猫カフェ?

母親が行く通所リハのお迎えの時間はその日によって違います。8時過ぎに迎えにくることもあれば9時近くになることも。
それを見送ってから買い物ついでに猫通りへ、ということになるのですが、さすがに迎えの時間が遅い日は猫通りに着くと9:30過ぎになるのでそんな日はパス。
この日は8:05の迎えだったので、洗濯機から洗い物を引き上げて急いで干してから出かけます。
猫通り着8:40。

お迎えはミーちゃん。
nekow2020080305mi2.jpg
最近はKさんの家の前でいつも座らせてもらって猫たちと遊ぶことが多いです。ここ、涼しいんで。
前にも書きましたが、Kさんの奥さんが冷たいレモンティーを入れてくれるんですよ。
おつまみ付きだったりする。(^^;
nekow2020080301tea.JPG
ほんとに有難いことです。
ここに通い始めて6年目。通りの方々とはすっかり懇意になりました。

思い起こせば初めて行った時、通りで立ち話していたKさんとSさんの前にカメラぶら下げたまま歩み寄って頭を下げ、
「実は猫の写真を撮りたくて来たんですけど、かまいませんか?」
と声をかけたんですよね。

その時「どうぞ、どうぞ」と快くOKしてくれたお二方。
それから足繁く通うようになって、通りの他の方々とも仲良くなって…。
最初に挨拶してよかったと今になってつくづく思います。

「外猫撮影のコツを教えて」とときどき言われたりしますが、私にいわせればそんなものはないんですけどね。
あえて言えば猫と仲良くなるのが先決かな、と。
猫に安心感を与えなければいい表情は見せてくれませんから。それだけ。(^^;

それ以外にはって?
いや、もしあるとすれば…。
そう、これは「必須条件」ではなくてあくまで「プラスアルファ」程度に考えてもらえたらと思いますが、
「人とも仲良くすること」ができればなおいいかな、と。

単純に人間対猫という関係だけで考えれば通い詰めるうちに仲良くなっていい写真を撮れるようになることは可能でしょう。たとえばそれが人家のない場所であるならば。
しかし、ほとんどの場合はその猫たちのいる場所には間近で生活をしている人がいます。その人たちを無視して猫とだけ仲良くしようとするとどうなるか?
たいていの場合「不審者」扱いされて「招かれざる客」としての扱いを受けることになるでしょうね。

だから、可能であればそこで生活している人たちとまず仲良くなることが大事だな、とこれは私の経験で得たこと。猫と仲良くなるのはその次の段階。これって大事なことなんですよ。少なくともその後もずっとそこで猫たちと交流したいなら。
これはどこでも同じ。地元でも、あるいは下町でも。
ep2016022142tateishi.JPG

私は初めての場所に行く時、そこが住宅地であるならば、もしそこに住民と思しき人がいたら、まず、
「すみません、猫の写真を撮ってるんですけど…いいですか?」
と正直に自分の来た目的を話すことにしています。
これが大事ですね。自分が何をしに来たか、それを住民の方に正直に話すことによって「不審者ではない」と認識してもらうこと。もしその時にいい反応が返ってこなかったなら歓迎されていないと判断するべきで、二度とその場所には足を踏み入れないほうが無難です。
ep2016022101higashiogu.JPG
これは猫撮影に限らず、例えば町風景や建物撮影でも同じ。
自分の自宅にレンズを向けられているのを見たら、あなたはどう感じますか?
もちろん、その場にたまたま誰もいなければわざわざ呼び出して申し出る必要はないですけど。
ただ、隠れるような所作をせずに堂々と撮ることですね。もし詰問されたらはっきり自分の目的を告げること。
ep2016022139tateishi.JPG
それをせずに、まるで人目をはばかるようにしてコソコソと写真を撮っていたら、たとえ猫好きな方々であっても「アヤシイ奴」と思うのが当たり前。
ところが、さまざまなブログを見ていくと「野良猫写真家」と自称している人の半数近くはそういう認識があまりないようで。
「〇時から〇時くらいは地元の人に見つからずに写真撮れるので狙い目」とか「猫を見つけたらとにかく高速連写するのがコツ」とか平気で書いてる人が…。(-_-;)
あまり「コソコソ撮り」する人が増えると猫写真家全体、いや全てのジャンルの野外カメラマン全体が白い目で見られちゃうんだけど。堂々としてるべきですよ。「私は写真撮りにきました」と。ただ、そこにはルールがあって無断で他人の家にレンズを向けない、他人の敷地をのぞき見しない、というのが最低限のマナー。そうでないと、人の敷地に勝手に入って三脚立ててる「迷惑撮り鉄」なんかとある意味同様に受け取られかねない。

neko17022534neko.JPG
そもそも初めて行った場所で会った猫が、外猫であるからといって野良猫とは限らない。飼い猫の可能性もあるわけです。たとえ首輪をつけていなくても。
昨今増えている虐待目的での猫捕獲。だから飼い主あるいは外猫を保護している人たちにとっては写真を撮られてそれがネット上に出ることによってそうした不逞の輩を招き寄せるのを極度に警戒する人もいます。当然のことだと思う。
他ならない私自身、以前この点に配慮が足りずにお叱りを受けたこともあります。
ですから、現在はお店の看板猫さんを除いて外猫たちのいる場所の情報に繋がるものは一切掲載しませんし、必要な時は画面にモザイクをかけて場所の特定を防いでいます。もちろんカメラ本体のGPS機能は常時OFF。

外猫は、人の営みに寄り添って人に頼って生きているもの。
人がいないところには猫はいません。
だからこそ、外猫と仲良くなりたければ、あるいは外猫の写真を撮りたいならば、まずそこの人たちと仲良くなるのが一番いい。
私はそう思っています…。
まあ、今書いたことはあくまで「プラスアルファ」であって必須ではないですけどね。

さて猫通り。
今では写真は二の次。猫たちと遊ぶのが楽しみで訪れるようになりました。(^^;
今では私が行くとSさんもKさんも自分の玄関前を開放してくれて「ゆっくり遊んで行って」と言ってくれます。
飲み物まで出してくれて、時には「これ持って行きなよ」とお菓子を持たせてくれることもあるので恐縮しますが…。
こちらはせめてものお礼として時々撮った写真を紙焼きしてプレゼントするくらいしかできないのですが、KさんもSさんもすごく喜んでくれます。
ここの猫たちが私に懐いてくれるのは、私が通りの人たちと打ち解け合っているからではないかな。
いやたぶんそうだと思う。

nekow2020080302mi2.jpg
あ、ありがと。ミーちゃん。(^^;
こんなサービスのいい猫カフェってないよね。
あ、カリカリは持参ですよ♪
nekow2020080303mi.JPG

ところがこの日は、なぜか咲がいない。
どこかで遊んでるのかな、ねえミーちゃん。

と…ミーちゃんが「あの子、なにしてるのかしら?」とばかりに腰を上げて咲を探しに行ってくれました。
と、何のことはない、ちょっと歩いたSさん家の手前の道でゴロンしてうたた寝中。
まあ、猫としてはちょうど眠くなる時間だよね、9:00頃って。暑いし。

nekow2020080307sakimi2.jpg
よほど夜更かししたのか、なかなか起きない咲。

nekow2020080309sakimi2.jpg
なんだか、どこかの家の人間の母娘のやりとりみたいな。(^^;
nekow2020080310sakimi2.jpg
あの~、キミの娘でしょ?
私に振らないで。(^^;

私に気が付いてコロンコロンし始めたんですが、あろうことか日向に転がって行って。
nekow2020080311saki.JPG
咲~。頭パーになっちゃうよ~~~。
ただでさえ天然なんだから。(^^;
nekow2020080313saki.JPG
完全に寝ぼけてる。
nekow2020080312saki.JPG
起きようよ、咲。日陰に行こう。
nekow2020080314saki.JPG
仕方がないので抱っこしてKさんの家の前に連れて行きました。

そしたら…10分後には別猫のようにはしゃいで。いやはや。
ネズミじゃらし1本、今日でお釈迦に~~~。もうボロボロ。
nekow2020080315saki.JPG
仕方がないのでジャラシを引っ込めると咲は膝の上へ。
nekow2020080316saki.JPG
Kさんが
「お疲れ様~。もう1杯どうぞ~」
と今度は麦茶をもってきてくれました。

来週来るときはシャムちゃんの写真を紙焼きして持ってこようかな。
トリミング後の写真はまだプレゼントしてなかったから…。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 81

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年08月09日 14:19
私がウォーキング中に撮る花は殆どがよそ様のお宅です。無人の場合はそのまま撮りますが、家人がおられたら必ず声をかけます。話が続いて、花の情報を頂いたりします。
猫も同様ですね。知らない人には警戒心をあらわにする猫が多いですが、買い主と話が出来れば、猫の方も「あの人は安全なんだ」と思ってくれますよね。
2020年08月09日 15:15
こんにちは、草凪みかんさん\^^/。
地域ねこ居場所周り、善意の方々とは
あいさつがかかせまん、私もカメラ撮
りしてますよから入ります。
ミー、咲ちゃんの顔見てると、足蹴な
く通いますね(*^_^*)。
2020年08月09日 16:03
こんにちはo(*^▽^*)o~♪
みかんさんは本当に外猫ちゃんたちの写真上手に撮りますよね~
ミーちゃんや咲ちゃん達は外猫と言っても半分家猫だからわかるけどw
でも島へ行ったときの写真とかプロ?って思っちゃいますもん。
いい顔良いショットが沢山あって私はとっても癒やされます。
自分でも撮りたいけどなかなかね~~~~w
今日の記事は参考になりましたよ。
咲ちゃんが頭パーになるより先にきっとうちの子の方がパーになる方が早いかも
イヤもうなってるかも(≧∇≦)ブハハハ!
じゃらし破壊さすが咲ちゃんって所でしょうねw
2020年08月09日 16:06
男性がカメラを持っていたら、確かに怪しい人かも?と思われても仕方ないところですね。私もそう思っちゃいます。
海や夕陽と対象物がはっきりわかっていれば別ですけどね。

女性は特に知らない男性から声をかけられたら、たとえそれが道を聞くためでも、ちょっと身構えますからね。
だから、みかんさんは正直にひと声かける・・えらいなぁ~と思います。
きっと警戒心を感じさせない何かも持ち合わせていらっしゃるのかもしれないですね。いえ、別にお顔がどうのこうの・・・・ではありませんよ(笑)

今は簡単に写真は撮れますが 特定できないようにしたり気も使いますね。
2020年08月09日 17:24
こんにちは。
コロナ期だからか(笑)野外猫カフェは いいですね~
時間制限なし!ふれあい放題♪遊び放題♪
地域の方々とは 仲良しになると 楽しいことも更に楽しくなりますよね。
咲ちゃん その炎天下でよくネムネムになれますね~
よほど眠いのか 昨日の夜は何してたのかな?

2020年08月09日 17:29
野良猫という言い方は適当では無いかも
街の外猫は何らかの人との繋がりが有って生きてられますから
”地域猫”というのが適当かも
そんな猫達と繋がるためには地域の人と繋がるということですね
MIKANさんのおっしゃる通りだと思います
咲ちゃん、充分睡眠で元気溌剌! (^0^)/
2020年08月09日 20:32
やはり人間関係は大事ですよね~
自分もウォーキングで会う人とは
知らない人でも出来るだけあいさつするようにしてます。
完全に退職した後、地域の自治組織とかで
会社時代よりもさらに密なコミュニケーションが必要に
なるみたいですからね(^-^)
苦手なんですけどね~
2020年08月09日 22:40
ご挨拶って大事ですね。
私、人見知りでご挨拶、苦手です。とほほ・・・
咲ちゃん、お外なのに寝すぎですよ(笑)
2020年08月09日 23:07
猫や花の写真を撮るからって、勝手に家に向けてパシャパシャされたら誰もがいい気はしないはずです。
自分がされたら嫌な事はしてはいけないのに、できない人がいて困りますね。
男性の場合、覗きと思われる事もあるので、ちゃんと言ってくれると安心感が、まったく違います。
しかしまあ、飲み物におつまみ付き。まるで愛知の喫茶店並ですね( *´艸`)
お互い、人柄がよいのが分かります。
場所の特定は気をつけないといけないですね。
過去に瞳の中に映ったビルで場所を特定して事件になりましたね。
そんな暇あったら、別の事で頑張れやって思います。
2020年08月10日 09:13
おはようございます
こそこそ撮っていたら
怪しまれるの当たりまえ
飲み物まで出してくださるとは
猫たちにとっても居心地良い通
りですね
2020年08月10日 12:35
長さん
そう、花の写真もそうですよね。
私もけっこう花は撮るのでやはり一声かけて撮るようにしてます。
そうすることによって、お互い和やかな雰囲気になることもできますし。
ほんの一言、それが大事です。

おーちゃんさん
毎日のように訪れる場所ならなおさらですよね。
互いに顔見知りになっておけば、気軽に足を運べます。
「いい写真撮れてる?」とか声かけてくれるようになればもう大丈夫。
その場で「こんな感じです」とモニター見せて。

みるくっちさん
この時の咲は何考えてたのか、それとも何も考えてないのか、陽が当たってるところに頭出してるんですからね。
いくら猫は暑さに鈍感って言っても…。(^^;
よっぽど早朝に歩き回って疲れてたのか、それとも朝ごはん食べ過ぎたのか。
ジャラシはねえ、1ヶ月持たないですよ。家猫みたいに始終遊んでるわけじゃないのに。
咲、けっこう遊び方ハードですからねぇ。
年間、ジャラシでいくら使うかな?(^^;

コマダムさん
不審者とか変質者とかと思われたくないですからね。(^^;
特に昨今は肖像権の問題もあるので町中でカメラ出すときは要注意です。
撮るつもりはなくてもカメラぶら下げてるだけで警戒されますしね。
つくづく、道東の誰もいない湿原でタンチョウ撮ってる方が楽だと思うこともあります。
でも今年はコロナ禍で行けません…。

にゃーちゃんさん
そう。制限時間なしです。(^^;
おまけに料金要りません。ときどき写真持って行って、年末には翌年のカレンダー持って行って…だけですね。(^^;
猫を通じてできた人の輪、みたいな感じですね。
猫話だけじゃなくてけっこう世間話も多いですよ、ついつい長居してしまいます。
もちろん会話時はマスクつけてますよ♪

T&Mさん
「地域猫」という言葉、確かに理想ですが、現実は…。
日本の各自治体の定義だと「周辺住民がある程度協力して世話をしている」猫ということになるんですが、例えば近隣に猫嫌いの人がいてそれに反対していると「地域猫」とはみなしてくれないそうで…。
そう考えると狭い意味での「地域猫」って本当に少ないんですよ。
猫通りの子たちは文字通りの地域猫と胸を張って言えますけど。(^^;

kyoroさん
挨拶って本当は基本なんですけどね。
昔は当たり前でした。何も構えてやるものじゃなかった。
でも昨今では「見知らぬ人とは話さない」という傾向が強くなって、隣近所同士の会話さえ少なくなってるご時世。
町会などの自治組織も最近はだんだん有名無実化してきている場所も。
わが町会でも回覧板は止める、ゴミ当番やってくれないというお宅が…。
いざ災害というときに拠り所になるものなんですけどね。

ひじっ子さん
挨拶、たった一言ですから。
その一言でお互い気持ちがほぐれることも。
まあ、中にはとっつき悪い人もいるし人と話すのが好きじゃない人もいますけど、それはまあ仕方ないかなと。
咲は、昼間はよく寝ますね~。
行った時に寝てると起こすのかわいそうでそのまま帰ろうとすることがあるんですが、なぜか気配察して起きてきます。猫って眠り浅いんですよね。

猫ねこネコさん
そうそう、覗きと思われる可能性もありますよね。
特に中望遠レンズなんかつけていたら。
コソコソした仕草はさらにそれに輪をあけて疑いを…。
でもそれをわかっていないカメラマン、多いんですよ。(-_-;)
場所の特定ができないように…これは猫写真だけじゃなくて、例えばタンチョウなどの野生動物写真でもそうです。いや猫写真の比じゃないな、野生動物の場合は。特にお隣の国の方は「このシーン、どこで撮れるんだ?」と言って必死に写真のデータを読もうとする人多いですからね。
だから位置情報は決して出さないようにしてます。
どうだわからないだろ、ザマーミロ、という感じで。(^^;

すーちんさん
堂々としてればいいのにねぇ。
なんでそんなにコソコソ撮ろうとするのかわからないんですよね。
自分にやましいことがあるからじゃないかと。
レモンティーだけじゃなくて、ときどきパインジュースも出てきますよ♪
2020年08月10日 14:19
私も散歩しながら花を撮るんですが気を使います。家の中の花は撮らないようにしていて道路にはみ出ているのや道端、畑などに植えてあるのを撮っています。猫ちゃんとはほとんど見かけないので撮る機会がほぼありません。でも声をかけるのはいいですよね。
2020年08月11日 08:50
こんにちは

冷たいレモンティー、いいですね。
そういうご近所付き合い、いいですね。
ニャンコのおかげでみなさん集まって、ご近所さんも楽しいんでしょうね。
2020年08月11日 12:08
こんにちわ。
猫通りに通い始めて6年も経つんですか~、しかも、ほぼ毎日ですか。
人々の生活空間に猫たちは住んでいるから、いきなりカメラ向けられたらこの
ご時世ですから怪しまれますね。
一言ご挨拶すれば、その内会話も弾み気ごころが知れ、時には冷たい飲み物も
頂き、安心して猫写真も撮れますね。
逆に猫を介して人とのお付き合いも幅が広がりますね。
2020年08月11日 14:43
りんママさん
私の家から歩いて5分のところに見事な藤棚を吊られているお宅があって、やはりご挨拶して毎年4月末に撮らせていただいてるんですが、そのお宅に通い猫してる子がいて。(^^;
ついでに猫写真もGETできてます。
そんな「副産物」もあるんですよ、時には♪

トトパパさん
あの猫通りは、猫がいるから通りの方々同士も和やかに暮らせているのかもしれないですね。
実際に猫を飼ってるお宅は5軒中2軒だけですが。
通りの方々が立ち話してるのを猫たちが囲んでたりします。
ちょっとほんわか、な雰囲気ですよ♪

ロシアンブルーさん
行くのは週に2日か3日ですね。
お袋の通所リハの日になるので。(^^;
そう、昔だったらさほど気にしなかった何の気なしの町のスナップでも、最近は気を付けないと「アンタ、何を撮ってるの?」って訝しがられますよね。
町風景専門の写真家(私の友人にいます)にとっては本当に神経が疲れるそうで。
「昭和な風景」を撮ろうとしても、そこに住んでる人の感覚はもう昭和じゃないですからね…。