テーマ:

佐柳島 猫びより

佐柳島で雨に降られたのは24日だけ。翌25日の明け方近くまで雨が残りましたが、あとはおおむねまずまずのお天気。ちょっと雲が多めではありましたが。それにしても、予定を勘違いしていたおかげで25日はいったん丸亀に引き返さなければならなかったのはもったいなかった…本来ならネコノシマホステルに三連泊すればよかったんだから。チョンボに気が付いて一…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

雨の日 猫の宿

佐柳島で過ごしたのは4日間。やはりこの島は私にとって特別なのでいつも瀬戸内に来るとできるだけ多くの日程を割きたくなります。最低でも1泊、できれば2泊以上。今回は島内に2泊、丸亀に1泊。23日は晴れ、24日は雨、25日は曇りのち晴れ、26日は晴れ時々曇り。そんなお天気でした。 お天気がまずまずだった3日間については次回の記事で写真を載せ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

怒和島の青い空

10月22日。朝からいいお天気。高浜港7:40発の高速船で怒和島に向かいます。 フェリーだと2時間以上かかるのですが、この高速船だと1時間弱で着きます。本当は昨年のようにこの後のフェリーでのんびり船旅をしたかったんですが、そうすると怒和島に着くのが正午近くになってしまう。船旅は帰路の楽しみにとっておくことに。高速船は急行料金840…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

睦月島 チャトラーズ再び

10月21日、松山に着いた翌朝。ちょっと早起きして高浜港発7:10の船に乗ります。 この日はお天気は曇り。東寄りの風が吹いていて朝は薄い上着一枚ではちょっと肌寒い感じ。そのせいでしょうか。睦月の港に着いてもいつもの場所に猫たちがいない。ということは…ちょっと歩いて角を曲がった先のお宅の前に皆集まっていました。 おなじみのチャ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ねこまみれ

昨日帰ってきました。「あれ?金曜日帰りじゃないの?」と思われた方多いと思います。実は先日そう書いたのは私のオマヌケでして…。いや、実際私も金曜日帰りのつもりで出発していました。ところが帰る前々日になっても携帯にJALからのメールが入って来ない(JALの場合、搭乗前々日に確認メールが入ります)。おかしいな、と思ってJALの個人ページ開いて…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

緑の詩 霧の詩 生命の詩

道東から帰って来たのは火曜日の夜なんですが、その後やれ健康診断やら平日を二日休んだ仕事のツケ?やらでなかなかブログを更新する時間を取れませんでした。ようやく週末。働いたのはわずか三日なのに今週は長く感じたなぁ。(^^; さて留守中は猫広場の子たちへのエサやりはお母さんにお願いしていました。水曜日の朝広場に行ってみたら皆元気でホッと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

また道東に来ました。(^^;

鶴居村の宿にいます。さっき朝食を終えたところ。 昨日の朝一番の飛行機で着いたんですが、釧路空港の気温、なんと14℃。(^^; 東京の感覚では春先ですよね。 初夏の道東にくると毎年こうなんですが、空港で上着を一枚出して羽織って…。 4日間の撮影ですが、初日の今日は軽く…というより体をこの気温差に慣らせることから始めます…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

旅をしていて思うこと…

月曜日、NHKで「鶴瓶の家族に乾杯」を見ていたら、山口県の祝島が舞台になってました。 オープニングで「上関町」と出てきたのでもしかしたら…と思ってたら、ズバリでした。 実は私は一昨年の秋、この島を訪問しています。 番組の中でもチラッと触れられましたが、この島は猫の島としても有名なんですよね。とは言っても佐柳島や青島のようにメッ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

チャトラーズ二世

日曜日、瀬戸内島めぐり最終日。 前日までと同様30℃を超えるという予報だったのですが、午前中は薄雲が広がり意外に過ごしやすい陽気でした。 睦月島へ向かいます。 高浜港7:10発の船に乗り、睦月港7:40着。 船から降りた外来者は私一人。あとは皆さん地元か近傍の方々。ここは本当に観光客の訪れは少ない島です。いいところなんですけ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

青島にて

松山空港にいます。 今、ラウンジで休憩中。夕方の便で帰ります。 今日の午前中は睦月島に行って、あのチャトラーズの皆さんとその仔猫たち!に会ってきましたが、その話は次回に。 昨日は青島でした。 ニュースでは「愛媛県大洲市で34℃!」って騒いでましたが、青島って大洲市なんですよね。(^^; でも青島ではそんなに暑いとは感じなか…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

瀬戸内猫日和

佐柳島にいます。 今日の泊りはおなじみ、ネコノシマホステル。 今回割り当てられたお部屋は「理科室」。 まさか骨格標本とか置いてあるのかな、と思いましたが、さすがにソレはありませんでした。(^^; 戸棚の中には昔懐かしい実験器具が。 三角フラスコ、ビーカー、メスシリンダー…。 理科の成績は悪かったけど、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

八十八夜

令和最初の投稿は静岡からです。 大井川に来ています。 ここは川根茶の里。そして今日は八十八夜。 新茶の摘み取りが始まりました。 この4月はけっこう低温傾向が続いたのでお茶の生育が心配でしたが、幸い遅霜もさほど下りず生育は順調です。 来週には全国のお店に川根新茶が並ぶことでしょう。 寒暖差の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

なぜダ? 二連発

鶴居村に来ています。 今朝朝一便の釧路行きの飛行機に乗ったのですが、羽田空港でちょっとトラブルが…。 いやトラブルっていうほどのことじゃないですけど、空港のセキュリティチェックを通るとき、「この大きさの荷物は機内に持ち込めません」と言われて。 思わず「ハァ?」と。(^^; だってこれまではずっと問題なく持ち込めたはずなのに。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「湿原号」に乗りました

一昨日から釧路にいます。 いつも撮影ばかりしている「冬の湿原号」。 たまには乗ってみたいなぁ、ということで一昨日は往路の標茶行きに乗車してみました。 事前に指定を取っていなかったんで、果たして乗れるかとチョト不安でしたが幸い席が空いていて。 札幌から接続の特急が遅れていて、発車時刻を過ぎても出発できません。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

チョビまたはオレオ (^^;

私が鶴居村で定宿にしているこのホテル。 実は日帰り温泉もやっていて、けっこう釧路など地元の方も多く訪れます。レストランも併設。 ここからタンチョウの越冬時の給餌場である鶴居・伊藤サンクチュアリへは徒歩で10分。鶴居には他にも宿はありますが、私がここを定宿にしたのはこの立地条件の良さと温泉があるから。 クルマの運転ができ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

仔猫たち

昨日の最終便で帰ってきました。 最終日の佐柳島もいいお天気に恵まれました。日中は半袖でもいいくらいに気温が上がったのですが、早朝は13℃。薄手のセーター挟んで上着着てちょうどいいくらい。朝と日中の気温差が大きいのは瀬戸内も同じ。 残念ながら昨日同様水平線上は雲が垂れこめていて、日の出は見られず。 太陽が雲の上から顔を出…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

佐柳島

今回の旅のフィナーレは佐柳島。 数ある島の中で私の一番お気に入りの島です。今回は島内に二泊します。 昨日の9:05の便で渡りました。 天気予報では一日曇りって言ってたんですけどね。 きれいに晴れてくれました♪ 島に着くと、ウェルカム・ニャンコ。(^^; 港でさっそく撮影会です。(^^; …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三度目の正直?

塩飽本島。 ここは過去二回の訪問はどちらも雨の日。雨は雨なりで作品作りはできたんですが。いかんせん行動範囲が狭められてしまって笠島集落でしか撮影ができませんでした。 昨日はちょうど愛媛から香川に移動する日にしていて、それ以外の具体的な予定は組んでいませんでした。移動そのものは特急で2時間。半日は自由に使えるのでさてどうしようかと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

チャトラーズ

丸亀にいます。今日の午前中の特急で松山から移動してきました。 午後は三度目の正直?で晴天の塩飽本島に渡りました。情景写真メインのつもりでいたんですが、思っていたよりもたくさんの猫に会って、猫写真ばかり撮ってしまった。これだったら、朝早い列車で着て10時の船に乗ればよかったな~。その様子は次回にご紹介するとして、まずは昨日の睦月島。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

晴れオトコ?

今回の瀬戸内行き、実は先週天気予報を見ていた時は「悪い時に当たったなぁ」と思っていたんです。その時の予報では火曜・水曜に傘マーク。一日置いて金曜日にまた傘マーク。 まあ一週間という日程ですから、ある程度悪天候の日が挟まるのは織り込み済みで予備日も取ってるんですが、それにしても三日も雨とはまいったなぁ、と。 ところが、こちらに来て…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

怒和島

今回投宿しているホテルは松山の中心街である大街道にあります。 今朝はゆっくり朝寝坊して、8:30前にホテルを出て市電で松山市駅へ。 松山市から伊予鉄で高浜へ。 もう来慣れた高浜の港。 ただ、今日は初めて西線のフェリーに乗ります。 忽那諸島をめぐる航路は、睦月・野忽那・中島大浦を結ぶ東線と釣島・二神・中島神浦・津…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

相島の猫たち その2

前夜は博多に住む写真仲間と夕食を共にしました。 いささかアルコールが入ったせいでさすがに早起きはつらく、昨日よりも一便遅い船で相島に向かうことにしました。 「曇り時々雨」という天気予報。一応折り畳みの傘を持って…。 昨日の朝一便とは打って変わって乗客数は少なかったです。やはり釣り人は朝一の便に集中するんですね。 渡船場の周り…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

相島の猫たち その1

一昨日の夜、帰ってきました。 4日間のSL&猫旅、総じてお天気はまずますでしたね。 ちょっと暑かったけど。(^^; さて火曜日は相島。 博多からJRとバスを乗り継いで1時間弱、新宮町町営渡船「しんぐう」の乗船場へ。 朝7:50発の始発便に乗ります。 平日の朝一便だから空いてるだろ~、とタカくくっていたんですが…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

藍島・馬島の猫たち

朝ちょっと早めに湯田温泉を出発、新山口に出て新幹線で小倉へ。 小倉駅から歩いて10分弱の市営渡船乗り場から藍島行きの船に乗ります。 乗船前に「整理券」が配られます。これがないと切符買えません。(^^; だから出航直前に行くと「満員で乗れません」と断られることもあるそうで。 しかし周りにいるのは釣り人ばかり…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

出撃!

7月のタンチョウ撮影行が中止となり、5月の瀬戸内行き以来、マジメな?撮影遠征には半年近く出ていなかった私ですが、今日から久々にお出かけします。 ウン、山口と北九州。 明日からはお天気良さそう。撮影日和になりそうです。 う~~んと、何があるかなぁ~。キミたちには…。(^^; 猫通りの仔猫たちは無邪気に「…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

睦月島 Take 2

今日は5月の最終日曜日。 我が町では「春のクリーンデー」ということで、町内総出で朝9:00前から側溝や道端の掃除を行いました。毎年我が町会で一番の大仕事となるのはもう10年ほど前から空き家になっている家屋敷の草取り。持ち主の方は転居されていて、年に数回様子を見に来るようですが敷地の手入れとかは全然してくれない。建物も朽ちかけていて「取…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

実はボスなのだ!

昨日の夜の飛行機で帰ってきました。 で、今朝は一週間ぶりに猫広場へ。 愛ちゃんが駆けて来て、 「ずいぶん長いお留守だったわね。心配したんだから!」 ゴメン~~。 「なんだか他の猫の匂いがするんだけど…」 え?気のせい、気のせい。(^^; 「ま、いいか。私の匂いで消しちゃうから」 さっそ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

みかんの花咲く島で

昨日は睦月島へ。 松山から船で30分ほどで行けるこの島は気軽な気持ちで訪ねることができます。 松山の高浜港から忽那諸島を回るフェリー。睦月島は最初に寄港する島です。 この日は晴れていましたが、ちょっと空気がよどんだ感じ。瀬戸内にしては蒸し暑い一日でした。 海の景色もいまひとつメリハリがありません。 島に…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ネコノシマホステル

佐柳島にいます。 ここ。客室はネット使えないかと思ったらWi-Fiがあるんですね。 朝の多度津港。 昨日の雨はすっかり上がり、きれいな青空が広がりました。 9:05のフェリーで佐柳島へ。 さすがに月曜日ということもあって乗客はほとんど地元の方。観光客らしいのは私を含めて3~4人。 本浦港に着くとさっそく猫たち…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

雨天コース

昨日の青空はどこへやら、今日は朝からどんよりとした空。 高松から電車で丸亀へ向かいます。 丸亀駅から歩いて10分でフェリー乗り場。塩飽本島に向かう船は7:40発。 予報では昼頃から雨ということでしたが、どうも空模様を見るとそれまで持たないような…。 案の定、船が本島に向かう途中でポツポツと降ってきました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more