プラス思考

Aさんが大腸がんの手術を受けて退院してから1ヶ月半ちょっと経ちました。
退院した当初は、かつての面影からはちょっと想像もできないほど痩せてしまっていたのですが、この1ヶ月でみるみる元気を取り戻し体型もふくよかに戻りつつあります。術後から体重6kg戻ったそうで。今ほぼ標準体重だとか。
「もう朝のエサやり、私が毎日やっても大丈夫だよ」
と言ってくれるのですが、やはり当面はリハビリに専念してもらいたいのでこれは私が続けることに。正直言ってもう私の生活ペースに組み込まれてますから。(^^;

nekow2019090110nihiki.JPG

先日術後2回目の診断で病院に行って来たらしいのですが、なんと本病巣・転移部ともに術後よりもガンがかなり小さくなっているとのこと!(前回は部分摘出だったそうです)。
今は抗がん剤治療を続けていますが、このままあと半年程度様子を見て大丈夫そうなら完全摘出の手術ができるかもしれないそうです。そうなればストーマも必要なくなり以前と同じ生活に戻れるそうで。

現代医学の進歩なのか、それともご本人の努力と性格のたまものなのか。
たぶん後者でしょうね。プラス思考な方ですから。
Aさんは明るい前向きな性格。その場にいるだけでパッとあたりが明るくなるような人です。
病気になると「どうしよう、どうしよう…」と考えてマイナス思考に陥る人も多いですが、Aさんはそうじゃなかった。「今はステージⅣだって完全復活した人たくさんいるのよね。だから私も大丈夫!」と手術前に言ってました。
実際には内心では怖さもあったと思います。それでも息子さんや猫広場の猫たちのことを考えると「絶対死ねない!」という気持ちが前面に出てました。
「息子は一人でもなんとかやるだろうけど、この子(猫)たち残していくわけにいかないわよ~」
と笑って言うAさん。

今は毎朝私がエサやりをした後に猫広場に立ち寄って、掃除や寝床の確認などをしてくれています。
土日は私が猫広場にゆっくりいるので会っていろいろよもやま話ができるんですよね。
実は先日の姫路出張の時はエサやりはAさんに代行してもらっていました。
70代前半。まだまだ若いAさん。完全復活の日は近い!(^^;

さてそのAさんが猫広場に来る途中には例の教会があります。Aさんの家からは徒歩2分。
今の季節、Aさんは朝5時過ぎに愛犬の「ココ」ちゃんを連れて自宅の回りを散歩するのですが、ここのトラ君がココちゃんと仲がいいそうで。時々途中まで一緒に歩くんだそうです。
なにせ早朝で人通りもほとんどないので知っている人はほとんどいないのでは?
犬猫並んでのお散歩、一度見てみたいですが。(^^;

私が猫広場に向かう頃には道路でマッタリしてるトラ君。
もう6時前には朝ごはんはもらっているようで。

nekow2019082401tora.JPG

車もほとんど通らないので安心して道路の真ん中にベタ~ッと。(^^;

nekow2019082404tora.JPG

優しい人たちとともに神様も見守ってくれていますからね♪

nekow2019082402tora.JPG

いつもこの子の頭をちょっと撫でてから猫広場に向かうのが私の朝の日課になっています。

"プラス思考" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント