekow2020010333mishin.JPG

今日の午前中にまた行ってみたら、今度は咲が飛ぶように走ってきて「おかえり!」と。
ちょっと嬉しかった。
その写真はまだ現像してないので次回の記事で。

猫広場の朝の餌やりは3月いっぱいはAさんがやってくれるということなので、お言葉に甘えることに。
そうは言っても皆の顔は見たかったので、昨日の夕方ちょっと行ってみたら三匹とも駆け寄ってきてくれました。昨日はカメラ持って行ってなかったので写真はありません。

とにかく当面は食生活に気を付けてできるだけ歩くように心がけます。
当面、PCに向かう時間もちょっと切り詰めるかもしれません。
訪問が途切れ途切れになるかもしれないですが、ご容赦ください。

ま、まずは復活しましたので、またよろしくお願いいたします。<m(__)m>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 90

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年02月27日 14:31
こんにちはo(*^▽^*)o~♪
退院されたとのことホント良かったです。
みかんさんの姿がなくて寂しかったです(^^ゞ
3月に手術とのこと驚きました!
それまではホント食に注意し健康を保つよう頑張って下さいね。
外出も気をつけて下さいね。
咲ちゃんがみかんさん見つけて走ってくる姿が目に浮かびます。
そしてみかんさんのニヤけた顔もw
初めての入院、病院のベッドは硬くなかったですか?
24時間点滴血管痛もなかったですか?
いろいろ体験してこられたようでw
でもいい体験になったのではないでしょうか。
今度の入院はもう大丈夫ですね。
ホントそれまでは風邪など引かないよう気をつけて下さいね。
又愛ちゃん達も見せて下さいね~~~~
2020年02月27日 15:39
みかんさん お帰りなさい(^^♪。
ええっ? 初めて点滴したんですか?、それって珍しいですよねぇ。
でもあんな経験は無い方が良いのですけど。
入院中の看護婦さんは天使に見えますねぇ。(^^♪
でも再度入院して手術は嫌ですね。お母さんは心配だったでしょうね。
親は自分の身体が言う事を効かない状態でも、子の心配してくれる
有難い存在ですよ。(^^♪ うちの親はホームに入ってからは、事務局
で医療費の計算をしてくれるので、私は領収書を持って行くだけです。
のんびりして体力を温存してくださいませ。(^^♪
2020年02月27日 18:04
こんばんは。
お帰りなさい。大変でしたね。
3月に手術されるんですね。
しかし、入院は大変なことでしたが、
何もかもいいタイミングでのことでしたね。
草凪みかんさんがいかに徳を積まれてきたのかが分かります。
お母様が入院中であったこと、お仕事も辞めた後であったこと
おうちにお世話する動物さんがいなかったこと、
Aさんが元気で3ニャンのお世話ができる状態であったこと。
神様が味方してくださっていますね。
お体をしっかり癒やしてくださいね。
2020年02月27日 21:12
大変でしたね!
突然の病のようで実はけっこう前からの
疲労ストレスの蓄積が出るってこと
ありますよね。
考えようでは入院して痛んだカラダの
あちこちをリフレッシュできるかもですよ(^-^)
また次のオペ入院の無事成功をお祈りいたします。
お母さまも心配だったでしょうね。
自分よりも子の身を案じていて
いくつになっても親は親ですね。
2020年02月27日 21:52
退院おめでとうございます。でも、また入院するんですね。ちょうど時間がある時で良かった?ですね。
お医者さんの言うことをよく聞いて頑張ってくださいね。
ニャンコ達も待っててくれますからね。
2020年02月27日 21:54
仮退院おめでとうございます(笑)
本退院まで 頑張って下さいね。

猫たちも変わりなく暮らせているのでホッとされたでしょうね。
腹腔鏡の手術は術後の負担も少ないのですぐに通常運転で動きまわれますよ。

もっとも今はコロナの方に注意が必要ですからね。
父の施設も面会禁止になっています。
2020年02月28日 00:29
ご無沙汰しました
私がブログサボっている間に大変でしたね
ストレスや疲れはその人の弱いところに出ると言われますが、みかんさんの場合は胆嚢に負担がかかっていたんですね
今回の退院はいわば仮退院でしょうか? 手術をして本退院ですね
私は小学生の頃ヘルニア手術しましたが、局所麻酔なので術中、看護婦さん(あの頃はまだ看護師さんではありませんでした)と「今先生何してるの?」「もうすぐ縫い合わせて終わりだよ」なんて会話してました (^^:
みかんさんも術中にお腹の中見せてもらったら? なんて冗談は置いといて、、、
長年酷使した体のメンテナンスをしっかりしてください

自分が入院しているのに面会に来た子の心配をする、どこの親も同じなのですねぇ
とてもありがたいことです。たまに面倒臭い時があるけどね 笑
2020年02月28日 08:44
おはようございます
医学の進歩
腹腔鏡手術2日間で退院できるんですね
それまでに体力付けて頑張ってください
猫ちゃん達も「頑張れ!」って
猫ねこネコ
2020年02月28日 15:16
お母様も少しは安心された事でしょう。
ゆっくり休んでくださいね。
2020年02月28日 16:30
みかんさん、復帰おめでとうございます。
また来月末には入院手術されるということですが、とりあえず炎症が治ってよかったですね。
初めは不安を感じたことでしょうが、治療方針が決まれば医師に従うしかありませんし。
胆嚢炎ですか。胆石があるんですね。
私は尿管結石持ちでして、先週月曜に血尿が出て、火曜以降は普通に戻りましたが、木曜に通院したら、やはり尿管結石ということで、その日のうちに体外衝撃波結石破砕術という手術になり、一晩だけ入院しました。
点滴の針を挿入するのに最初失敗されたり、病院食は夕食と朝食の2回でしたが、完食したもののこの食事が数日続けばギブアップかなと思ったりしました。たぶん一月で5kg以上減量するのは必至でしょう。(笑)
私の場合、水をたくさん飲めという指示でしたので、そうしています。
みかんさんも無理をせず、お大事にしてくださいね。
2020年02月28日 23:29
こんばんは。

退院なさって何よりですが、再度手術入院も控えていらっしゃるのですね。
お母さまが病院に入院中にすべて済ますことができ、よかったですね。
今は入院も短くて済みますね。
私も今日、病院から呼び出され、来週あたりにもカテーテル検査を2泊3日
ですることになり、入院など殆どしたことがないので心配です。
猫ちゃん達もホッとしたでしょうね。お大事になさってください。
2020年02月29日 10:01
退院され、本当に良かったですね
自分も寝たきりの1週間入院の経験ありますが、すぐに足に来ますね
退院直前、しばらくは歩行訓練が必要でした f^_^;
気丈でいらっしゃるから気付かなかったのでしょうが、知らず知らずストレスが溜まっていたのでしょうね
”これからは体のことも考えて・・・”という体からのサインだったのかもしれません
充分養生してくださいね
広場のにゃんずにも癒されますね (^0^)/
2020年02月29日 13:33
みるくっちさん
ありがとうございます~。
何せ「入院」ということ自体初体験なので、初日は幼児が初めてお化け屋敷に入るような心境に。(^^;
でもいざ入院したらラクでしたけど♪
点滴の血管痛、幸い今回は全然なかったです。看護師さんが上手だったのかな?
隣の方は「また痛くなってきた~」なんて言ってましたけど。
ただ24時間ベッドにいるというのは退屈ですね。後半は廊下やディルームに出たりしましたが、さしてやることもないし。
次回まではホントに食生活注意です。栄養士さんが作ってくれたメニュー表に忠実に食事してます~~。

y&mさん
そう、初めてでした。点滴。(^^;
最初針刺すときはこわかっったなあ。その後も「コレ抜けないだろうな」なんていらぬ心配を。
数回歩いていて「逆血」した時があって、最初は慌てましたよ。すぐに看護師さんが直してくれましたけど。焦ったですよね、どうなるんだろうかと。(^^;
ホント、看護師さんは天使に見える♪
だからこちらも思わず従順になっちゃいます。(^^;

TAMOさん
仰るようにいいタイミングだったかもしれないですね。
これが万一2か月後で母親が退院したての時期だったら、さすがにバタバタでしたでしょうから。
朝の猫広場、行けないこともないんですが、
Aさんから「完全に治るまで朝早く動いちゃダメよ」と逆に言われてしまいました。
毎日適度に歩かなきゃいけないんですが、朝食をとって日が高く昇ったあとに行くようにしています。
だからなかなか愛ちゃんたちと逢えない。
しばらくの我慢ですね。

kyoroさん
そう、原因は昨今のことではないそうです。
「長い年月の間に積もり積もったもの」というような言い方を主治医の方がされていました。
全然自覚症状なかったんですが。
そう、親というのはありがたいですね。
自分も入院中の身なのにずっと案じていてくれたようです。自分のことそっちのけで…。
「いくつになっても親は親」
まさに…ですね。

ひじっ子さん
主治医からは脂質の少ない食事を摂る様にと言われてます。
考えてみれば、自炊するようになってからあまりその点には考慮をしていなかったなぁ、と反省。
今は買い物行くと必ず成分表を確認してから買うようにしていますね。
ひとつ勉強になりました。

コマダムさん
そうらしいですね。
腹腔鏡手術の場合、若い人だと翌日退院もあるそうで。
さすがに私の年齢じゃ無理でしょうが。(^^;
ただ、肝臓との癒着がひどいと開腹手術に切り替えることもあるそうで。
その場合でも術後5日位で退院できるそうですけど。
とにかく頑張ってきます。来月末。

マーシャの乳母やさん
たいしてストレスなんか感じてない、と本人は思っていたんですが、無意識にあったんでしょうかねぇ…。
手術、たぶん全身麻酔だと思いますよ。
局部麻酔でやるのとどっちが…う~~ん。
全身麻酔のほうが寝てるうちに終わるからいいなぁ。
目が覚めなかったら困るけど。(^^;

すーちんさん
昔だったら間違いなくお腹開いての手術で、しかも今みたいに技術が発達してなかったですから10日から2週間の入院だったでしょうね。
先生から「一週間弱」と言われて思わず「へ?」と。(^^;
食事制限はありますが、それまでなんとか体力をつけて頑張ります!

猫ねこネコさん
母親はホッとしたようです。
連日私の入院している病院に電話しようとして看護師さんに止められていたとか。(^^;
手術入院までに母親帰宅後の準備をある程度進めておきたいと思ってます。もちろん体に負担罹らない範囲で。

トンキチさん
尿道結石もつらいらしいですね。
ある意味胆石よりもそちらのほうが…。
病院での食事、確かにあれがこれから一生、ということになったら「ゲ!」ですよね。(^^;
でも私の場合、三日間点滴で絶食状態でしたので初めての療養食、さほど違和感なくおいしくいただけたような。「空腹は最高の調味料である」ってことですかね。(^^;

ロシアンブルーさん
カテーテル検査ですか。
2泊3日ということは検査前入院で検査翌日退院ですね。
そう、入院経験ないとほんとに最初はこわい。
「何されるんだろう…」なんて考えてしまって。(^^;
でも意外とすぐ慣れるもので。たぶん「あ、こんなものだったんだ」で終わりますよ。
頑張ってください。

T&Mさん
そう、入院中そこそこ院内を歩く時間はとっていたつもりでしたが、いざ退院して普通に歩こうとするとこんなにもシンドイものかと。
わずか1週間で脚力かなり衰えますね。
もともと脚力には自信をもっていたほうでしたのでちょっとショックでした。
どうやら今は元にもどったようですが。
仰るように「自分の体を見直せ」という神様の声だったのかもしれません。
これからは真摯に自分の体に向き合うようにしなければ。
2020年02月29日 23:20
そうそう!自分はまだまだ若い!と想っていても!想わぬ所に!老化が現れたりするんですよ~~!!なので!本当に気を付けてくださいね!
私も!結構!出歩くんですが・・・1日出歩いたら!次の日はゆっくりする・・・みたいな?ダラダラな生活にしています・・・ダラダラ・・・って言葉悪いですけど・・・気持ちだけダラ~~です・・・家の用事はやってますから・・・完全にダラ~ではないのですけど・・・
ブログも週1にしたら!何だか!楽で・・・
この先も?このペースかな~?なんて考えてるところです・・・
なので・・・私も訪問が遅れます・・・
お互い!ゆっくりやりましょう~!特にMIKANさんはお母様の介護がありますからね~頑張り過ぎないで!頑張ってください!
2020年03月01日 15:15
サバさん
そうですね。
まだ仕事をしていた頃の感覚が抜けきらなくて、何もしないで真っ白な時間がなかなか作れない。作れるんだけど「何かしなきゃ」と思ってしまう。
仕事している時は「早くリタイアして毎日日曜日になればいいのに」なんて思っていたにもかかわらず。
真っ白な時間を黒く埋めようとするからいけないんで、黄色でも水色でもいいじゃないか、と思うことが必要かも。
私もこれからのんびり行くことにします~。