河原の風景

冬晴れの一日。
病院に行くのは夕方にして久々にカメラ持ってちょっと息抜きに。(^^;

荒川の流れ。

neko2020011001arakawa.JPG

こう見たところ、見慣れた風景のようですが…。

neko2020011002arakawa.JPG

ユンボがあちこちで動いてる。

neko2020011003arakawa.JPG

そう、昨年秋の台風で河川敷は水浸しに。水位が堤防のすぐ下まで来て下町一帯にも避難勧告が出たあの台風19号の爪痕が3か月たった今もあちこちに残っていました。

neko2020011004arakawa.JPG

川岸にあった雑木の多くが立ち枯れて除去されました。そして上流から流れて来た流木や土砂あるいはゴミなどでついこの間まで河原は惨憺たる状態でした。
未だに片付けられていない漂着物が残っています。

しかし水鳥たちはそんなことはどこ吹く風。
橋の上から眺めると、シラサギがのんびりと…。

neko2020011005shirasagi.JPG

そうそう。今「シラサギ」と書いてしまいましたが、正確には「シラサギ」という名称の鳥はいません。
全身が白いサギ科の鳥を「シラサギ」と総称しているだけで、実際には「ダイサギ」「チュウサギ」「コサギ」などと種類が分かれています。これはチュウサギかな?

今年はタンチョウ撮影に行けないので、せめてこんな感じで水鳥撮影を。(^^;

neko2020011006shirasagi.JPG

どうやら小魚を見つけたかな?
首を水面に突っ込んで…。

neko2020011007shirasagi.JPG

漁は失敗したみたいです。
「ちっ!逃がしたか!」てな顔で。(^^;

neko2020011008shirasagi.JPG

「しょ~がないな~~。ん??」

neko2020011009shirasagi.JPG

どうしたの?

neko2020011010shirasagi.JPG

慌てて飛び立とうとするシラサギ君。
「ヤバイ!アイツが来た!」

neko2020011011shirasagi.JPG

飛び立っていきなりUターン。何?と思って見ていると私がいる橋の下をくぐってアオサギが飛んできてシラサギを追いかけはじめました。

neko2020011012sagis.JPG

「ゴルァァァ!ワレ、ここを誰の縄張りだと思っとんじゃ!」
どうやら縄張り争いのようで。

neko2020011013sagis.JPG

「待たんかい、ワレェェ!」(なんで河内弁なんだ?)
どうもシラサギ君のほうが分が悪いみたいですね。逃げる一方。

neko2020011014.JPG

シラサギを追い払ったアオサギはさっきシラサギがいた浅瀬へランディング。

neko2020011015aosagi.JPG

「まったく油断も隙もあったもんじゃない!」
そう言ってそうです。(^^;

neko2020011016aosagi.JPG

「もうアイツ来ないだろうな?」

neko2020011017aosagi.JPG

何度か後ろを振り向いてシラサギが遠くに去ったのを確認すると、やっと落ち着いたようで。
それにしてもアオサギもこうして見ると美しいですね。

さて河川敷の猫たち…あの大水で大丈夫だったのか心配でした。なかなか姿を見ないので。
と、いつもの場所からちょっと離れたところに一匹。

neko2020011018neko.JPG

ちゃんとゴハン貰ってました。

世話をされている方とたまたま会ったので聞いてみたら、ほとんどの猫たちが無事だそうです。
「今はもう昼近い時間帯だからあちこち歩き回っているし、ヨシ原の間に入って昼寝してたりするから見えないんだよね。大丈夫、みんないるよ」
その言葉を聞いてホッと…。

neko2020011020neko.JPG

お腹いっぱいゴハンを食べたこの子は悠然と後姿を見せてヨシ原の間に消えていきました。

neko2020011019neko.JPG

さて河川敷を離れてちょっと町中に下りてみます。

とある公園の片隅。草の間で陽射しに当たってヌクヌクしている子。

neko2020011021neko.JPG

その傍らにはこんな看板。

neko2020011022neko.JPG

未だに日本全国どこでも「猫にエサをあげないでください!」という看板が主流でしょうね。
でもここにはそう書いてない。
要は「餌をあげる人は責任をもってやってください」ということ。
荒川区も10年ほど前は「野良猫にエサやりをする人には罰金を科します」とまで区役所が言ったことがあったんですが、姿勢が変わりましたね。徐々に「地域猫」という考え方が浸透してきたのかもしれません。
でもこういう場所はまだまだほんの一部。
私の町を含めて、まだまだ野良猫「排除」の考え方が官民ともに根強いのが厳しい現実です。

ちょっと歩くと、とあるお宅のお庭のフェンス。

neko2020011023neko.JPG

飲み水が入ったプラケースが置かれていました。たぶんこのお家の方も了解されているんでしょうね。

neko2020011024neko.JPG

ゴハンもたくさんもらっているんでしょう。よく太ってます。幸せだね、キミたちは。

この日、その足で病院に行ったら先生から退院準備のお話が出ました。
予定通りリハビリ専門病院への転院となります。一昨日そのリハ病院へ入院手続きの説明を聞きに行ってきました。まだ転院期日は確定していませんが、おそらく来週中には転院できるかと。
れからが本格的なリハビリですね。
先月中旬に訪問調査に来た介護度認定、まだ結果が来ません。今週中くらいに連絡あるのかな~?



"河原の風景" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント