帰還しました♪~入院日記~

土曜日に退院してきました。
皆様にはご心配おかけいたしました。
また、たくさんの励ましのコメント・気持玉をいただきまして本当にありがとうございました。何よりの力になりました!

手術の方は無事済んで、術後三日目の退院という形に。
もう若くないんでもうちょっと期間を要するかなとも思ったんですが、意外に早かった。もっとも若い方なら術後二日で退院されるそうですけど。

正直言って、前にも書いたようになにせ自分の体にメス入れるのは初めてだったものでコワさもかなりあったんですが、手術前日ともなると肝が据わって。(^^;
というよりも、還暦過ぎたこのトシになってこれまで手術はおろか入院も経験していなかったというのは何と幸運なんだろうと思えるようになって。こんな幸運の星のもとに生まれたんだから大丈夫!というワケワカラン楽天主義を振りかざしてました。
ま、それは半分冗談ですが、こんな丈夫な体に産んで育ててくれた両親には本当に感謝だなぁ、とつくづく思いましたね。そしてそれは御先祖様のおかげでもあるんだろうなと。私の後ろには常に代々のご先祖様の御守護もあるんだろうと。
病院から帰ってきて、真っ先にお仏壇に灯を点して「ありがとうございました」と手を合わせました。

そして、私をささえてくれた全ての人々。励ましてくれた知人友人、そして隣近所の方々。さらにはこのブログでたくさんの励ましの言葉をかけていただいた皆様。すべてに感謝です。
そう、忘れちゃいけない。猫広場や猫通りの子たちにも。
前記事でTAMOさんから手術室には「ありがとう」を唱えながら入ってくださいというコメントをいただきましたが、まさにその通りにしましたよ、TAMOさん♪

さて手術そのものは腹腔鏡による胆嚢摘出で2時間弱で済んだとのこと。炎症による肝臓など他臓器との癒着が激しい場合には開腹手術に切り替えねばならないこともあるそうですが、幸いそれはなかったそうで。
ただ、さすがに傷口の痛みそのものは現在もまったくないわけではなく、痛み止めの薬をもらっています。さすがにこれを飲まないと今はちょっと動きが鈍る。
とは言っても、歩行や日常の所作そのものは問題なくできます。痛み止めさえ飲んでいれば無理な姿勢(お腹を圧迫するようなしゃがむ、前かがみになる等の姿勢)をできるだけ避けるようにすれば、手術前とほとんど変わらぬ動きができます。
長い時間しゃがんだりすることがまだちょっとキツイので猫広場や猫通りに赴くのは自重してます。先生に聞いたら「4~5日は猫に会うのは我慢しなさい。それ過ぎれば大丈夫だから」だって。(^^;
そんなワケで、今日は猫たちの最新の写真はありません。
ちょっと待ってて、みんな。

nekow2020032110saki2.jpg

その代わりと言ってはなんですが、入院中の様子を日記形式で点描しましょうか。

【3月24日(火)】
入院指定時刻は13:00。
ちょっと早めに昼食を取って病院へ。入院手続きを済ませて指定された病室に足を運ぶと、前回の入院で顔なじみになった看護師さんが。「今回は『本番』ですよね。頑張ってくださいね~。そうそう、猫ちゃん元気ですか~?」と。(^^;
スマホでブログの前記事を見せたら笑ってました♪
ちょっとキンチョーしていたんですが、これで一気に気持ちがほぐれましたね。
この日は手術説明があったあと、血液検査を受けただけ。あとは特にやることもないので、病室でひたすらのんびり。TV見てたら新型コロナの話題ばかりでいささかウンザリ。夜になって「東京五輪一年延期」のニュースが。そうだろうなぁ…。
この日は夕食が出ました。ただし21:00以降は禁食。下剤を飲まされて就寝。

【3月25日(水)】
いよいよ手術当日。前夜飲んだ下剤がよく効いて午前中3回のお通じ。これでほぼお腹の中がきれいになった模様。この日は絶食ですが点滴をするわけではなく、経口補水液を2本(500ml×2)飲んだだけ。手術開始は13:00(施術の先生が午前中は外来対応なので)だったので午前中はやっぱりヒマ。(^^;
お昼過ぎまでTV見てただけ。
13:00前になって看護師さんに呼ばれて歩いて手術室へ。
入室して手術台の上に寝かされると、真上にはよくドラマや映画で見るあのライトが。
思わず「ベン・ケーシー」のテーマが頭の中に流れてしまった私って…。(^^;
(トシがわかるな…)
左腕に点滴の針を差し込まれ、そこから麻酔液が入ってきます。
「だんだん何もわからなくなりますよ~。気を楽にして~」
何か数えてるうちに眠くなるかな。そうだ、猫たちの顔を。
愛ちゃん、モカちゃん…チャーミー……咲…………。

「終わりましたよ~」
耳元で声を掛けられて目を開くと先生の顔。え?もう???
さっき咲の顔を思い浮かべたばかりなのに。そういやミーちゃんやシンちゃんまで「数え」られなかった。
「腹腔鏡だけで済みました。まだ3時になったばかりですよ」
手術台から数人がかりで抱えられて別のベッドに移され、そのままリカバリールームに移動。頭上を廊下の天井が動いていく。やっぱり「ベン・ケーシー」のテーマが頭の中に。(^^;
この日はリカバリールームで翌朝まで安静。体を半ば固定されてます。病院によっては術後4~5時間くらいで歩かせるところもあるそうだけど、ここでは大事をとって半日は安静だそうな。
当然排泄はできないので、尿管にオシッコを抜く管を差し込まれています。最初のうちは尿意があるのに出る寸前で留められているような感覚があってちょっと辛かった。次第に慣れましたけど。
この部屋には複数の術後患者がいて、カーテン隔てて隣の患者さんが夜中に「痛い~、痛い~、看護婦さ~~ん」と何回も叫んでました。声からするにやはり中高年の男性のようですが、その人ナース・コールのスイッチを押さずに叫んで看護師さんを呼ぶんですよね。やってきた看護師さんが「痛い時は大きな声出さないでこのスイッチ押してね」とその都度教えるんですが、しばらくするとまた叫ぶ。夜中じゅうその繰り返し。おかげでこっちは少々寝不足に。(^^;

【3月26日(木)】
朝、ベッド上に寝たまま採血とレントゲン検査。
しばらくして朝食が出ました。リクライニング式のベッドを起こして食べるのですが、まだかなりお腹の傷が痛むので全部は食べられず。半分弱残してしまった。
「たいていの方はそうですよ。まあお昼からは完食できるでしょう」
検査結果が出てから離床OKとなり、体に差していた点滴や管を抜いて看護師さんの手助けを受けてベッドから立ち上がりました。ちょっとふら付くけど、まあなんとか歩いて病室へ。
手術の傷口は4カ所。おへそのすぐ上(というより中かな)と上腹部。やっぱり痛みます。姿勢を変えたり歩いたりすると響く。それでも先生は「一日何回か歩くようにしてください」と。痛いんですけど~。(^^;
昼食はなんとか完食。昼食後から痛み止めの錠剤が出るようになりました。その薬のせいか午後から夜になるとだんだん痛みが和らいできたような。ま、薬でごまかしているというのが正解でしょうが。
夕方からはTVに見入る余裕も。
なんだか新型コロナ、大変なことになってるな~~。首都封鎖するかもしれないって???

【3月27日(金)】
起床後、血液検査。
前日よりはだいぶ傷の痛みは軽くなりました。朝食前にデイルームまで往復で散歩?も楽にできるように。
朝食後に先生が来て「血液検査の結果、術後の傷の炎症もさほどではないことがわかったから明日退院できますよ」と。
意外に早く出られそう♪
とにかく今日一日はのんびり養生、ということに。
ベッドにゴロンとしてばかりじゃ足腰によくないので、ちょっと痛いけれど1時間おきくらいに病棟フロアを5分ほどグルグルと歩くことを繰り返しました。
デイルームから母親に電話をして「明日出られそうだよ」と。
さて入院中は意識して水分摂取を多めにしているせいでどうしてもトイレの回数が多くなるんですが、ここでちょっと困ったことが。
病棟内のトイレ、病室の配置に合わせて男性用・女性用(入室状況によってマークが貼りかえられる)に分かれているんですが、入れるのは一人だけ。ところが私の病室のすぐ横の男性用トイレになぜかしょっちゅう女性が。年の頃は70くらいかな。
確かに男性よりも女性のほうが一回のトイレの占有時間は長いから女性用のトイレがふさがっている時間が長いんでしょう。だから仕方ないのかなと最初は思っていたんですが、同室の人が「あのオバサン、またこっちの男用のほうに入ってるよ」と。
え?「また」って??
その女性の病室はこの部屋の隣。その間には男性用トイレがあります。女性用トイレはその女性の病室の向こう。で、見てみたらその女性用トイレは「空き」になってる。それなのにこっちの男性用のほうに入ってるの??
あまりに度重なるもので同室の方が看護師さんに言うと看護師さんも
「そうなんですよ。困ったなぁ、あの人…」と。
おいおい。(^^;
で、看護師さんがその女性に「ちゃんとあっちの女性用を使ってね。空いてるなら」と言ったんですが、その女性、
「こっちのほうが私のベッドから近いんだから!ここは私のトイレだから!」
とワケワカラン理屈を。
どう見てもどっちのトイレも病室から等距離なんですけどね。(^^;
「男性のマークついているでしょ?」
「そんなの知らない!」
ダメだこりゃ。(^^;
いやはや看護師さんも大変だなぁ、と。
そんなこんなはありましたが、総じて一日のんびりと。まあいい休養日ではありました。
夜、TV見てたら「北の国」がなにやら飛翔体飛ばしたとか。
世界中がコロナで騒いでるのにねぇ。
誰も相手してあげないから構ってほしいのかな?ほとんど子供。
今、みんなすご~く忙しいからボクちゃんと遊んでられないの。また後でね!
…と思わず言ってしまった。(^^;

【3月28日(土)】
起床。検温・血圧異常なし。
傷跡も経過良好。先生の最終チェックを受けて退院OKの許可が出ました。
朝食後、着替えを済ませ薬剤師さんから痛み止めの薬の追加をもらい、栄養士さんから退院後の食事についてのアドバイスを受けて10:30過ぎ、退院手続き。
次回は半月後に外来診療。
4日ぶりに病院の外に出たら…暑い。(^^;
そう、入院したあの日は寒かったんですよね。
バスで駅前に行き、そこから自宅に歩いて帰る道すがらスーパーに買い物に行って驚いた。なんじゃこの人出は。(^^;
週末は外出自粛という県知事のお触れが出た余波がまだ続いていたようで。
まあ、それでもなんとか無事に買い物を済まし、自宅へ。
つつがなく帰還と相成りました。めでたし、めでたし♪

昨日の日曜日は、前日とは一転して寒い一日。
なんと午前中は雪が降りました。
まあ、体を休めたいところでもあったから、ある意味いいタイミングのお天気だったかも。
晴れていればちょっと歩いて桜を見に行きたかったけど…今週はお天気悪いし今年は満開の桜の写真は撮れずに終わりかな。
窓を開けてまるで真冬と見まごう様子を撮りました。
二枚とも私の部屋から見たお昼過ぎの光景。

nekow2020032901yuki.JPG

nekow2020032902yuki.JPG
…そんなわけで復帰いたしました。
まだ本調子?ではないので皆さまのところへの訪問は途切れ途切れになるかもしれませんが、徐々にペースを戻しますのでよろしくお願いしま~す♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 102

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年03月30日 14:20
お帰りなさ~~~~いo(*^▽^*)o~♪
術後まだ数日なので無理はしないで下さいね。
元気そうなので安心しました。
手術はあっという間でしたでしょw
お母様も安心されたのではないでしょうか。
早く猫広場や猫通りに行けるようになって下さいね。
皆待ちかねているでしょうね~
雪凄かったようですね。
風邪引かないように気をつけて下さいね。
くれぐれも無理はしないように。
とにもかくにも退院おめでとうございます~~~~。
2020年03月30日 15:44
みかんさん、無事ご帰還おめでとうございます!
術後3日目で退院とは素晴らしい回復力でしたね。
病院から帰宅して真っ先に仏壇に手を合わせるとは、中々信心深い行いでしたね。
ご先祖様のご加護があったかも知れませんね。
私ももし手術室に入ることがあれば、何度もありがとうと唱えることにします。
猫広場や猫通りの猫は逃げませんから、体の痛みが消えてからにしましょう。一刻も早く会いたいでしょうが、数日の我慢ですよ。
手術後のリカバリールームで、痛いなどと叫んで看護師を呼んでいた隣の患者さんにはまいりましたね。
短い間でも男女を問わずいろんな方がおられて、病院は面白いところですね。
でも長くいるところではありません。
早く逃げ出せてよかったと思います。
変な気候ですが、コロ助に襲われないようくれぐれもご用心ください。
2020年03月30日 19:43
こんばんは。
手術のご成功と退院おめでとうございます。
そしてお帰りなさい。
ありがとう、実践されたんですね。
最初にいろんな方への感謝からはじまったので、
あ!実践されたんだわ!と思いましたよ。
出てくる言葉で分かるんです。^^
今まで手術も入院もなかったというのは
ホントに素晴らしいですね!
ニャンズに会うのはドクターストップがかかってしまいましたか。
でも4,5日はあっという間ですね。
あと術後で抵抗力が落ちている可能性もあるので、
特に今は、十分気をつけてお過ごしください。
本当に元気にかえって来ていただいて良かった!
お疲れ様でした。ありがとうございます。
2020年03月30日 21:12
みるくっちさん
ただいまです~~~。(^^ゞ
ほんとにアッという間でしたね。
ワープしたのか?と思ったくらい。(^^;
母親はけっこう淡々としてましたよ、電話口で。
「アタシのに比べれば楽な手術だから」だって。
退院後5日というと木曜まで。
それまではあまり長い時間しゃがんだりしないようにと言われてるので、金曜日になったら猫広場と猫通りに行ってこようかと思ってます。
それまでは買い物も自宅から一番近いスーパーで。
でも毎日ちゃんと歩かないとね♪

トンキチさん
ありがとうございます。
私も術後5日くらいの退院じゃないかなと当初予想していたんですが、3日間で退院できたのは嬉しい誤算でしたね。
ほんとにご先祖様はじめさまざまな方々のおかげだと思っています。
5日間の入院でしたが、今回は術日以外はフリーに近かったので病院内でのいろいろな人間模様?を見ることができてブログのネタになりました。(^^;
でも仰るように、早く出るに越したことはありませんね。

TAMOさん
アドバイスありがとうございました。
様々な方々に入院前から「ありがとう」と唱えていたら、不安よりも「自分には応援団がたくさんいるんだ」と思えるようになって、モヤモヤしていた怖さが次第に消えていきましたよ。
感謝の心はポジティブなパワーを運んできてくれるんですね。
今回のことでよくわかりました。
そう、猫たちに会うのは金曜日までお預けです。
でも私が外猫と遊んでいることを笑って聞いてくれた先生、実は猫好きなんですよ。
そうでなかったら不審な顔されても不思議じゃないですものね。(^^;
あと数日はゆっくり体力回復に努めますね。
2020年03月30日 21:42
祝! 無事ご帰還!
開腹手術にならなくてよかったです 開腹すると入院も長引きますものね
とはいえ、お腹にメスが入ったのですから、猫広場や猫通りのミンニャに早く会いたい気持ちをグッとこらえてゆっくり養生してくださいね
昨日の雪は神様の配慮かとも思っています ポカポカ天気じゃ外出自粛は辛いですものね〜
ミンニャとたくさん遊ぶためにも体力回復に精出してくださいな
ブログ訪問は、後回しでもいいじゃない? みなさんわかってますもの
2020年03月30日 21:46
無事帰還できてよかったですね(^-^)
術前述語の描写とかリアルで
ゾクゾクしてしまいました(;^ω^)
ここ数日は温度差も大きくて
またウィルス病も収束してないので
ゆっくりと養生して皆が待っている
猫通りに復活してくださいね。
2020年03月30日 22:33
入院生活、お疲れさまでした。
無事退院おめでとうございます。
案ずるより産むがやすしでしたね。
また猫さんたちの記事、楽しみにしてますよ。
ベン・ケーシーのテーマ?わかんないですぅ(笑)
2020年03月31日 10:25
手術は成功、予定通り退院出来て本当によかったです
一眠りしてるうちに手術は終わったんですね、
まあ後の痛みが大変だった様子
自分もそうですが、同年代の人に比べると、持病等無く薬の服用もしてません
こんな状態をやっぱり感謝し、維持する努力をしないといけませんよね
最近つくづく思います
充分養生され早くニャンズと会えますように!!


2020年03月31日 11:28
無事退院され
良かったです
昔と違って退院も早く
身体への負担も少なく
良い時代になりましたねー
良かったです
2020年03月31日 12:55
マーシャの乳母やさん
実は開腹手術になるのをちょっと恐れていたんですよ。
肝臓との癒着が激しければそうなるよ、って言われてて。
もっともその場合でも術後5-7日で退院できるって話でしたが。
でも術後の痛さは比較にならないでしょうからね~。
つくづくヨカッタと。(^^;

kyoroさん
意外に冷静に「マナイタの上」の自分を観察できましたね。(^^;
あ~、手術室ってこんな感じなんだ、ドラマと一緒だな~、なんてしょ~もないことを。
ここ数日、近くへの買い物以外は出かけてません。
でも歩かないと足腰だめになるので買い物だけは行きますが。
明日明後日は雨みたいですし、金曜日になれば先生の言ったドクターストップ?期間も過ぎるので、そうしたら猫たちに会いに行こうと思っています。

ひじっ子さん
ホントに終わってみたらあっけなかったですね。(^^;
「ベン・ケーシー」は昭和30年代に日本で放映されたアメリカの医療ドラマですね。私が見たのは昭和40年代半ばでしたからもちろん再放送でしたけど。オープニングとテーマ曲が印象的なんですよね。
去年亡くなった医療漫談のケーシー高峰さんの芸名はここから取ってるんですよ。

T&Mさん
術後翌朝までは痛かったですねぇ。
これがずっと続くとキツイなぁ~、という感じでしたが痛み止めのおかげで昼からはかなり楽に。
考えてみればもう60歳を超えていて、これといって大病もしなかったというのはやはり恵まれているなぁとつくづく感じましたね。だからこそ、これを維持していかないとそれこそ御先祖様に申し訳ないと。
今回のことは自分の健康を足元から見直すいい経験になりました。

すーちんさん
一昔前だったらこんなに短期間で退院できることはなかったでしょうね。
早くとも一週間から十日…。
医学の進歩はすごいなと母親の手術の時にも思いましたが、改めてそれを感じました。
手術費用も思いのほか安かったですし。
2020年03月31日 14:52
手術成功、退院おめでとうございます。何事もなく本当に良かったですね。
体に負担がない手術、やはり退院が早いですね。
最近は寒暖の差が大きいのでくれぐれも体調には気を付けて下さいね。
2020年03月31日 15:42
こんにちは。

手術も無事終了してご退院おめでとうございます。
初めての手術入院、順調でよかったですね。
病室にいるといろんな場面に遭遇しますが、夜になると病棟の雰囲気が日中
とは全然違いますね。
お帰りになった翌日は雪でしたよね~、そして外出自粛でした。
猫ちゃん達も待ってますがしばらくは会えないのは仕方ないですね。
お大事になさってください。
2020年03月31日 23:36
お帰りなさ~い!お疲れ様でした!
猫広場のにゃんずの名前!全部言えなかったんですね!
でも!みんな応援してましたよ!きっと!
痛み?気になりますね~
お風呂で温まるのはどうでしょう?
小さい傷口?から大きい胆嚢引っ張り出すんだもの!痛いはず!って思っちゃった!それでも!徐々に良くなりますよ~~!!
寒い時は傷が痛むかもしれませんが・・・温泉の素入れて!お風呂がいいですよ~!!
早く回復しますように!
そして!早くにゃんこに癒やされてくださいね~~!!お大事に~~!!
2020年04月01日 11:40
りんママさん
ありがとうございます。
痛み止めは「さほど痛くない時はスキップしてもいいよ」と先生から言われてます。
比較的強い薬なので飲まずに済むならそれに越したことはないような。
昨日は1回スキップしてみました。
これから徐々に間隔を空けていければ。薬に頼りっぱなしはよくないでしょうしね。

ロシアンブルーさん
そう、昼と夜では病棟内の雰囲気が確かにガラリと変わります。
やたら声が響くし、ナースコールの音楽が鳴ってるし。
スタッフステーションが近かったせいもありますが。
もし日曜退院になってたら雪の中帰ってこなきゃいけなかったですね。
その前に帰って来れてよかった~。

サバさん
とりあえず次の外来時まではお風呂はシャワーのみで浴槽に浸からないようにって言われてます。
まあ、お風呂湧かす手間が省ける分楽ですけど。(^^;
でもやっぱり早くのんびり湯舟に浸かりたい~~。
そう、気温の低い時の方が傷の痛みを感じるかな。
今日もちょっと外は肌寒いんで、暖房付けてます。
五体満足のときはこのくらいでは暖房なんかつけなかったんですけど。
2020年04月01日 14:30
退院おめでとうございます。
ヒマだと感じられたのは元気な証拠ですね。
術後リカバリー室で一晩すごしましたが オシッコが出ているかどうか感覚がなかったので 同室の患者同士で確認しましたっけ(笑)
点滴付けて寝ているので見えませんからね。
お母様も安心されたでしょうね。
猫たちも待っていますよ・・・ちゅーるをお忘れなく(笑)
2020年04月01日 16:22
ご退院おめでとうございます!
短時間で無事手術が済んで何よりです♪
それなのにすぐにご訪問いただきありがとうございます!
ご先祖様はじめ 草凪みかんさんは常に感謝の気持ちをお持ちですから みなさんに守られてるんですよ~
桜が咲いてるのに雪が降ったり まだしばらく気温の変動が激しかったり お天気も変なようですので しばらくは無理せず 元気充電してくださいね。
にゃんずも うずうずして待ってますよ~

2020年04月01日 23:44
無事退院おめでとうございます。術後も順調のようですね。
内科と違って外科は日にち薬ですから、ニャンズにも直ぐに会えますよ。
あの手術室のライト、ベンケーシーですか(笑)。←良く分かる世代です
初めての入院、初めての手術ってのは、やはりご先祖様に感謝ですね。
強い身体は自分の努力だけでは、決して出来ないですからね。(^^♪
2020年04月02日 11:19
コマダムさん
そう、尿管に管入れられてると、排尿があるかどうかって感覚だんだんマヒしてくるんですよね。(^^;
見ようと思っても、あっちこっちに管ついてるから体起こせないし。
猫広場と猫通り、明日行ってみようと思ってます。
幸い今吹いている強い風も明日には収まりそうですしね。

にゃーちゃんさん
ありがとうございます。
ほんとにここのところ天候不順でしたね。
退院翌日の雪にはちょっと驚きました。(^^;
寒い日がちょっと続きましたが、ようやくこれからは春の陽気に戻りそう。
久々にカメラもって散歩しようかな、と。

y&mさん
やっぱりピンポイント世代ですよね、「ベン・ケーシー」。(^^;
本当に、ここまで大病しなかったというのは両親はじめ御先祖様のおかげだと思ってますよ。
だからなおさら自分の体は大切にしなきゃいけないな、と。
「健康」という言葉の重みを身をもって体験したような気がしました。
2020年04月02日 11:36
無事ご帰還おめでとうございます。
今の時代、術後の早い段階から動くように言われますね。
その方が治りがはやいそうで。
術後は体力は落ちているし、このコロナ騒ぎであまり出歩かない方がいいですね。
今年の桜は残念ですが、来年も咲くのであきらめましょう。
私も極力出歩かないようにしています。
小学校近くの桜がいつの間にか咲いていました。
わがままなお婆さんですね。
いるんですよね、たまにこういった人が。
入院中の出来事も、大げさに話をしたりして。
昔、怪我をして入院した際にもいましたよ。
看護師さんがやんわり注意をすると、別の人に「○○って怒鳴られた」って言ってました。
そんな言い方していないのに。
お母様もご心配されていらっしゃると思いますので、ゆっくりと養生してください。
2020年04月02日 16:03
猫ねこネコさん
まあ、どこにでもいるものですね。
ああいう方は。(^^;
私は「ま、仕方ないか」くらいに思っていたんですけど同室の方はブリブリ怒ってました。(^^;
なんだか人間観察モニタリングの世界みたいで笑ってしまいましたが。
しばらくはあまり無理はしないようにしてます。
コロナもあるし、町の外に出るのはしばらくお預けですね。