MIKANのねこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンツーフィニッシュ

<<   作成日時 : 2018/02/18 21:05   >>

かわいい ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 5

バレンタインでチョコ貰って嬉しがったあまり?というわけではありませんが、その晩いくらか寒気がするなと思ったら木曜朝からちょっと熱が出て二日間仕事お休みしてしまいました。医者に行ったら「ただの風邪。寝てりゃ治る」と冷たく言われました。(^^;
まあインフルエンザでなくてよかったと。

で、昨日の土曜日はいくらかラクになったんですが大事をとって自宅静養。ずっとTV見てました。もちろんオリンピック。
いや〜、すごかったですね。男子フィギュア。羽生クンと宇野クンのワンツーフィニッシュ。

羽生クン、あれだけのアクシデントの直後で調整期間もほとんどなかったわけですから、今回は無理をしない方が…と思った人も多いはず。私もそうです。メダルもちょっと難しいだろうと。今後のことを考えたらオリンピックにこだわらなくても、と。
それでも彼はやった。やり切った。出場前に「自分はチャンピオンだから」と自ら言って。聴きようによっては傲慢とも受け取られかねない言葉だけど、彼が言うと全然そんな感じを受けないのは常に彼が全力で演技していることを全世界の人が知っているからでしょう。手を抜くということをしない。オリンピックで金メダルを取ると次の年は調整年度と称して「休む」とは言わないまでも適当に「流す」選手もけっこういるのですが、彼は常にフルで出ずっぱり。「守り」に入るということをせず常に「攻め」の姿勢を取ってきたんですよね。それを皆が知っているから。
ある意味、適度に「流す」ことをしていれば避けられたリスクもあったでしょう。でも彼はそれをしなかった。

彼のしなやかでスマートに見える姿、実は服を脱ぐとすごい筋肉質の体だといいます。考えてみればそれもそのはず、あれだけの過酷な演技を支える腕や脚は常人のものとは比べ物にならないはず。
そして優し気に見える表情の下には強情ともいえるほどのシンの強さが見え隠れする…。

国内外を問わず女性に人気があります。
まるで絵本から飛び出してきた王子様のようだと。
でもこの「王子様」はただ美男子でスタイルがいいだけではなく「強さ」を持っている。多くの女性が年齢を問わず憧れるのはそれがあるからじゃないかと思いますね。ただイケメンなだけの男なら時の経過とともに飽きられるはずだから。(^^;
これは男性も例外じゃなくて私の友人にも「俺にもああいう息子が欲しかった」などと言ってる輩が。(^^;

そして宇野クン。
彼は羽生クンとはまた違ったタイプの選手ですが、技術はすごいものを持ってますね。今の年齢を考えるとまだまだ伸びる余地はあるし。羽生クンの後を継ぐのは間違いなく彼でしょう。

ふた昔前、フィギュアスケートといえば「女性のもの」というイメージがまだまだ日本にはありました。「フィギュアに男子なんてあるの?」なんて言ってた人も。でも今はそんなことを言う人は一人もいません。女子以上に男子のフィギュアが注目されるように。高橋大輔から羽生結弦、そして宇野昌磨へと受け継がれていくバトン。今後がますます楽しみです。

今回の羽生クンを見ていて、このトシになった私もいろいろ勉強させられることがありましたよ。
何ごとにも手を抜くことも多い私にはグサグサ刺さるほどに。(^^;
まだ北京五輪に出るかどうかは未定ということですが、私個人としては4年後また出てくれると…と思っちゃいますね。とにかく、お疲れさまでした。感動をありがとう!

「フムフム、内に強さを秘めた優しさと優雅さがモテるコツなんだな」

画像


「じゃあ、ボクもこんな優雅にシッポを上げてスタイルよく歩けば…ステップ・シークエンス!とか」

画像


その前にキミは少し体重落とすことを考えたほうがいいと思うよ。冬場なのに太る一方だもんね〜。(^^;


今日は体調がもとに戻ったので「かつしかわんにゃんくらぶ」の「チャリティーcafeわんにゃん」に行ってきました。そのお話は次回に。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
羽生選手、気合の入った良い演技でしたねぇ。衣装で勝ったんじゃないの?なんて思ってたけど今見たら金メダルに納得です。
冬のニャンコは寒さを防ぐためにも少しポッチャリの方が良いですよ。
ひじっ子
2018/02/18 22:28
こんばんは。
圧倒されましたね。痛み止め無しでは、耐えられない演技だったとか。ここまで技術や精神を鍛えられるなんて!
世の中に、どんなにひどいことや愚かなことがあっても、人は素晴らしい存在だって信じさせてくれました。
毎日ばらいろ
2018/02/19 00:11
♪ こんばんわ
羽生結弦選手のパフォーマンスは
観ていてすばらしいと感じました
フィギュアはあまり知らないけど
盛り上がりもヨカッタ◎
だけど判定の仕方は疑問で
やはりスポーツは機械での判定が
一番イイんだと思うのです
ボクシングもそうだし柔道もne
点数つけるのが人であれば
絶対に感情が入るものであって
負けた方も納得できないことも
絶対にあると思いますne
今では相撲もビデオ判定だし
野球もテニスもそうです・・・
ジャンプやスピスケでは
はっきり勝敗がわかるのでイイ◎
それは選手が納得できるからであり
その日の体調も左右するような
不完璧な人間が点数つけるなんて
なんか古臭い・・・
判定に感情が入ってしまうと文科系!
美術や演劇に近い・・・
競い合うのがジャッジの顔色では
ほんとうの勝敗とは言えない
羽生結弦選手はすばらしかったけど
文句なしとは言い難いところが
判定のイヤなところですne ☆
アメネコ
2018/02/19 00:23
お風邪ですか?
週末ゆっくり休まれて、いかがでしょう?
私も見ていました。
プレッシャーはあったでしょうが、はねのける演技でした。
羽生君のいい子ちゃんのイメージに、宇野君のちょっと天然のイメージ。
両者全く違って面白く、今後も楽しみです。
猫ねこネコ
2018/02/19 08:55
ひじっ子さん
実況見ていても気合の入った表情がよく見てとれましたね。普段の優しい表情が一変して。
そこがまた彼の魅力なんだろうなぁ〜。
これは男子ならではですよね。

毎日ばらいろさん
心を強く保っていなければできないことですよね。11月に怪我した時の報道を見ていたら五輪は絶望かと思いましたが…。
勇気づけられた人が多いと思いますよ。私もそうです。

アメネコさん
確かに技術的な判定は機械のほうがいいでしょうね〜。今は最高点と最低点をカットする採点基準にはなってますけど、それじゃ不充分。
でも芸術的要素判定というのは機械ではちょっと…「美」を解するのは不得手ですからね。「鉄腕アトム」がそうだったように。

猫ねこネコさん
もうすっかり体調もとに戻りました。でも油断するとぶり返すので、睡眠時間はたっぷり取るようにしてます。
羽生クンと宇野クン、受賞後のインタビューで漫才的なやりとりもありましたが、いいコンビだと思います。今回羽生クンが団体戦に出ていたら結果は別として楽しい盛り上がりがあったでしょうね。次に期待です。
草凪みかん
2018/02/19 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワンツーフィニッシュ MIKANのねこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる