ミーちゃん

猫通り。
この日、着いた時には咲がいなくて、迎えにきてくれたのはミーちゃん。
nekow2020041138mi.JPG

んな時のミーちゃんは、
nekow2020042704saki.JPG

少女に返ります。
nekow2020042707saki.JPG

思い切りじゃれてくる。(^^;
nekow2020042613mi.JPG

もう夢中。
nekow2020042712mi.JPG

もうすぐミーちゃんも4歳。いや、まだ4歳というべきかな。
人間年齢に直せば30~32歳。まだ若い。
nekow2020042724mi.JPG

思い出すのは仔猫の頃。
nekow2016072494mi.JPG

三姉妹の中で一番の甘えん坊。他の子が遊び回っていてもお母さんベッタリだった。
nekow2016052192mi.JPG

そして一番の引っ込み思案。
nekow2016052891mi.JPG

先頭切って飛び出すということはほとんどなかったね。
nekow2016070291mi.JPG

今思えばいつも姉妹たちの後ろにいたような気がする。
nekow2016070294mi.JPG

だからキミが前に出てる三姉妹の写真って、今でも探すのが難しい。
nekow2016070392mi.JPG

でもそんなキミも次第に積極的になってきて…
nekow2016070394mi.JPG

前に出てくるようになったよね。
nekow2016071791mi.JPG

nekow2016072491mi.JPG

nekow2016081491mi.JPG

ジャラシの取り合いでも勝てるようになった。
nekow2016072492mi.JPG

「誰にもあげないわよ!」というドヤ顔もするようになったし。
nekow2016072493mi.JPG

いつしか姉妹たちは里子にもらわれていって、キミだけがこの通りに残った。

そして生まれて二年目の初夏、キミは母になった。
nekow2018061717nekos.JPG
そう、あの時、キミはまるで私を誘うように仔猫たちに引き合わせてくれたよね。本来、仔猫を産んだばかりの母猫はどんな人間も警戒すると言われていたのに、まるで「私の子供たちを見て」と言うかのように。
本当に嬉しかったよ。
nekow2018061725oyako.JPG
そしてキミが産んだ四匹の子供たち。三匹が里子に出て一匹だけ、そう咲が残った。キミと同じように。

もうキミとはもうすぐ4年の付き合いになるんだな~。キミが仔猫だったのがつい昨日のことのようだけど。
咲たちが生まれてから、ゆっくりとサシで過ごす時間ってなかなかなかったものね。
こんな時くらいお互い昔に返って語り合おうか。
nekow2020042611mi.JPG
nekow2020042610mi.JPG

やがて…音を聞きつけたのか。軒の間から咲が顔を出してこっちにやってくると、
nekow2020042726saki.JPG

ミーちゃんは「母親」に戻ります。
スッと身を引いてジャラシを譲る。

nekow2020042705saki.JPG

ひとしきり咲の相手をして腰を上げて「じゃ、また明日ね」と歩き出すと通りの出口まで二匹で後をつけてきます。
でも咲は決して通りからは出ない。名残惜しそうな顔はするけどそのままお見送り。
私も顔を前に向けて角を曲がって歩き出す。
でもしばらくすると…後ろから気配が。
nekow2020042734saki.JPG

ミーちゃんだけがついてくる。
nekow2020042735mi.JPG

もうひとつ先の角を曲がり、生垣に沿って私の横を歩くように。
nekow2020042736mi.JPG

そしてテリトリー限界。この先は他の猫たちの縄張り。ミーちゃんもこの角から先には入れない。
しゃがんで、ミーちゃんの頭を撫でて。
nekow2020042737mi.JPG

後ろ手で手を振りながら歩いていきます。「バイバイ」と。
nekow2020042738mi.JPG

この子と私の絆というのは、私と咲との間よりも深いのかもしれない。付き合いの長さが違うものね。もちろん咲はかわいいけど、ミーちゃんには「特別席」があるような。
普段私が咲と遊んでいると、それをちょっと離れて目を細めて見ています。本当は自分も遊びたいのを我慢して。
母親の顔と昔の少女の顔を併せ持っている子です。
nekow2020042721sakimi.JPG

ミーちゃん、また二人だけで遊ぼうね。咲に見つからない時に。(^^;


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 94

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年05月01日 16:12
4才、まだまだ若いです。
まだまだ遊びたいはずなのに、娘の手前?母の威厳をもって見守っていますね。
母娘で一緒に暮らせる素敵な通りですよね。
いつまでもこのままで・・と思わずにいられません。
2020年05月01日 19:18
ミーちゃん まだ4歳なんですね。まだまだ若いです(^^♪。
ノラニャンもそれだけお付き合いが有れば、皆、立派な家族ですね。
ここで遊んでいても、3密無しの立派な自粛ですね(^^♪。
2020年05月01日 19:52
コマダムさん
通りの住民の方は猫たちに優しい。
誰はばかることなく母娘で安心して暮らせる。
ここのような場所はめったにないと思います。
ミーちゃんと咲の母娘。
ミーちゃんは自分と同じような境遇の咲の気持ちがよくわかるのかもしれませんね。
慈愛のこもった目で娘を見ていますよ。

y&mさん
家族、といえるかどうかまでは自信はないですが、少なくともミーちゃんにとって心許せる存在になっているだろうなという気はしています。仔猫の時からの付き合い…咲がそれを繰り返しているんですよね。
そう、ここは人間はいつも私だけ「三密」の心配はありませ~ん。(^^;
サバ
2020年05月01日 20:35
むふふ!その猫に歴史有り・・・ですね~~!!
仔猫の時から見てると!親心出ますね~~!!
ミーちゃんが親になって・・・咲ちゃんが残って・・・
なんか?ジーンと来ちゃいますね~~!!
みんな!元気でね~~!!
2020年05月01日 21:10
怪我を伴うような縄張り争いとか
猫の世界もかなり厳しいものがありますが
ミーちゃん咲ちゃんの界隈では
はっきりと縄張りが敷かれているようで
きっと広域を統括しているボス猫が
優秀なんでしょうね(=^・^=)
実家界隈に出没する地域猫は
かなり激しく縄張り争いしていて
絶えず怪我してる猫が多いですね
2020年05月02日 08:15
おはようございますo(*^▽^*)o~♪
ミーちゃん4歳なんですか~
もう少し歳いってると思っていました。
咲ちゃん達を産んだのもまだまだ若かったんですよね~
みかんさんにじゃれている姿はほんと自分も甘えたい姿
みかんさんもそういう姿見ると可愛くてたまらないんでしょうね~
その時間大切にしたいって思いますよね~
でも咲ちゃんが来たらちゃんとお母さんに戻る。なんていじらしい~~~
ミーちゃん甘えられるときは思い存分甘えてね~~~
みかんさんはちゃんと受け止めてくれるからねw
2020年05月02日 12:44
ミーちゃん、昔はかわいかったですね
”今は違うってことか!?”とミーちゃんに怒られそう
今は大人の落ち着いた雰囲気ですよ
昔を思い出して語りながら・・・
本当に会話ができたらいっそう面白いでしょうね (^o^)
2020年05月02日 13:04
サバさん
不思議に二匹とも同じみちを歩んでいるんで。
咲は避妊したからもう子供を産むことはありませんが…。
二匹とも私と過ごすためにここに導かれたのでは?
などと考えたりもします。思い過ごしか。(^^;
ミーちゃんにしても咲にしてもほんの仔猫のころからの付き合いだから他の人間とは違って見えてるのかもしれません。

kyoroさん
そうですね、このあたりそういえばあまり猫のケンカって見ません。
発情期でも「恋のさやあて」の叫びはあまり聞きませんしね。
ここにけっこう雄猫も顔を出すんですが、揃いも揃ってここに来る男の子は性格おっとりしています。去勢されていない子でさえも。
民主化猫共和国なのかな?(^^;

みるくっちさん
今はけっこう見た目老け顔?のミーちゃんですが、まだ若いんですよ。(^^;
生まれた翌年にさっそく妊娠したんですが、この時は流産してしまって二年目の咲たちが初めての出産。結局それが最初で最後の出産と子育てになりました。
この子は咲とは別の意味で可愛くてたまらないです。
咲はあからさまに私にくっついてきますが、ミーちゃんはちょっと距離を取りつつも私から離れない。
だから咲のいないときはできるだけ甘えさせてあげたいですね。

T&Mさん
ときどきミーちゃん、遠い目線をするんですよ。
「あの頃はあんなことが」と言ってるような。
この子との付き合いの歴史は猫通りでの私の歴史そのものに近いですから…。
このまま一緒にゆっくり年取っていきたいような。
2020年05月02日 13:26
ミーちゃん、エライなあ。若くして母親になったんで、咲ちゃんの手前いろいろ我慢してたんですね。
ホントはじゃらしとかでうんと遊びたいんだけど、そうもいかないんですね。
親猫のプライドが許さないのかな。
小さい頃のミーちゃん、可愛いですねー。
みかんさん、またミーちゃんとたっぷり遊んであげて、スッキリさせてやってください!
2020年05月02日 14:45
猫にも極的な子、消極的な子といろいろいます。
家の母猫も消極的な子。
こういう子いじらしくってかわいいです。
2020年05月02日 15:16
こんにちわ。
みーちゃんと咲きちゃんは親子だったんですね。
毛の色がみーちゃんのお母さんは真っ白なんですね。
みーちゃんは全然違い、咲きちゃんは白っぽい子ですね。
ルーツをたどると猫って面白いですね。
私は猫飼ったことないのであまり良く解らないのですが、犬より猫の方がすきです。
息子の家に行くと男嫌いの♂猫が待っています。今は会えません。
2020年05月02日 15:39
こんにちは。
この日は草凪みかんさんとミーちゃんの素敵な2人の時間を過ごすことができたんですね。
大人になって なかなか甘えられなかったミーちゃんにはラッキーな日。
草凪みかんさんにとっても ミーちゃんとの思い出を巡らせ 和めるラッキーなひと時でしたね。
お互い たまには こんな日もないと。
ミーちゃんとは 深い絆あったんですね。
ほんわか~
2020年05月02日 19:35
トンキチさん
やっぱり母親だなぁと思います。
咲がいるときといないときで全然違いますから。
その前年に流産を経験してますから、なおさら子に対する愛情が深いのかな。
それだけに、一匹だけの時は思うさま相手をしてあげたいと思います。
咲がいない時はちゅ~るも食べるんですよ。(^^;

猫ねこネコさん
考えてみればミーちゃんは子供の頃からいつも一歩引いてた子でしたね。
他の子を押しのけてでも、というタイプじゃなかった。
そんな子が産んだ4匹の仔猫のうち残った咲はミーちゃんと対照的な性格。
それはミーちゃん自身が一番よくわかってるのかもしれません。

ロシアンブルーさん
そう、母猫と毛色が全然違うんですよね。
それも二代続けて。
隔世遺伝というのもあるんだろうけど、父親の毛色を正確には知らないもんで。
咲の白はおばあんちゃんの毛色も受け継いでいるのかな。

にゃーちゃんさん
なかなかミーちゃんとサシになる時間ってないんですよね。
いつもどこからか咲がやってくる。(^^;
この日は珍しくしばらくミーちゃんだけでした。
20分くらいしたら咲が飛んできましたけど。
できればこういう時間も多く取ってあげたいんですが。
2020年05月02日 21:35
うちのお嬢さんだって1日一回は走り回ってますからね、ほんとは4歳なんてまだまだお転婆さん、ジャラシで遊びたいはずなのに咲ちゃんがいると母の顔になるんですね
たまには目一杯遊んであげてくださいね〜
2020年05月02日 22:46
ウチのきいろは爺ちゃん・婆ちゃんには甘えん坊でしたが、私に対しては威張りん坊。お姉さんのつもりだったように思います。
私が拾って、哺乳瓶でミルクも飲ませて世話したのにね(笑)
懐かしいなぁ。会いたいなぁ。触りたいなぁ。
2020年05月03日 08:36
おはようございます
ミーちゃんと咲ちゃん親子
毛色が全然違いますねー
母親の自覚顔にも出てますねー
2020年05月03日 10:08
マーシャの乳母やさん
そうでした。姫に比べたらまだまだ若輩…。(^^;
本当ならまだ遊びたい盛りでしょうね。
親になるということは猫でも人間でも心に大きな柱を持つことなのかな。
残念ながら人間には、それを忘れている人たちがいますが…。

ひじっ子さん
きいちゃん、上から目線でしたか?(^^;
そう猫って人間を親代わりに見なしたり、あるいは自分が親や姉のつもりになったりとその時々の気分で変えるんですよね。(^^;
でにどちらも愛情表現には違いない。
きいちゃん、今は雲の上から文字通り「上から目線」かな。

すーちんさん
そう、自分一人だけのときと咲がいるときとでは顔つきが違います。
この親子、代々母猫の毛色を直接は受け継がないんですよね。
避妊手術してしまったのでもう知る由もないですが、もし咲に仔猫ができていたらミーちゃんと似た毛色になったんだろうか?
2020年05月03日 13:24
こんにちは、草凪みかんさん\^^/。
ミーちゃんアルバム、年代別見るニャン生、
す~ごく良いです(^_^)v。
そ~してお見送り、ジ~ンときます。
2020年05月03日 21:42
ミーちゃん、まだ4歳なんですね。若いですね。猫じゃらし大好きなんですね。立ち姿、真っ直ぐ立ってますねミーちゃん。でも咲きちゃんが来ると譲って優しいですね。
2020年05月04日 10:12
おーちゃんさん
お見送り、ちょっと嬉しいです。
ミーちゃんとお散歩の時間みたいになりますので。(^^;
最後にテリトリー限界までくると名残惜しそうな顔されちゃうんですが…。
「また来るからね!」と。

りんママさん
ジャラシ遊びの時の「立ち技」は咲よりもミーちゃんのほうが上手かも。
そういえば仔猫の頃から立ち技は得意だったな~。
咲はジャンプは上手いけど「立っち」はイマイチです。(^^;