テーマ:タンチョウ

タンチョウ

今日で11月も終わり。明日から12月です。今年も残り一ヶ月。早いですね。 例年なら、今の時期は冬のタンチョウ撮影シーズンの開幕時期でだいたい11月末から12月初旬にかけて5日間ほどの日程で鶴居村に撮影に行き、このブログも束の間「タンチョウブログ」に変わる時期なんですが、今年は母親の入院・手術のため見合わせです。1~2月厳冬期のタンチョ…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

緑の詩 霧の詩 生命の詩

道東から帰って来たのは火曜日の夜なんですが、その後やれ健康診断やら平日を二日休んだ仕事のツケ?やらでなかなかブログを更新する時間を取れませんでした。ようやく週末。働いたのはわずか三日なのに今週は長く感じたなぁ。(^^; さて留守中は猫広場の子たちへのエサやりはお母さんにお願いしていました。水曜日の朝広場に行ってみたら皆元気でホッと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

また道東に来ました。(^^;

鶴居村の宿にいます。さっき朝食を終えたところ。 昨日の朝一番の飛行機で着いたんですが、釧路空港の気温、なんと14℃。(^^; 東京の感覚では春先ですよね。 初夏の道東にくると毎年こうなんですが、空港で上着を一枚出して羽織って…。 4日間の撮影ですが、初日の今日は軽く…というより体をこの気温差に慣らせることから始めます…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

黒い初心者マーク

こちらではもう桜が咲き始めました。今週末にも見頃になるのではと言われています。 片や北の道東でも、まだ雪が残っているとはいうものの着実に春の足音が聞こえているようです。 先日釧路の友人と電話で話したところ、鶴居村のタンチョウは亜成鳥と幼鳥を残してほとんど繁殖地に戻ったそうです。釧路湿原、別海、標茶弟子屈、野付半島、風蓮湖、厚岸浜中、…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

鶴居村早春賦

朝7時。一群のタンチョウが舞い降りてきました。 地面に下り立ってしばらくすると、群れから離れて歩いてきた番。 先導する一羽が嘴を斜めに上げながら「グルルル、グルルル…」とまるで喉の奥でなにかを転がすような鳴き声を立てています。もう一羽はそのななめ後ろからゆっくりとついて歩いていきます。 前が雄、後ろが雌。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鶴居村のタンチョウおじさん

丘の向こうから昇る朝日。 この時期特有の空気の向こうに浮かぶオレンジ色の円盤。 夜が明けたばかりの湿原ではタンチョウの番がゆっくりと朝のウォーミングアップ。 湿原全体に響き渡るような鳴き声。雌が羽を広げ雄が後ろから近付いて交尾の態勢。 まだ営巣するには間がありますが、春の訪れを着実に彼らは感じ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

なぜダ? 二連発

鶴居村に来ています。 今朝朝一便の釧路行きの飛行機に乗ったのですが、羽田空港でちょっとトラブルが…。 いやトラブルっていうほどのことじゃないですけど、空港のセキュリティチェックを通るとき、「この大きさの荷物は機内に持ち込めません」と言われて。 思わず「ハァ?」と。(^^; だってこれまではずっと問題なく持ち込めたはずなのに。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

こちらも雪

昨日は夜8時過ぎに帰宅。 さすがに疲れてしまってお風呂入ったらすぐベッドに直行。即、爆睡でした。(^^; 目が覚めたら7時。9時間以上寝たんですね~~。 窓を開けると… 雪が降ってました。 今日は関東平野でも積雪があるかも、って言ってたっけ。 鶴居であれほど雪を見てきたせいか、あまり感慨も湧きません。 なん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雪が降る~♪

昨日の朝6時前。 外に出ると…寒い。宿の窓から漏れる明かりが昨日降った雪を照らしています。 玄関先の寒暖計、ー17℃。 ということは、雪裡川はー20℃近くになっているはず。覚悟して?宿を出発。 あちこちタンチョウのねぐらをパトロールしましたが、思うようなアングルの場所にはおらず、結局音羽橋へ。 この日の日の出は6:…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

朝の湿原

日の出前の湿原。 今朝は気温ー12℃と比較的暖かい。この暖かさなら…。 木々の間から覗いてみると…。 水辺に数羽のタンチョウ。 どうやら家族のようです。 日の出とともに丘に登ってみました。 白い雪の中に開いた水面にいくつかの白い点。 番に幼鳥二羽の家族。幼鳥のほうは盛んに羽ばたいて遊んで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「湿原号」に乗りました

一昨日から釧路にいます。 いつも撮影ばかりしている「冬の湿原号」。 たまには乗ってみたいなぁ、ということで一昨日は往路の標茶行きに乗車してみました。 事前に指定を取っていなかったんで、果たして乗れるかとチョト不安でしたが幸い席が空いていて。 札幌から接続の特急が遅れていて、発車時刻を過ぎても出発できません。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

チョビまたはオレオ (^^;

私が鶴居村で定宿にしているこのホテル。 実は日帰り温泉もやっていて、けっこう釧路など地元の方も多く訪れます。レストランも併設。 ここからタンチョウの越冬時の給餌場である鶴居・伊藤サンクチュアリへは徒歩で10分。鶴居には他にも宿はありますが、私がここを定宿にしたのはこの立地条件の良さと温泉があるから。 クルマの運転ができ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Shall we dance?

水曜日の夜、鶴居村から帰還。 その翌日、「さあ、今日は早く帰って写真整理を始めよう♪」と思っていたんですが、なんと帰宅時、通勤経路の路線で人身事故!たぶんまた飛び込みだろうな~。(-_-;) おかげで振替輸送で四角形の三辺(!)を通って帰るハメになり、早く帰るどころかいつもよりも1時間半近く遅い帰宅に。疲れ切ってしまって写真整理どこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

どれでしょう?

タンチョウの夫婦の鳴きあい。 これは、何を意味しているかご存知ですか? 次の中から選んでください。 A:夫婦互いの愛を確かめあい、それを周りにアピールしている。 B:他のツルに挨拶をしている。「おはよう」とか「こんにちは」とか。 C:他のツルにケンカを売っている。 D:外敵を警戒して威嚇している。 さあ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鶴居村にいます

鶴居村にいます。 昨日着きました。いつもなら羽田発朝一便で飛んでくるのですが、今回は午後の便にしました。もともとは朝一便を予約してあったのですが、あえて変更して。半日分の撮影を犠牲にして。 というのは、心に引っかかりがあったからで…。 というのも先週の猫通りのTNR。とりあえず3匹が終わって残りは母猫のミーちゃんと仔猫のホクロ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アナログ精神

とりあえず愛ちゃんの病状も一段落のようなのでまずはホッとしてます。 お母さんに任せてあるので今回は安心して出かけられますね。 そう、明後日から鶴居村です。 夏に行けなかったので3月以来ですね。 久々に「主砲」をケースから出して軽くお手入れ。 このレンズも8カ月ぶりの出番です。(^^; Canon EF200-…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

タンチョウ横断注意!

10月も下旬。 ついこの間まで「暑い」「暑い」と言っていたのがウソのように朝晩はぐっと冷えるようになった関東です。 このまま冬に突入するわけでもないでしょうが、なんだか最近は秋らしい「いい陽気」の日というのが年々少なくなってきているような気がしますね。 本来なら10月というのは「暑くなく寒くなく」のいい気候の時期のはずなんだけど……
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

生命の詩

連日35℃を超える暑さの関東です…。 冷房嫌いの私でも、こう暑くてはそうも言っておられず、日中外に出ることはほとんどありません。 一昔前までは暑かろうが何だろうが、カメラと三脚抱えて撮影に出ていたんですけどね。トシとったなぁ、しみじみ。(^^; 今年は夏の北海道へ行けなかったので、なおさらちょっと欲求不満気味。 もっとも私の…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

早春の海岸線

今日の午後便で帰ってきました。 羽田に降りたら暑いこと…東京、18℃あったんですって? あちらを出るときの気温、+3℃でした。これでも暖かい春の陽気ですけど。(^^; さて昨日は野付半島から別海、そして風蓮湖と海岸線を回ってきました。 三日前に時ならぬ嵐に見舞われた道東でしたが、野生動物たちはそんなことは意に介さないように営…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鶴居村早春賦

昨日からまた鶴居村に来ています。 その前日まで道東地方は春の嵐。大雨によってそれまで積もっていた雪が一気に融けて、あちこちの川が増水、釧路湿原も水浸し状態で、営巣地に帰るはずだったタンチョウたちも面食らったようです。 付近の町にも被害が出て、釧路川の増水により避難指示が出たところもありました。 あちこち通行止めで鶴居村も陸の孤…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

夕空へ

タンチョウは野生の鳥か…?と問われると、そうでもあるし、そうでもない、という曖昧な答えをせざるを得なくなります。春から秋にかけては湿原で自力で採餌しますが、雪で大地が覆われる厳冬期は、ほとんどのタンチョウが鶴居村や阿寒町にある給餌場に集結してそこで餌をもらっています。 もともとは、昭和20年代に絶滅に瀕し、わずか数十羽にま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

-25℃

朝6時半、雪裡川にかかる橋の上。 たくさんの人が防寒装備にガッチリ身を固め、三脚を立て超望遠レンズをつけて朝日が昇るのを今か今かと待ちわびています。 周囲から聞こえてくるのは英語、フランス語、中国語、韓国語…もちろん日本語も。 昨日の朝は今年一番の冷え込みでした。 さっきホテルを出るときに見た玄関の寒暖計はー20℃ちょうどで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

新雪に舞う

積雪の少なかった釧路地方、昨晩から今朝にかけて雪が降りました。 15cmは積もったでしょうか。 おかげで本来のこの時期らしい風景に戻りました。 まるで天が私の撮影予定に合わせてくれたみたいで。とりあえずホッと。(^^; やっぱり冬のタンチョウは雪の上が一番輝いて見えます。 久しぶりの雪に喜んで?追っかけっこ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SL冬の湿原号

昨日から北海道に来ています。 釧路地方、今のところ記録的に雪が少なくてビックリしてます。 12月の時のあの大雪は何だったんでしょうね??? それでも寒いのは平年以上に寒くて今朝も最低気温は‐18℃。明後日からはもっと下がる予報…。 今夜から雪が降るようなので、また大地は白く化粧すると思います。 昨日今日はウォーミングアップ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

新雪に舞う

鶴居村滞在四日目。 前夜半から降り出した雪は夜が明けても降り続き、朝部屋の窓のカーテンを開けてみると外は真っ白に。 一晩で15~20cmは積もったでしょうか。一気に真冬の風景に変わっていました。 こんなお天気ですから当然前夜の段階で早朝撮影は中止にしてのんびり朝寝坊。 レストランで朝食を取っていると、窓の外で宿のオー…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

タンチョウSL

鶴居村から帰ってきました。 羽田に着いてまず最初に思ったことは、 「こっちは暖かいな~」と。 でも後で聞いたら関東では平年よりかなり寒い日だったとか。体が北海道仕様になってしまったようです。(^^; 今日あたりはもう慣れて???しっかり寒く感じるようになりましたけど。 今朝猫広場に行ったら、寝床から出て来た猫たち、寒そうで…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

生息地分散

大型の台風18号が接近しています。明日にも九州に上陸し西日本を縦断するコースのようです。進路に当たる地域の方々は充分に警戒をなさってください。大きな被害が出ないことを祈ります。 9月も半ば。西からは台風が近づくかたわら、北海道の大雪山系ではまもなく紅葉のピークを迎えます。その紅葉はあと半月ちょっと、10月半ばには鶴居村・阿寒町とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

抱卵交代

夏の北海道に行くなら、6月から7月初めまでがお薦めですね。 夏休み期間に入ると観光客が多くなるし、花の季節は7月中~下旬でおおむねおしまい。「原生花園」も8月になると「原生草園」になってしまいます。(^^; だから、というわけではないですが毎年6月に訪れる道東。 この時期は生命の躍動する時期でもありますね。 多くの動物たちが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雪より白く

「タンチョウの白は雪よりも白い」 そう言った人がいます。 道央に比べれば積雪の少ない地方とはいえ、厳冬期の鶴居村は一面の銀世界。 陽の光を浴びて輝く雪はそれは美しいものです。 そしてそこに舞い降りたタンチョウはその雪に融け込むことなくその白さを競っています。 タンチョウの翼の羽は片翼あたり22枚。 一…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サンピラー

今回の撮影は7日間。一日半だけSLを撮って残りの日程はすべてタンチョウ撮影でした。 タンチョウの撮影はやはり真冬が本番。毎年1~2月になると日本国内だけでなく欧米を始めたとした世界各国からカメラマンが鶴居村にやってきます。宿や撮影地はちょっとした国際親善の場。来られている方は英語圏ばかりではないので言葉が通じない時もありますが、そこは…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more