一足早く…

本日東京でソメイヨシノの開花が宣言されました。
靖国神社にある標本木で開花が確認されたそうです。一般に「開花宣言」と言った場合、その地点の標本木で5輪以上の花が開いた状態を指すのだそうで。
開花から満開まではおおむね一週間ですから、来週末が都内のお花見真っ盛りとなりそうですね。年度末で土日出勤となる方にはなんともウラメシイでしょうけど。(^^;

さて今日私は一足早く東京でお花見をしてまいりました。
と言っても、ソメイヨシノではありません。
このお寺に咲く早咲きの安行桜は毎年3月15日前後が見頃。今年は暖かくなるのが早かったので今日だとちょっと遅いかな、とも思ったのですが、行ってみればちょうど満開になりかけ。いいタイミングでした♪

画像


昨日よりも気温がガクンと下がりましたが、風もなくおだやかで空はきれいな淡青。
冬場の凛とした青ではなくて、いかにも春といった優しい青。桜には「紺碧」よりも「淡青」がよく似合う…。

画像


嬉しそうなさえずりを奏でながら枝の間を飛び回っている数羽の鳥。ヒヨドリですね。

画像


花をつついて食べてます。(^^;
というより、蜜を吸っているんですよね。この季節、さまざまな小鳥が花の蜜を吸いに来ますが、スズメやシジュウカラなどは花を根元から食いちぎって蜜を吸うので木の下に花がポトポト落ちてしまいますが、ヒヨドリはお行儀よく?花に嘴を差し込んで舌で花蜜を舐めるので花を散らすことはありません。
去年はインコが来ていたんですが、今日はいませんでしたね。

画像


山門をくぐったところに鎮座する六地蔵。
午後の陽射しを浴びて微笑んでいるような。

画像


今日の東京は最高気温12℃と言われていましたが、この時は体感的には15℃以上あったような。

画像


毎年ここの桜を見に来ますが、ここは静かでいいです。同業者にもあまり会いませんし。
この時間帯、カメラ持って桜撮りに来てるのは私一人だったようで。

画像


それにしても、いつも思うことですがあらゆる花の写真の中で桜が一番難しいですね。
というのも、枝が高いところにあるのでアップで撮ろうとするとどうしても下から望遠で打ち上げ。そうすると下を向いている花弁はどうしても陰になりがち。光の方向を見定めながらなるべく条件のいい枝を選ぶのですが、トップライトとなるこの時間帯はどっちから撮っても多かれ少なかれ陰になる花が出てしまう。だから露出は+2/3~+1程度に振ってやらないといけません。そうしないと桜本来の色がなかなか出ない。開けすぎても白く飛んでしまうし…。

画像


遠くから撮るには何も苦労しないんですけどね。
考えてみればお花見でも花の一輪一輪をしげしげ見てる人はいないわなぁ。(^^;
桜ってそうやって見る花じゃないのかもしれないですね。

ずっと桜を撮っていたら肘が痛くなってきました。望遠レンズを上向きでずっと構えているのはけっこうツライです。ちょっと休憩。

画像


「お疲れさん!」と声をかけてきた?のは、
すぐそばのお堂で日向ぼっこしていた猫さん。

画像


「少しゴロンとして休めば?こんなふうに」
いや、私がそれやったら怒られちゃうから。(^^;

画像


「そうかぁ?今日は最高のゴロゴロ日和だぞ」

画像


考えてみればもうお彼岸。暑さ寒さも彼岸まで…猫たちにとって「日向ぼっこ」というのは秋から春までの楽しみだけど、春になれば汗ばむような日差しの日も徐々に出てくるんでしょうね。日向から日陰へと彼らが居住まいを移すのも意外に早いかもしれない。

画像


なんだか年を追うごとに夏と冬が長く、春と秋が短くなっていくような気がするんだけど。
そう思わない?

画像


「ハーイ。思いま~す!」

画像


キミたちの影もこれからどんどん短くなっていくんだろうね。

お彼岸の入りは明日なので、今日はまだお墓参りに来られている方が少なめでしたね。だからお墓も静かでした。

画像


猫灯籠。(^^;

画像


ここはこれからの季節、猫たちの間で取り合いになるかもね。雨もしのげるし。

画像


来週は本堂東側のソメイヨシノが盛り。
季節は一気に春へとなだれ込みます。

"一足早く…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント