MIKANのねこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 男木島

<<   作成日時 : 2018/05/12 21:27   >>

かわいい ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 5

高松にいます。
今日から一週間、瀬戸内の猫島をめぐります。

今日は男木島へ。
港に着くとさっそくこの子がお出迎え。

画像


10分間ほど解放してもらえませんでした。(^^;

画像


25℃近くまで上がったのでちょっと暑かったですが、そこはやはり瀬戸内。
空気がカラリとしているので不快感はありません。

画像


高松港からフェリーにはかなりな数の観光客が乗ってきたので、さすがに土曜日は人が多いな〜、と思っていたんですが、半数以上が途中の女木島(鬼ヶ島)で下船してしまい、男木島まで来たのは10人ちょっと。やはり一部の猫好き以外には観光客にはマイナーな場所のようです。

画像


一昨年の全頭TNR(避妊去勢)以来、猫の数が減っています。5〜6年後にはこの島では外猫の姿が消えてしまうかもしれないですね。

画像


神社への石段の途中にチョコナンと。

画像


以前はここに登ると10匹近い猫が集まってきたものですが、今は数匹がやってくるだけ。

画像


漁港でもいたのは4〜5匹でした。ここも以前は20匹近く集まっていた場所。

画像


確かに増えすぎると高齢化が進んだ島の方々には面倒は見切れない。しかし観光に依存するこの島で果たして全頭にTNRを行うことがよかったのかどうか。瀬戸内の島々でも最近TNRが行われるようにはなってきましたが、ほかの島は一部の猫だけに限っています。こればかりは地元の自治体が判断することですから論評はできませんが…。

画像


島の方々、決して猫を嫌っているわけではないです。むしろ「これ以上かわいそうな仔猫を増やさないために」ということで自治体の意向を受け入れたのでしょう。でもまさかこんなに急速に数を減らすとは思っておられなかったようです。この冬の寒さは厳しかったですしね。

画像


一代限りとなった男木島の猫たち。
来年、再来年訪れたとき、果たしてどうなっているのかな。
考えてみると、漁業が盛んだったころは「ネズミが網を破るのを防ぐため」ということで猫が呼び集められ、時がたって増えすぎると今度は減らそうとする。北海道のエゾシカも同じようなもの。
人間って本当に勝手だと思いませんか?

今日は男木島灯台も見てきました。

画像


この灯台、映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台にもなった場所。
昔、私の父親は酔うとナントカのひとつ覚え?のようにこの映画の主題歌歌ってましたね。(^^;
♪おいら岬の〜 灯台守は〜♪

画像


夕方船着き場に向かう途中で慕い寄ってきた子。
あまりの人懐こさに時間ギリギリまでおつきあいしてしまいました。

画像


次に来るときまで元気でいるんだよ。
後ろ髪をひかれるように船着き場へ。

今夜は本場の讃岐うどんを食べてきました。
明日は塩飽本島に行こうと思います。
天気予報は午後から雨。朝早い船で行きましょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
草凪みかんさんが楽しみにされていた旅行先はここだったんですね。
人間って勝手…本当にそう思います。
全頭TNRとなれば数が減るのは当然ですよね。
いつか猫って絶滅危惧種になるんじゃないかと思う事があります。
観光として使われているみたいなところも何か胸が痛みますよね。皆暖かいところで寝たいだろうに…。
みんにゃ、頑張れ!
TAMO
2018/05/13 03:22
いいなあ、高松。旅の空にあこがれます。
全頭TNRとは、また、思い切ったことを。ニャンコにとっても良かれ、との善意の判断でしょうね。
人間は、自然すべてに対して、畏敬の念というか、人知の及ばないことに関して、介入しすぎないような知恵が必要に思います。
それにしても、どこでもみかんさんは大人気ですね!
写真のニャンコが生き生きしていて、見てるだけで、うれしくなりますよ。
毎日ばらいろ
2018/05/13 09:18
TAMOさん
「猫の島」を訪れる観光客を見込んで猫にちなんだ客寄せ看板があるのに全頭TNRというのはどうなのかなぁ、と。
「猫島」として最近マスコミがあちこちの島を取り上げていますが、それによるいろんな悪影響もありますよね。猫を観光の道具にするなら同時に猫たちのことももっと親身になって考えてほしい。田代島のようにうまくいっているところは数えるほどです。

毎日ばらいろさん
仰る通りで「人間目線」での考え方では何も解決できないように思います。人がかかわることには限界があるはず。「人間は万物の霊長」というのは思い上がり以外の何物でもないですね。
せめて一代限りとなった猫たちが一年でも長く生きながらえるよう配慮してほしいものです。
草凪みかん
2018/05/13 17:55
猫を観光の目玉にしているのに全頭TNRですか? 
全然いなくなったら観光の看板をおろすのかしら
まさか、そっと猫を連れてくるなんてことはないよね(人間不信になりますよ〜
マーシャの乳母や
2018/05/14 00:09
マーシャの乳母やさん
実はTNR直後に伝染病が発生したそうです。
全頭TNRしてしまった後ですから…しかしそうした可能性くらいは想定しておかないと。全頭やるということは猫には頼らないということでしょう。一応「アートの島」として売っているところですから。
草凪みかん
2018/05/17 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
男木島 MIKANのねこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる