MIKANのねこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS チャーミー

<<   作成日時 : 2018/01/17 22:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 6

チャーミーは三毛猫。

画像


長毛種の血が混じっているようです。
いろんな人に言われますが、この子も「野良」という感じじゃないんですよね。毛並みもつやつやだし。
猫広場に来たのはもう3〜4年前というから数なくとも5〜6歳にはなってるはず。
ここにいる猫たちの中では一番品があるような…。

画像


人に対する警戒心は愛ちゃん同様強くて、お母さんと私以外の人間には近づこうとしません。
ひょっとすると捨て猫だったのかもしれませんね。外猫の「二世」というのではなく…。
あちこち彷徨いながらここに流れてきたのかも。来た当初はかなり痩せていたといいますから。

私の住むこの街でも、いまだにあちこちで「猫捨て」があるようです。
ここの猫広場と同様、世話人の方が数名集まって外猫の世話をしている場所が他にも数か所あるんですが、毎年1件か2件「うちのところに猫が捨てられていた」という騒ぎがあります。幸い、私たちのところはここ数年はないですが…。

「ここに置いておけば世話をしてくれるだろう」
そう思って捨てて行くんでしょうね。
でも正直、私たちにとっては迷惑この上ない話で。もちろんそのままにはできませんから、仔猫の場合はいろんな方のつてを頼って里親探しをします。あるいはボランティアさんにお願いしたり…。

いったい「捨てる側の心理」というのは…。
「捨てる」ということは「飼っていた」あるいは「飼っていた猫に子供が生まれた」ということです。
いつも言うことですが「捨てるくらいなら何で飼うの?」と。
仔猫が生まれて世話ができないから…??
だったらなぜ、その前に避妊・去勢をしないんですか。

一番かわいそうなのは、ある程度大きく育ってから捨てられてしまった大人猫。
仔猫の場合はまだ里親がつく可能性があるからまだ救われるケースが多いけど、大人になってしまった猫は…。
まして大人になるまで家の中で育てられてきた猫がいきなり捨てられた場合は、外にもなじめず彷徨い続けたあげくに衰弱死するケースが多いといいます。
そこには捨てられたことによる極度のうつ状態に加えて人間不信、さらには他の猫と接したことがないために同類であるはずの猫相手に恐怖心を覚えてしまう。肉体的ダメージよりも心的被害のほうが甚大で、それらは猫を内面から死に至らしめることもある…。

猫を捨てる人はそうしたことまで思い至らないのでしょうか。単にものを捨てるようにポイと捨てる、そんな人が意外に多い。「猫ブーム」の裏側で捨て猫の数が異常に増えているという実態。怖いことです。悲しいことです。
「捨てる側の論理」というのを一度聴いてみたいですね。
もう一度言います。
「捨てるくらいならなんで飼ったの?」と。

万やむを得ない事情で育てられなくなったとしても、その気があれば新しい里親を当たるなり、ボランティアさんにお願いするなり、いくらでも方法はあるはず。でもほとんどの人はそうした努力をしようとしない。
いったん家族として迎えた以上、もし世話ができなくなったときはどうするか、まで考えておくのが飼い主の責任だと思いますが。

画像


ひょっとするとチャーミーは1歳くらいまで育てらたあとに捨てられてしまったのかもしれない。
この子はネコジャラシでよく遊んでくれますが、そうした人懐こさの一方で人間に対する異常な警戒心を持ち合わせています。私と一対一で接している時は甘えてそばにきますけど、誰かが近づいてくると飛ぶように遠ざかります。何度もここに足を運んで見知っているはずの人でも。

画像


幸いにここにとどまって生活できるようになったのは、先住猫たちが皆優しい性格だったせいもあるでしょう。ある意味これは奇跡的なことかもしれない。今でも愛ちゃんとは仲良しです。

画像


愛ちゃんとモカちゃんの間にあって、今はちょっと一歩引いてる感のあるチャーミーですけど、最近は愛ちゃんを膝の上に載せていると私の右の腰にぴったりついて座っていることが多くなりました。
ひょっとすると心の奥底に傷を負っているかもしれないチャーミー。
少しでもそれを癒すことができれば。そう思ってできるだけ遊んであげる時間を取るようにしています。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にそうですね
今の猫ブームが去った後が恐ろしいです

猫なんか3日で忘れるから大丈夫、なんていう人がいますが、怖いことは絶対忘れないし、人より繊細な心の持ち主だと思います
マーシャの乳母や
2018/01/17 23:11
こんばんは。
かわいくて飼い始めたんでしょうに、捨てるなんて、悲しすぎます。
猫って、ホントに繊細で、人の気持ちまでくむことができる生き物です。
チャーミーちゃんは、みかんさんの足元で憩うことができて、良かったね。安心できる場所が、増えていきますように。
毎日ばらいろ
2018/01/18 00:50
家の母猫、大人になってから我が家に来たので、いまだに近づくと逃げます。
自分から来るのはいいのですが。
ボランティアさんがどんなに頑張っても、捨てる人がいる限り、捨て猫問題は解決しないですね。
猫ねこネコ
2018/01/18 08:47
マーシャの乳母やさん
ブームに踊らされて猫を飼う…という軽率な人はそんなにいないと信じたいですけど、「もう飽きたから要らない」なんて絶対に言わないでほしいですね。
本当に猫を家族として迎え入れるなら人と同じ気持ちで接してもらいたいです。

毎日ばらいろさん
ずっと猫と接していると今何を考えているのか、あるいは何を言いたいのか、わかるようになりますよね。同じようにこちらの気持ちもそれとなくわかっているのかも…。
チャーミーの本当の過去は今は知るべくもないですが、少なくともささやかな安らぎを与えてあげられればと。週に数回のほんのわずかな時間であっても。

猫ねこネコさん
猫を捨てる人が跡を絶たない…そういう意味では犬にせよ猫にせよ、飼育については誓約免許制にしたほうがいいのかもしれないですが(誓約に違反した場合は刑事罰)、日本ではそこまでできないでしょうね。
いくら「猫捨ては罰金もしくは懲役」とされてはいても現行犯でないと証拠が残らないし。
このままじゃダメです。
草凪みかん
2018/01/19 20:52
本当に捨てるなんてひどいですね
途中から外で暮らすことになった猫ちゃんは
どんなに淋しくて、つらいことでしょう
チャーミーちゃん、愛ちゃん達猫ちゃん・お母さん・草凪みかんさんのもとで丈夫な猫ちゃんでいてね
花はな
2018/01/20 13:11
花はなさん
それまで人間としか触れ合ったことのない家猫が突然捨てられてしまうと、絶望感に打ちひしがれると思います。チャーミーがそうだったかどうかは想像の域を出ないですが心の傷は一生消えることはないでしょうね。私たちにできるのはその傷がこれ以上広がらないように他の猫たちと一緒にケアしてあげること…ですね。
草凪みかん
2018/01/20 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャーミー MIKANのねこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる