MIKANのねこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「猫と鉄道」写真展&一か月ぶりの丸吉玩具店さん

<<   作成日時 : 2017/07/30 12:21   >>

かわいい ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 4

戻り梅雨…なのでしょうか?
梅雨明けしたというのにスッキリしないお天気の日が続いていますね。朝晩は涼しいので病み上がり?の体にはありがたいですが、昼間はやっぱり少々蒸しますね。
おかげさまで体調のほうは戻りました。医者のアドバイス通り、夜寝るときに蒸し暑さを感じたらエアコンを「除湿」か「弱風冷房」にして就寝するようにしてます。そのせいか睡眠不足によると思われる疲労もだいぶ回復してきました。

体調が戻ったところで昨日はお出かけ。
写真仲間二人と渋谷へ「猫と鉄道」写真展を観に行きました。
正確には「鉄道」と「猫と鉄道」写真展、ということで会場3フロアのうち2フロアが純粋な鉄道写真、残り1フロアが猫と鉄道をモチーフにした写真展という二部構成です。
私も一応「鉄道」写真家でもあるんですが、今は「ネイチャー」と「猫」に軸足を移しつつありますのでもちろん一番観たかったのはやはり「猫」。(^^;

仲間二人は鉄道メインの写真のほうに目を輝かせていましたが、私は最初の2フロアは軽く観流して?最後の「猫」のフロアをじっくりと。

画像


猫をモチーフにした鉄道写真というのは以前からないこともなかったのですが、これまではどちらかというとマイナー視されてきましたね。ここに来ての猫ブームで脚光が当たってきた感じです。そういう意味ではずっと以前から撮ってる私としてはちょっと嬉しいです♪

画像


もちろんメインモチーフが猫になるわけですから、鉄道車両などは当然脇役。いや駅舎や線路のみで車両の写っていない写真のほうが多いです。そういう意味では大多数の「鉄ちゃん」はあまり興味を示さないですね。
でも純粋に「写真」として観ると奥行きの深い、かつ難易度の高い分野になります。

画像


他の人の写真を観る、ということはプロアマ問わず写真家にとっては必要なことです。自分と違う視点、あるいは自分が気づかなかった視点、アングルというものを学ぶことができます。特に一番気になるのはどういう光の使い方をしているか…。
よく「他の人の写真を観てマネするだけじゃイミない。自分で作品を創らないと」という人がいますが、それは間違い。極論を言えば、最初は「マネ」でいいと思うんですよ、私は。一度マネをしてみて二度目に「自分ならこうしてみよう」とちょっと切り口を変えてみる。光の角度を変えてみる焦点距離を変えてみる…そうすることによって単なるマネでない自分の作品というものが生まれてきます。「換骨奪胎」という言葉が最も当てはまるのが、写真という世界だと思います。
日本語の「学ぶ」と言う言葉は「真似る」から来ているという説もあります。世界各地のあらゆるものを真似たあげくオリジナルを超えるものを創り出してきたのが日本人ですから。(^^;

画像


でも、↑こういう写真は簡単には真似られませんね。何度も通い込み、なおかつ幸運に恵まれないと。その幸運をつかむ努力をすることも写真家に求められる資質です。簡単に言えば根気よく通い詰める、それしかないんですが…。今回の写真展の中でもっとも印象に残った作品がこれでした。
何時何分に列車が来るという鉄道写真とは違い、いつどこからやってくるかわからない野生動物や野良猫。でも同じ場所に通いこむことによって少しずつ動物たちの動きの習性がわかってきます。何度も通いこんでやっと撮れる1枚。と言って、「写真を撮るんだ!」という感じで目をギラギラさせて殺気をみなぎらせていたのでは動物たちはそれを察して避けていきます。あくまで自然体でのんびり待つ、これが基本ですね。
一枚の作品の陰には、表に出ない99枚のトライアルカットがあるということです。

さて写真展を観た後、友人二人と分かれて私は立石へ。しばらく立石の猫たちに会っていなかったので久々に。
ところが地下鉄の電車が今日はやけに混んでいる…土曜の夕方早い時間にしては異常なほど。浴衣を着た女の子も多くいて。ハテ?と考えて「あ!」と。(^^;
そう、今日は隅田川の花火大会の日でした。この日を忘れていたとは…江戸っ子の面目丸ツブレ。
押上でそのほとんどが下車。こりゃたぶん改札はパニックだろうな〜。

ところが京成線に入って電車が地上区間に出たとたん目にしたのは厚い雲と濡れた道路。あらら…雨が降ってる。さっき渋谷で電車に乗るころは晴れていたのに。
立石に着いてまずは「カフェ・ルミエール」さんへ。

画像


いつも通りコーヒーフロートをいただきます。
今日はちょっとタイミングが悪かったか、4匹の猫さんたちは皆2階でお休み中のようでした。マスターやママとちょっと雑談。
「この間、ギュウちゃんちょっといなくなったんですよ」
え?
なんでも1週間くらい帰ってこなかったとか。ここにしっかり居ついている猫だから、たぶんちょっと散歩のつもりで外に出て行った時にほかの野良猫といさかい起こして逃げちゃったんでしょうね。これはよくある話で、その喧嘩相手の猫が怖くて通常ルートではなかなか家に帰れないというケース。一週間ほどして戻って来たそうですがその時にはゲッソリ痩せてたそうです。その間ご夫婦は方々に張り紙をしたり近所の方々に聞き回ったりでそれはそれは心配したそうな。
今はここに戻ってきているそうで。よかったよかった♪

いつもの小公園に寄ったら小雨降る中盆踊りの準備。なんだか懐かしい光景。始まるまで雨やんでくれるといいね。

画像


丸吉玩具店さんへ。
雨が降ってるせいか、それとも隅田川花火大会の影響か、今日は商店街は人通りも少なめ。そのせいかお母さんは椅子に座って気持ちよさそうにコックリさん状態。(^^;
私が目を覚ましたかっこうになっちゃいました。ゴメンネ。

そのすぐ後ろの空いた棚ではサンペイ君がこれまた爆睡中。

画像


アゴ撫でても肉球触っても全然動じずにこの表情。

画像


サンペイ君、見ての通りアメショですが、この子が「捨て猫」だったということは意外に知られていませんね。いや私もお母さんから聞くまでは知らなかったけど。確かアメショってペットショップで買うと十ウン万、ヘタすりゃ20万くらいするでしょ?それがなぜ…?もっともあまり理由は知りたくない気もします。

で、サンペイ君、実は年齢不詳。時折このお店のことが掲載されたりすると雑誌には「13歳」と書かれていることもあるけれど、それは「推定年齢」です。
保護されてこのお店にやって来たのが10年ほど前。
「その時はもう仔猫じゃなかったからたぶん2〜3歳だったんだろう」ということで…。(^^;

「来週、病院に連れて行かないと」とお母さん。
なんでも口の中にポリープ?ができているんだとか。それと歯石もたまってるんでそれも除去してもらわないと、とのこと。
と、お母さんとそんな会話をしているとサンペイ君、やおら目を開けて…。

画像


そそくさと奥に入って行ってしまいました。「医者に連れてく」という言葉が分かったのかな?(^^;
そう、どこの猫でもそうでしょうけど、病院に行く前にキャリーバッグに入れるのが一苦労なんだそうです。先だって亡くなったキンちゃんを病院に連れて行く時も四苦八苦したそうですが、サンちゃんは体が大きいからなおさら。純平クンとタメ張るくらいの体格だからたぶん体重は8kgくらいはあるはず。(^^;
今年の冬、私が空を病院に連れて行く時には頭から洗濯ネットかぶせてそのままケースに入れましたが、サンちゃん連れて行く時もこの方法使ったらどうだろ?

さて今日は純平クンは奥でお昼寝中。お店の一番奥、冷房の効きのいい特等席にはカケちゃんがいました。

画像


夏になるとここは君の指定席になるね〜。
でもあまり冷房の風に当たりすぎると心臓によくないぞ〜。

画像


「わかってるよ。適度に歩き回ってるから平気だよ」
それでもその場所はほかの猫には譲らないわけね。(^^;

カケちゃんも年齢不詳。(^^;
なんとケージに入れられたまま裏の公園に捨てられていたところをお母さんが保護したそうで。それが今から8年前。やっぱりサンペイ君と同じ算出法で「9〜10歳くらいかな〜?」と。
まあ、いずれにしてもここで一番若いんだろうという想像はつきます。

「オレが一番毛づやがいいだろ?」

画像


…論評を避けます。
他の猫が聞いていそうだから。(^^;

お客さんもまばらなのでちょっと持ってきたネコジャラシを振ってみるとカケちゃん、よく食いつきます。

画像


すると、それをどこかで見ていたか?気が付けばさっき引っ込んだサンペイ君が出て来て「オレも遊びたい」というカオ。

画像


ということでお母さんがネコジャラシを振ってあげると…

画像


さっきまでの眠そうな表情が別人のように目がランラン。

画像


お、こうして見るとサンちゃんもなかなか引き締まった表情のイケメンに見えるな。(^^;

画像


「オレはもともとイケメンだ!」
あ・・・そ。(^^;

と、すぐ隣でカケちゃんが張り合って、
「オレのほうがイケメンだ!」
必死にクールな表情造ってました♪

画像


ところで丸吉玩具店さん、昨日NHKの取材が入ったんだそうです。
「なんで知ってるの?」とお母さん。
ウン、ルミエールさんでマスターが言ってたんだよね。
なんでもその取材の時はサンペイ君がかなり目立って大活躍?だったんだそうな。
放送は8月17日の夜19:30からだそうですよ。
皆さん、是非観てみてくださいね〜。
私もビデオに撮っとこ♪

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんと、梅雨明けしたとたんに梅雨空ですね〜
夏祭りは傘必須?
電車と猫、いいモチーフですね
電車は時刻通りでも猫は気まま
運も実力のうちとはよく言ったものです
マーシャの乳母や
2017/07/30 23:47
マーシャの乳母やさん
今日は夏空が広がりましたけど、明日は雨予報。今週ずっとぐずついたお天気になりそう。台風も来そうだし…。涼しくていいけど、日照がないと農作物が心配です。
動物写真は半分は運の要素ありますね。だからこそキマッタ写真が撮れた時は宝くじに当たった気分。もちろん猫にはお礼にカリカリを。人が見てない時にね。(^^;
草凪みかん
2017/07/31 20:30
ほんとひどいことをする人がいますよね。
優しいお母さんに保護され、看板猫として活躍できてよかったです。
猫ブームが去ると、また捨てられる子が多くなるのでしょうか?
猫ねこネコ
2017/08/01 08:13
猫ねこネコさん
心配ですねぇ…「家族」として迎えているなら「捨てる」などということは絶対できないはずですが、アクセサリー感覚で猫を「買って」くる人もいますから。
丸吉さんの猫たちのように優しい人に保護される確率は決して高くないですからね。不幸な猫を増やさないでほしいです。捨てるくらいなら初めから飼わないでほしい…。
草凪みかん
2017/08/02 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
「猫と鉄道」写真展&一か月ぶりの丸吉玩具店さん MIKANのねこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる